ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

UNO

UNO、カードゲームではありません。ARGENTINE TANGOの“UNO”です。
tangoの歌ものの中では今、一番のお気に入りで車の中とかでよく聴いてる曲です。
特にValeria Lynch (バレリア・リンチ)のUNOに今は、はまっています。彼女はいわゆるタンゴ歌手ではないそうなのですが、情感たっぷりに歌い上げてくれて引き込まれそうな感じです。
ところで、この歌詞なのですが幸いスペイン語に精通しているわけではないので聴いてるぶんにはわからないけど、好意的にいえば、難解。率直にいえば、“なんか、訳わからん歌詞やねぇ。情感込めるって訳わかって歌いようとかいなっ”って感じです。
でも曲が良いから良いとです。下手にスペイン語がわかったら曲の感じ方が違ってるかもです。
下に歌詞と和訳を置いときます。

ピアソラ人気なんかで、昨今ちょっとしたtangoブームでしたが(天の邪鬼な私はあまりピアソラには興味無かったけど)まだまだ知名度低いですよね。LA CUMPARSITAの様に有名な曲もありますが、私としてはEL CHOCLO、CAMINITO、CORAZON DE ORO/黄金の心、ENTO GAUCHO/ガウチョの嘆き、なんか良いと思います。もし興味があれば特に推したいは、UNOもそうだけど“HOTEL VICTORIA”です。tango創世記の頃の曲ですが、もしレンタルショップや、図書館などで目に留まったら聴いてみても良いかと・・
「えっ、これが100年以上も昔の曲?。これがtangoっ」と思われるかも。

それでは、UNOの歌詞と和訳を。

Uno busca lleno de esperanzas, 
el camino que los sueños
prometiron a sus ansias... 
Sabe que la lucha es cruel y mucha,
pero lucha y se desangra 
por la fe que lo empecina...
Uno, va arrastrándose entre espinas 
y en su afrán de dar su amor
sufre y se destroza hasta entender 
que uno se quedó sin corazón...
Precio de castigo que uno entrega 
por un beso que no llega
o un amor que lo engañó... 
Vacío ya de amar y de llorar
tanta traición!

Si yo tuviera el corazón... 
el corazón que di!
Si yo pudiera como ayer 
querer sin presentir...
Es posible que a tus ojos 
que me gritan su cariño
los cerrara con mis besos...
sin pensar que eran como esos 
otros ojos, los perversos,
los que hundieron mi vivir... 
Si yo tuviera el corazón...
el mismo que perdí!
Si olvidara a aquel que ayer 
lo destrozó y...pudiera amarte...
me abrazaría a tu ilusión para llorar tu amor.

Pero, Dios te trajo a mi destino
sin pensar que ya es muy tarde,
y no sabré como quererte...
Déjame que llore
como aquel que sufre en vida
la tortura de llorar su propia muerte...
Puro como sos, habrías salvado
mi esperanza con tu amor.
Uno está tan solo en su dolkor...
uno está tan ciego en su penar...
Pero un frío cruel
que es peor que el odio
punto muerto de las almas
tumba horrenda de mi amor,
maldijo para siempre y me robó
toda ilusión.


人は皆希望に満ちて 夢が強い願いに約束してくれた道を探すもの
人は皆闘いが残酷で 途方もないことを知っている
でも強い信念の為に闘い、血を流す 人は皆とげだらけの中をはいずっていく
そして愛を与えたいという強い思いの中で 
人は皆心を失い取り残されるのだと悟るまで傷つき身を滅ぼしていく
かなわぬ口づけや裏切られた愛のために人が皆渡す罪の代償は
愛することと泣くことのあまりの空しさ 何という裏切り
もし私に心が持つことができたなら 私がかつて捧げてしまったあの心を
そして昔のように先のことなど考えずに 愛することができたなら
あの時失ったのと同じ心を もし昔私の心を破滅させた女のことを忘れ
私の愛に泣くために、君の夢を抱くだろう

でももし神が君を私の人生にもたらしたのなら
もうすでに遅く、君を愛することができないということを考えもせずに
泣かせておいてください
自分の死に泣くという拷問に苦しむあの男のように
君は純粋だから 私の希望は君の愛で救われたかもしれない
人は皆苦悩の中でひとりぼっちなのだ
人は皆傷みの中で見失っていく
でも残酷な冷たさは憎しみよりもひどいもの
それは魂の死ぬところ
私の愛の荒れ果てた墓場
永遠に呪いをかけられ
私からすべての夢を奪っていった
[PR]
by sylphid-mave | 2005-03-02 22:18 | 音居間Latin | Comments(0)