ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡 ・・紙飛行機ネタだよ。。。

万葉集 一巻 四拾八に
東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡
東の野に炎(かぎろひ)の立つ見えて かえり見すれば月傾きぬ

という有名な歌があります。

柿本人麻呂が旧暦11月17日詠んだ歌らしいです。
「炎(かぎろひ)」とは夜明け前の一瞬、東の空を彩るオレンジや薄紫色の光で、厳しく冷え込んだ晴れた日、水蒸気に太陽光線が乱反射して起こる現象のことらしいです。。

毎年、旧暦の11月17日に奈良県大宇陀町では「かぎろひを観る会」が開催されているらしい。
というのは、柿本人麻呂が軽皇子(後の文武天皇)と宮廷の狩場であった「阿騎野」を訪れ、この歌を詠んだことにちなんでいるらしい。人麻呂は「かぎろい」に軽皇子の時代の到来を、「月」に軽皇子の祖母にあたる持統天皇の時代の終焉を予感したといわれているらしい。。。。。一般的には・・・・・・・そう、らしい。。。。。

万葉集には
軽皇子の阿騎(あき)の野に宿りましし時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌・・・として長歌一首、短歌四首が載っています。
以下・・・・
01 0045 軽皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麻呂作歌
01 0045 八隅知之 吾大王 高照 日之皇子 神長柄 神佐備世須等 太敷為 京乎置而 隠口乃 泊瀬山者 真木立 荒山道乎 石根 禁樹押靡 坂鳥乃 朝越座而 玉限 夕去来者 三雪落 阿騎乃大 野尓 旗須為寸 四能乎押靡 草枕 多日夜取世須 古昔念而
     やすみしし わごおほきみ たかてらす ひのみこ かむながら かむさびせすと 
     ふとしかす みやこをおきて こもりくの はつせのやまは まきたつ あらきやまぢを
     いはがね さへきおしなべ さかどりの あさこえまして たまかぎる ゆふさりくれば 
     みゆきふる あきのおほのに はたすすき しのをおしなべ くさまくら たびやどりせす     いにしへおもひて
     やすみしし わが大王 高照らす 日の皇子 神ながら 神さびせすと 
     太敷(ふとし)かす 京を置きて 隠口(こもりく)の 泊瀬(はつせ)の山は 
     真木(まき)立つ 荒山道(あらやまみち)を 石(いわ)が根の 禁樹(さへき)おしなべ
     坂鳥(さかとり)の 朝越えまして 玉かぎる 夕さりくれば み雪ふる 阿騎の大野に
     旗すすき しのを押しなべ 草枕 旅宿りせす 古(いにしえ)念(おも)ひて
  短歌
01 0046 阿騎乃野尓 宿旅人 打靡 寐毛宿良目八方 古部念尓
     あきののに やどるたびびと うちなびき いもぬらめやも いにしへおもふに
     阿騎の野に宿る旅人うちなびき いも寝(ぬ)らめやも古(いにしえ)念(おも)ふに
01 0047 真草苅 荒野者雖有 葉 過去君之 形見跡曽来師
     まくさかる あらのにはあれど もみちばの すぎにしきみが かたみとぞこし
     真草(まくさ)刈る荒(あら)野にはあれど黄葉の過ぎにし君が形見とぞ来(こ)し
01 0048 東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡
     ひむかしの のにかぎろひの たつみえて かへりみすれば つきかたぶきぬ
     東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月西渡(かたぶ)きぬ
01 0049 日雙斯 皇子命乃 馬副而 御・立師斯 時者来向
     ひなみしの みこのみことの うまなめて みかりたたしし ときはきむかふ
     日並皇子の命(みこと)の馬並(な)めて御猟(みかり)立たしし時は来向(きむか)ふ

