人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

2005年 11月 02日 ( 1 )

道具編。
シャボン玉液が出来れば、後は液を入れて「桶」と、シャボン玉を膨らませる「輪っか」があれば準備完了です。
**輪っかです。ストローではありません。直径1mのシャボン玉だと(4/3πr³)で体積0.523m³になります。とても人間の肺活量では吹き切れません。**

輪っかは取りあえず簡易的に作るのならクリーニングのハンガーで充分です。廻りにスポンジか布を巻くと液がしみて、連続してシャボン玉を作れます。大きさにもよるでしょうが、10回位はいけるのでは。
私は写真のようにステンレスの針金に布を巻いたものを使っています。もう5年以上は使っていると思います。桶は写真のように道具箱です。蓋付なので持ち運びようのコンテナにもなります。
輪っかの大きさですが、大きいほど大きなシャボン玉が作りやすくはなりますが、桶の幅ギリギリにはしない方がいいです。左右に4~5cmは余裕があった方がいいです。隙間が狭いと桶と輪っかの間にシャボンの皮膜が出来て輪っかの中に膜が出来ません。
昨日の写真のように棒に麻のロープで作った輪をつけたものも良いですよ。
クシャクシャッと桶に沈めて引き上げて広げたらデッカイシャボン玉が出来ます。
c0012819_1937479.jpg

 道具編だとこんなものですかね。
 次は実践のテクにいきましょうか。
by sylphid-mave | 2005-11-02 19:37 | しゃぼんだま | Comments(4)