人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

あおによし

あおによし

万葉集三巻 三百二十八番歌
 大宰少貳小野老朝臣歌一首
青丹吉 寧樂乃京師者 咲花乃 薫如 今盛有
あをによし ならのみやこは さくはなの にほへるがごと いまさかりなり
c0012819_22453883.jpg

いきつけの《大宰府政庁跡地》にある歌碑です。

万葉歌人の小野老朝臣(おののおゆあそみ)が、大宰府にあって都の春を詠ったこの歌は平城京の都を、爛漫と咲き誇る桜の花に見立てて歌っています。
青は燃え出る緑を、丹は都の赤を
あおによし。
美しい奈良の都にかかる枕詞と思われがちですが・・・・・・・


『広辞苑』によると、
あおに‐よし【青丹よし】アヲ‥〔枕〕(ヨもシもともに間投助詞)「奈良」「国内(くぬち)」にかかる。奈良に顔料の青丹を産出したことが秘府本万葉集抄にみえるが、事実か伝説の記録か不明。一説に、「なら」に続けたのは顔料にするために青丹を馴熟(なら)すによるという。

つまり、奈良で産出された青丹という顔料がその語源。
なんだか、色気もそっけもないね。
奈良に都が遷る前から、
奈良は「あをによし」だったわけです。
 
でも、青丹吉は《奈良の都》の枕詞って思ったほうが、
イメージいいよね。。

都府楼《大宰府政庁跡地》は梅が過ぎて
桜花爛漫の時を待っています。

来週あたり
薫如 今盛有となるでしょう。。
by sylphid-mave | 2008-03-24 22:53 | 雑談 | Comments(4)
Commented by やまめ工房 at 2008-03-25 19:05 x
なるほど「あおによし」少し解かったような気がします。
大宰府にも「あおによし」の歌が有ったんですね。
奈良は良いところだったのでしょうね。
それにしても昔の人はおしゃれですね。
Commented by sylphid-mave at 2008-03-26 00:11
やまめ工房さんこんばんは。
平城京とは比べものにならないでしょうが・・
ここが、いつも紙飛行機を飛ばしている《太宰府政庁跡地》です。
直径で約150m翼端機にはちょっと狭いですよね。
平城京、いきたいなぁ。
なら (^_^)/~  by kar
Commented by TAKE at 2008-03-29 21:45 x
先週、福岡に帰ったとき政庁跡地へ遊びに行きました。もちろんこの歌碑もちゃんと見ていますよ。
そのときこの歌碑を見ながら思ったのは、「あをによし」ってどういう意味なんだろうって。

で、誰に聞いても分からないのできっとkarさんなら分かるだろうってね。

さっすがぁ!!
Commented by sylphid-mave at 2008-03-29 23:28
takeちゃん、domoです。
やっとネット環境整ったようで・おめでとう・・

さっすがぁって、
たいしたこと無いです。
おだててもなんにも出ません
明日こそ2週間ぶりに飛ばしにいこうと、思ったのですが
明日も・・・明日だけ雨

いじめだぁぁぁぁぁぁぁ
   なら (^_^)/~  by kar