・・・・・・・・・・・・・
軽皇子の時代を予感した歌にしてはなんだか暗~~~~~い歌が並んでいるような気がする。

以前にもこのブログで書いたことがあるので引用すると。。(自己引用)
------------
沈鬱な情感漂う歌ですって(よくわかんないんですけど(⌒○⌒)。冬の猟を歌っているから沈鬱なのか、人麻呂の持統や軽皇子への思いが沈鬱な歌を作らせたのか。
此処にみんなが知ってる有名な歌があります。
そう。48「東の 野に炎の・・・・・・」です。
この歌に当時の情勢と人麻呂の天皇への思いが読みとれるかも。
当時、東の香具山に高市皇子の宮殿が、西の畝火(うねび)の軽に軽皇子の宮殿がありました。つまり日の出直前の光が差し渡る様子が高市皇子。そして草壁皇子の皇子、持統天皇の皇孫、軽皇子が西に傾いていく月なんですね。是がこの時期の政治的実勢だったようです。
軽皇子擁立をはかる天皇が劣勢挽回を意図して計画した阿騎野の出遊だったようですが、当時、現実はこの歌の寓意そのものだったようです。
そして、人麻呂は皇孫軽皇子への肉親としての偏愛を露骨に示し、皇位継承に執着し続ける女帝から離れ、宮廷内外に信望の篤い太政大臣高市皇子に惹かれていきます。
-------------
私としてはやっぱりこっちの解釈のほうが好きだなぁ・・・・史実は判りませんが。。。。。。
この後すぐに出てくる藤原宮御井歌なんか生き生きしてるもんね。。


で、
何で、
こんな話が、紙飛行機ネタかというと、
sylphの翼にこんなんのせちゃったから。。


c0012819_120126.jpg


これじゃぁまるでお経か呪文だね。。
アルファベットのスペルが並ぶのはカッコいいけど
ちょっと、これは退くよねぇ。。。。。

でも、まぁ好きなんだから、、、、許して・・・・・・・
c0012819_1221328.jpg
東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡以外にもいっぱい人麻呂の歌を乗せました。。
えっ、、、ほかの歌の解説もして欲しいってぇ・・・・・・・・よかよ。。。
ててぇぇぇっことはありえないか・・・

c0012819_1231164.jpg
この機体が例の2mm中空カーボン胴の1号機となる予定。
今度のカーボンは・・・・・・・・・・よかよ。。ヘヘヘヘ


以上、こじつけ紙飛行機ネタ。。でした・・
[PR]
by sylphid-mave | 2007-12-02 12:05 | 飛行機のこと | Comments(9)
Commented by modesty at 2007-12-03 20:58 x
初めまして。

久しぶりに紙飛行機を再開したのですが、単に再開しただけでは面白くないと、何か変えてみたいと思っていたら、こちらでアリファテック・ボンドというのを紹介されているのを読んで「これだ!」と思い、さっそく使っています。接着剤を変えたら、ジグを作らなくてはならなくなったり、そうなると、作り方を変えなくてはならなくなったりと、とても楽しんでいます。それもこれも sylphid さんのおかげです。ありがとうございます。

ところで、カーボン胴ですが、そこまでは私まだ踏み込んでいないのですが、興味は大ありでして・・・ で、ちょっと教えて欲しいのですが、主翼と水平尾翼の取り付け角度差はどういった風にして設定されているのですか? 0-0 にするにしても、結構大変なような気がするのですが・・・ バルサのHLGでもカーボン胴はポピュラーなので、その辺りはそれほど問題ではないのでしょうけれど、どうも私、その辺りが分かっていませんで・・・ その辺りの作り方を公開していただけるとありがたいのですが・・・

よろしくお願いします。
Commented by sylphid-mave at 2007-12-04 00:00
modestyさん、こんばんは。。
コメントありがとうございます。。
ご質問の件ですが、、
0-0にしている・・・つもりです。。
作り方って言ってもたいしたことしてないので・・・・・・いやいや
機首部のパーツを主翼台座とカーボン取り付け部を平行にしているだけ
・・汗。。
多少の誤差があっても調整でどうにかなりますよ。。。。
といってもまともに飛んでるのは3機に1機ぐらいなのでどこかしら狂いがあるんでしょうね。。。
ハンドランチは400機作って一人前なんだそうです。。。まだまだえですね。
紙飛行機だってカーボン胴使っていいじゃんねぇ。。
バルサじゃ主流なんだから・・・みんなで飛ばしましょう。。。。
  なら (^_^)/~  by kar
Commented by modesty at 2007-12-04 18:09 x
kar さん こんにちは。

