人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

飛ばし終えて、日も暮れて

c0012819_8595640.jpg例のV尾翼機、どう見ても尾翼が立ちすぎなので、少し広げなおした。
夕方、都府楼で飛ばしてみたけれど、案の定調整が難しいね。
風が強かったせいもあってなかなか思い通りにはいかない。
飛ばしなれている双垂直尾翼機は、風の中でもそこそこ飛んでくれんだけど。
V尾翼は、横風を受けた時あおられやすいようにおもえる。
それと、強い初速を与えたときに機首が下がる現象が見られる(これはV尾翼が原因なのかどうかはわからないけど)尾翼の抵抗によるカーボンの胴体のしなりが強すぎるのだろうか。だとしたら、通常の双垂直尾翼機より剛性の高い胴体にする必要があるのかも。この機体は2mmのソリッドだったので2mmパイプを試してみよう。(パイプのほうが軽いのに、より強いんだよね)。。
ってな事を、時折考えながら飛ばした。。。難しいけれど・・・・・楽しい。。。
しばらく、ああだ、こうだと飛ばしているうちに垂直に落として尾翼が外れてしまった。。
尾翼の接着方法にも問題があるね。いくらか重くなっても補強をあててしっかりつけたほうが良いようだ。。。
今度は、風の穏やかな時に飛ばしてみよう。。。。


c0012819_931672.jpg飛ばし終わって、○○○らさんといろんな飛行機の話をしていたら、薄暮になってしまった。
RC機の製作の話、バルサ機の接着方法、エポキシの硬度を上げる方法、etc.etc、興味深い話を色々聞かせてもらった。今日の一番の収穫だったかもしれない。。Y○○○さん、ありがとう。。
気がついたら、あたりは真っ暗だった。。
by sylphid-mave | 2008-02-11 09:05 | 飛行機のこと | Comments(3)
Commented by modesty at 2008-02-11 20:59 x
「エポキシの硬度を上げる方法」というのにピクピク来ました。
どういったお話だったのか、お裾分けください。よろしくお願いします。
Commented by sylphid-mave at 2008-02-14 12:56

modestyさん、domoです。
返事が送れてごめんなさいね。
>>「エポキシの硬度を上げる方法」というのにピクピク来ました。---
そうでしたか。JPの規定ではエポキシは御法度ですよ。。ヘヘh

伺った話によるとまずエポキシは硬化時間が長いほど強度が出る。。5分より30分、30分より90分のほうが強い。で、硬度をあげる技とは、通常エポキシは完全に硬化するまでに大体1日かかるそうです。その間に一度温度を80度以上に上げてやるとカチンカチンだそうです。紙飛行機程度の大きさなら電子レンジのオーブン機能なんか便利かもね。。
 先日、いつものラジコンショップに立ち寄ったら、正方形のカーボンパイプがあった。1辺が3mm、4mm、5mmとか色々。。なんかいいじゃん。。結局買いませんでしたけど。。ちょっと今でも気になってます。。
  なら   by kar。(^.^)/~~~
Commented by modesty at 2008-02-14 19:33 x
kar さん こんにちは

非コンテスト・フライヤーの私にとって『レギュレーション』なんて、まるで関係ありません。あはは・・・

80℃以上にですか。なるほど・・・ エポキシ樹脂って、80℃以上になるとで溶けてしまうといわれているので、どうなのかなぁと思ったのですが、きっと完全硬化する前ということで、エポキシの成分がまんべんなく混ざったりすることもあって、そういった事になるんでしょうね。

色々と勉強になります。また御法度の話題があったら教えてください。