人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

タグ:JAZZ ( 5 ) タグの人気記事

駅風呂でも you-tubeに直接リンクが貼れるようになったようです。。
良いことです。

天邪鬼でマニアックな曲をびしバシ貼っちゃおうかな。。
でも、まずはオーソドックスに
c0012819_15461757.jpg
「アメリカに搾取されなければ世界一印税を稼いでいたであろう、、大好きなトム・ジョビン」
のこの演唱から。。
《Antonio carlos Jobim & friends》より

1993年9月、トム・ジョビン大好きジャズメン達がアメリカからブラジルにやってきて、
ブラジルの仲間とジョビンのトリビュートライブをやりました。
最後にはジョビンも参加したこのライブのアンコールの曲がこれだ!!!!!



Gal Costaの歌うjobimの歌が大好きです。。
ボサノバ通の方からは怒られそうですが、
joaoやその元奥さんのような(昼寝をしている猫の額の蚤につぶやきかけるような・・)
あの歌い方がどうにも好きになれないのです。
joaoのギターは好きですけど。。。。。ってこの話、もう何度もしましたよね。。

このライブは賛否両論色々あるようですが、
結局、jobimは色々不遇な扱われ方をされたとはいえ、
ボサノバとジャズが好きだったんだろうと思います。
そして、ボサノバをジャズに利用しただけのジャズマンではなく、
本当にjobimが好きなjazzマンがここに集まってくれたのだろうと思いたいです。

だとしたら、このライブがジョビン最後のブラジルでのライブとなったことも、
jobimにとっては幸せだったのではないでしょうか

   Obrigado tom jobim
by sylphid-mave | 2008-08-30 22:46 | 音居間Latin | Comments(0)
Jazz を聴き始めた頃はグレンミラーやベニーグッドマンなどのビッグバンドもよく聴いていました。
それこそ、Jazzと名がつくものは貪るように聴いていたような気がしますね。
結局、バップやファンキーのほうが楽しくて
ビッグバンドJazzは聴かなくなってしまいましたが.....

c0012819_1138377.jpgなんで急にこんな話しになったかというと....
息子がピアノで弾いていたから。。。
何でも次の課題曲だそうです。
初めてのJAZZです。。。
興味を持ってほしいのですが・・・・さてさて。

何故この曲を選んだのか、
理由は譜面が簡単そうだったから.....だそうです。
まぁ、動機はどうであれ
先はボビー・ティモンズか山下洋輔か・・・・・

In the mood(you-tube)
by sylphid-mave | 2008-06-16 20:01 | お子たちの事 | Comments(0)
・・・今日は、NUEVE DE JULIO(7月9日)アルゼンチンの独立宣言の日です。
タンゴやフォルクローレあたりに話を持っていくのが常套なのでしょうが。ついでに言うと細野晴臣さん誕生日。さらには浅野ゆう子、久本雅美ETC.ETC.・・・

いつもネタ本にさせてもらっている「竹村さんの本」にこんな記事がありました。
STUFFのメンバーだったエリック・ゲイルに「高橋竹山」の津軽三味線を聴かせた時。
竹村さんにエリックはこう言ったそうです。
「日本の3弦ギターには泣けたよ。あれは日本のブルースだ。他人のギターを聴いて泣いたのはアルセニオ以来だ」。  アルセニオとは、アルセニオ・ロドリゲスのことです。〈音楽でキューバを感じたければ、とりあえずアルセニオ・ロドリゲスのトレスを聴くこと。とにかくクバニッシモ(もっともキューバ的)〉だと。
BVSCのメンバーからもアルセニオの名前が度々出てきます。
ところが、アルセニオの限らず、こういうジャンルの音楽はレンタルや図書館に行ってもほとんどないのが現状です。(ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブなんかは唯一の例外でしょう)
かといって聴きたいCDをその度に買いに行けるほどの財力は無し。欲しい~っと買いに行ってもショップに並んでいることはまずありません。
アルセニオ・ロドリゲス  聴きたいのですがなかなか出会えません。