「規定?」そんなの関係ねぇ、って感じで様々な創意工夫、頭が下がります。そういう姿勢がいいなぁって私は思ったですよ。

また、新しいことを見つけ出して、紹介してください。楽しみにしてます。
Commented by sylphid-mave at 2007-12-04 23:32
modesty さん、domoです。
こんな、天の邪鬼なところでよかったらいつでもおこしくださいね。。
なら (^_^)/~  by kar
Commented by modesty at 2007-12-06 21:43 x
kar さん こんにちは

こちらこそよろしくお願いします。
Commented by modesty at 2007-12-08 18:23 x
ちょっと教えてください。

アリファテック・ボンドのことなのですが、「主翼の貼り合わせも然り。カチンカチンだぁッと言ったら誇張かな。「too書きになっておられて、そう書かれているコメントに対して『とべとべ紙飛行記』の方が「12月ごろから乾きが悪いうえに硬度も出ないのでセメダインCに戻した」ということを書かれていますよね。

で、お聞きしたいのは、kar さんのお使いのものは紙の上に、無造作に「ぶにゅぅ」と出して硬化させた場合、どういった風に堅くなりますか? 私のものは、サンディングできるだけの硬度はあるものの、紙からペリッと剥がして曲げてみると、結構弾力がある感じでくにゃくにゃって曲がるんですが・・・

 セメダインCだと、そういう感じではなく、結構かちんかちんの堅いものになったような感じ(イメージでものを言っているので、実のところはっきりしません)なんですが・・・

その辺りの感じを、使うのをやめてセメダインCに戻したといわれる方も感じたのかなぁと思ったり・・・

Commented by modesty at 2007-12-08 18:24 x
私はアリファテック・ボンドを結構気に入っているので、ある程度の硬度の出る様にする要因って何かあるのかなぁという風に思っているのですが・・・

 また、翼を接着するのに使った際に、紙の種類にもよるのか(今使っている紙は問題なく乾いてくれました)、ガラスにはさんで重しをして数日おいておいたのですが、全く乾いた様子がないということも経験したりしました。

 その辺りで、先駆者としてのご意見を賜れればと思っています。よろしくお願いします。
Commented by sylphid-mave at 2007-12-08 23:53
modesty さん、domoです。
アリファテック・ボンドの件ですが、今でもsylphのほとんどはアリファティック・ボンドを使っていますよ。
確かに、そのものだけを乾かすと弾力がある感じですね。セメCはかちかちになりますけど。
私も、レーサー530とか貼り合わせ翼の場合はセメCを使うことが多いですね。
sylphは中空翼なので、アリファティック・ボンドの方が使いやすいと思っています。
それは、
片面塗布だけで接着すること。
水性なのである程度硬化するまで時間的余裕が持てること。
硬化後収縮等の変形がないこと。。
  等、感じているからです。。あくまでもそう感じるって事出すけど。。ね。
どうでしょうねぇ・・・・・最近はあんまりかちかちだよってイメージは持っていないかぁ・・・・ヘヘh
やっぱり貼り合わせ翼にはどうかなぁってきもしますね、、、
ってあんまりお答えになっていませんが・・・こういうところで
ご容赦ください。。
今度、バルサ機を作るつもりです。。
アリファティック・ボンドの真骨頂、ですね。大活躍だと思いますが。。。
なら (^_^)/~  by kar
Commented by modesty at 2007-12-09 08:31 x
コメントありがとうございます。とても参考になりました。

実は、530 を今作っているのですが、アリファテック・ボンドを主翼の接着に使ってガラスなどにはさんで乾かすと、水分の抜け道が非常に限られるせいか乾きが悪く、あまり感心しないことになっています。

お書きになっておられるとおり、使い方というか、何でもかんでもという感じで使ってはいけないって感じですね。あはは。また一つ勉強になりました。めでたし、めでたし。