人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

God's in His heaven --All's right with the world!

梅雨の晴れ間のようで、数日天気のいい日が続いています。。
願わくば、日曜日の朝までこのお天気が続きますように.......

c0012819_093495.jpg
sylphidの主翼にいつも書いている
「God's in His heaven –
All's right with the world」
は、Robert Browningの詩の一節から頂いています。
原詩は"Pippa Passes" (ピッパが行く) という劇詩の中に出て来る歌だそうです。


Robert Browning
from Pippa Passes

The year’s at the spring
And day's at the morn;
Morning's at seven;
The hillside's dew-pearled;
The lark's on the wing;
The snail's on the thorn:
God's in His heaven—
All's right with the world!

この詩は原詩より上田敏の訳詩集、「海潮音」の訳のほうが有名でしょうね。。

「春の朝」ロバアト・ブラウニング

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事もなし。
---------------------------------------------------

蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事もなし。

人の世を生きていると、
まぁ、いろんなことがあって、
なにかとたいへんなわけで、
そんなとき、
紙飛行機が空に舞う姿を見ていると
憂さやしがらみを
洗い流すことができる。。。
特にフリーフライト機が飛ぶ姿は
そう感じます。。。

c0012819_0141020.jpg
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事もなし。
God's in His heaven—All's right with the world!


by sylphid-mave | 2008-06-14 00:16 | 飛行機のこと | Comments(0)