人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

人麻呂恋歌12 ・・二つなき恋をしすれば常の帯を三重結ぶべく我が身はなりぬ

二つなき恋をしすれば常の帯を三重結ぶべく我が身はなりぬ
五十路を過ぎてどっぷりとメタボ体型に移りゆく私は常の帯では足りなくなって、
ベルトを買い直しました。
20代前半までは26インチ、30代までは27インチのリーバイスがはけたのですが、
・・・・・・・・・・
人麻呂転載の続きです。

2006/11/02のBlog
巻十三 相聞
一首并短歌 作者未詳
3272 うちはへて 思ひし小野は 遠からぬ その里人(さどひと)の
 標(しめ)結(ゆ)ふと 聞きてし日より 立てらくの たづきも知らに
 居(を)らくの 奥処(おくか)も知らず 親(にき)びにし わが家すらを
 草枕 旅寝(たびね)のごとく 思ふそら 安からぬものを
 嘆くそら 過ごし得ぬものを 天雲(あまくも)の 行くも暮れ暮(ぐ)れ
 葦垣の 思ひ乱れて 乱れ麻(を)の 麻笥(をけ)を無みと
 わが恋ふる 千重の一重も 人知れず もとなや恋ひむ 息の緒にして
 (打延而 思之小野者 不遠 其里人之 標結等 聞手師日従 立良久乃 
 田付毛不知 居久乃 於久鴨不知 親之 己之家尚乎 草枕 客宿之如久 
 思空 不安物乎 嗟空 過之不得物乎 天雲之 行莫〃 蘆垣乃 思乱而 
 乱麻乃 麻笥乎無登 吾戀流 千重乃一重母 
 人不令知 本名也戀牟 氣之緒尓為而) 

反し歌
3273 二つなき恋をしすれば常の帯を三重結ぶべく我が身はなりぬ
 (二無 戀乎思為者 常帶乎 三重可結 我身者成)
一首并短歌 作者未詳 
3274 せむ術(すべ)の たづきを知らに 石(いは)が根の 凝(こご)しき道を 石床の 
 根延(は)へる門(かど)を 朝(あした)には 出で居て嘆き 夕べには 入り居て思ひ
 白たへの 我が衣袖(ころもで)を 折り返し 独りし寝(ぬ)れば 
 ぬば玉の 黒髪敷きて 人の寝(ぬ)る 味眠(うまい)は寝ずて 
 大舟の ゆくらゆくらに 思ひつつ 吾(あ)が寝(ぬ)る夜らを
 数(よ)みもあへむかも
 (為須部乃 田付・不知 石根乃 興凝敷道乎 石床笶 根延門・ 
 朝庭 出居而嘆 夕庭 入居而思 白栲乃 吾衣袖・ 折反 獨之寐者 
 野干玉 黒髪布而 人寐 味眠不睡而 大舟乃 徃良行羅二 
 思乍 吾睡夜等呼 讀文将敢鴨)

反し歌
3275 一人寝(ぬ)る夜を数へむと思へども恋の繁きに情利(こころと)もなし
 (一眠 夜算跡 雖思 戀茂二 情利文梨)

贈歌
(3272) うちひろがっている野とのみ思っていた(軽)の小野は、ほど近いその里人(軽の里に住む土形娘子)が標(しめ)を結んで待っていると聞いた日から、わけもなく、
いてもたってもいられなくなり、住み慣れたわが家さえも、旅の宿のように感じられ、
思う心は安らかでなく、嘆く思いを遣(や)りようもないでいるものを。
空の雲が移りゆくのを見ても心は滅入り、蘆垣(あしがき)のように思いは乱れて、乱れた麻(お)をととのえる麻笥(おけ)もない(乱れる心をおさめる司=官職もない)。我が戀の思いの千の一つも、人には言わず、たとい虚しかろうとも恋していこう。これを生き甲斐にして。

(3273) 二つとない戀をするので、帯を三重に巻いて結ぶほど、我が身はやせ細ってしまった。 

答歌
(3274) どうしてよいかわからず、石敷きのごつごつの道を、石床のどっしりした門を、朝には出てみて嘆き、夕方には、入ってあなたを思い、白い衣の袖を折り返してひとりで寝るので、
黒髪を敷いて寝ても、他の人が寝るほどぐっすりは眠れず、大舟の揺れるように、
あれこれと思いながら、わたしが寝る夜々を、数えきることが出来ようか。
(3275) ひとり寝る夜を数えようと思うけれど、恋しさが募って、わたしの心はしっかりしない。

4首とも作者未詳ですが、人麻呂と土形娘子との相聞歌として、、、
来て欲しいといわれ、会いに行きたいのにそれもままならず、心ここにあらず、わが家さえ旅宿のような人麻呂。
朝に夕に待ち続けひとり眠れぬ夜を過ごす土形娘子。
もう、本当に(せむ術の たづきを知らに)の状態。。
この頃って人麻呂の家には羽易娘子(家の妻)はまだいなかったのだろうか。
もしいたとしたら、(わが家すらを 草枕 旅寝(たびね)のごとく)思うのは、いかがなものかと。。
いやぁ。情熱的な人たちで。。。
それにしても、ひらがながなかった時代だとはいえ、もろに当て字ですね。
(朝庭ってなんだろと思ったら ・・朝には・・だって。。)
-------------------------
記事は、主に
 1,秘められた挽歌-柿本人麻呂と高市皇子
 2,無冠の恋歌
 末田 重幸著
 講談社
 の2冊を、参考にさせてもらっています。
もし、興味をお持ちになった方がいたら、読まれてみてはと思います。。
ただ私の文章については、歌の解釈歴史的背景その他に誤りが多々あるかと思いますので、間違っても決してお勉強のご参考にはなさらないよう
伏してお願い申し上げます。<(_ _)>
[ 更新日時:2006/11/02 07:11 ]
by sylphid-mave | 2008-11-08 11:07 | 柿本人麻呂 | Comments(0)