c0012819_10341343.jpgそんな中、手に入れやすいのがこのCD。
なんと、BLUE NOTEです。
JAZZ好き、ブルー・ノートマニアなら知っている人も多いのでは、ブルー・ノートの中で珍品中の珍品ですね。持ってる人は少ないんじゃないかな。
BLUE NOTE 1561 「PARO CONGO/SABU」
リーダーのサブーはパーカッション奏者、ガレスピー、チャーリー・パーカー、モンク、J.J、アート・ブレイキー等と共演しています。
3.CHOFERITO-PLENA
6.RHAPSODIA DEL MARAVILLOSO
8.TRIBILIN CANTORE
などで、アルセニオのトレスを聴くことができます。(泣けるほどではありませんでしたが)
試聴を貼っておきます。
いわゆるクバニッシモな音とはチョット違うような感じですが。
コレを聴くとなおさらアルセニオのキューバのソンを聴いて、エリック・ゲイルのように泣いてみたくなります。(泣けるほどの感性が私にあるかどうかが問題ですが。(-_-;))。
by sylphid-mave | 2005-07-09 10:41 | 音居間Latin | Comments(2)
前回のTSUTAYA’S CD全て当たりでした。


で、また借りてきました。
最近、爺ミュージックにどっぷりはまっています。

爺達の滋味、艶、オーラ。しばらく抜けられそうにありません。


c0012819_19233714.gif
ご存じ、
BUENA VISTA SOCIAL CLUB
久しぶりにもう一度、
じっくり聴いてみます。
(ルベーン爺さん
ここでピアノ弾いていましたね
先日初めて聴くって
書いてしまった。m(_ _)m)






デュエッツ/コンパイ・セグンド
コンパイ94歳・・にしてこの艶。













イブライム・フェレール

キューバ音楽界”黄金の声”




今日もわくわくウキウキです。

c0012819_19343799.jpgTHE AMAZING / BUD POWELL

BOBBY TIMMONSと同じでレコードは持っていたのですが、CROSSIN' THE CHANNEL聴きたくて借りてきました。パウエル大好きです。退屈な録音も多いですが、才能の全てを一瞬に昇華したような鳥肌ものの録音もあるので。
by sylphid-mave | 2005-05-17 19:34 | 音居間Latin | Comments(2)
チョット遠方の(と言っても家から10km程)のTSUTAYAに立ち寄ってみました。
この辺では結構大型店だったので、
私のような天の邪鬼向けのCDもあるかなって思って。
確かに近所のTSUTAYAに比べると品揃えは段違い。
お宝をたくさん見つけて取りあえず5枚借りてきました。
針を落とす前・・・(古っ)、聴く前からわくわくウキウキです。

c0012819_18242766.jpgCARTOLA 愛するマンゲイラ

カルトーラ69歳のアルバム。
すばらしき、爺音楽。

c0012819_18261467.jpgルベーン・ゴンサレス

この人のピアノは初めて聴くと思います。
キューバの爺ピアニスト。

c0012819_18281227.jpgANTONIO CARLOS JOBIM
ジョビン・アンド・フレンズ

アントニオ・カルロス・ジョビン
ハービー・ハンコック
ジョー・ヘンダーソン
ガル・コスタ
ジョン・ヘンドリックス
ゴンザロ・ルバルカバ
オスカー・カストロ=ネヴェス
パウロ・ジョビン
ロン・カーター
ハーヴィー・メイソン
アレックス・アクーニャ

お友達に囲まれて 祖国での最期のコンサート。

c0012819_18295378.jpgNG La Banda/NG La Banda BEST

村上龍選曲

c0012819_18311277.jpgBOBBY TIMMONS/THIS HERE IS BOBBY TIMMONS

レコードは持っていたのですが、久しぶりに聴きます。
ファンキーな ティモンズのピアノ大好きです。
by sylphid-mave | 2005-05-14 18:34 | 音居間Latin | Comments(2)