人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

飛んで飛んで飛んで・・壱拾五話(そして空へ、紙飛行機は妖精の夢を見るか。。。)

2004年 師走

もともと、世の主流を生きるのは苦手。
人が白といえば、俺っち黒だもんねと言い出す性格。

レギュレーション・御法度、お構いなしにカーボン胴製作に取り組むことにしました。
多分、わたしにとっては(双胴機)と(カーボン胴機)を作る動機は同じ所にあるのかもしれないスネ。。。
代わりモンのひねくれモンなので。。

胴がカーボンなので機首だって紙にこだわる必要がないのでバルサに変更。
どうせレギュレーション無用の機体なので、主翼の桁も紙からバルサへ。
接着剤も制限無しで、主翼前縁部内側をゼリー状瞬間接着剤で補強。
(後の機体では機首にヒューム管を埋込、カーボン胴を脱着式にした。)
こうして、アウトローなカーボン胴一号機が完成。

当然、重量も軽くなり、全紙双胴の時24~6g位あった機体重量が16g前後へ。
約10g近く軽くなった。
これで、飛ばない訳ないよなぁ。。
c0012819_9203725.jpg写真は当時のクリスマスヴァージョンのMAVE。


このEXblog《sylphid》は、2004年12月に始めました。。
実はこのクリスマスヴァージョンのMAVEはその最初の写真。
やっとこのブログの始めにたどり着きました。。

まだまだ、紙飛行機の喜怒哀楽日記は続きますが、
このあとは、このブログにうだうだ書いていますので。
飛んで飛んで飛んでシリーズはこの辺で。。。では、では。
振り出しに戻る。

紙飛行機 昇竜のごとく 駆け上り 妖精のように 宙(おおぞら)を舞う  by kar
by sylphid-mave | 2006-11-16 23:47 | 飛行機のこと | Comments(2)
Commented by at 2006-11-19 21:58 x
カーボン胴練習にはもって来いです。
折れない、曲がらない、しかも軽いときたもんだ
カーボン愛好者ここに誕生しました!
とーぶん抜け出せそーにありません。
Commented by sylphid-mave at 2006-11-20 21:57
親方こんばんは。
(・∀・)イィ!!でしょ。カーボン。
ただ、この
>折れない、曲がらない、しかも軽いときたもんだ
が、くせ者でして、紙胴を飛ばすとき反動が大きいです。。
特に、胴体の捩れのチェックを忘れてします。。

カーボン胴飛ばすのは気持ちいいですが、
紙胴機の練習にはならないと思った方が、
いいですよ。。
先輩からのアドバイスでした。
しかし、楽によく飛んでくれるのでコレはコレでよいのです。。
               by kar