人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

アリファティック・ボンド他、強度比較結果報告書

c0012819_11123718.jpg
前回報告から1週間経過状況。
変化はあったものの、さほど目立ったものでは無かったので、
クリップで負荷をかけてみました。

c0012819_11141416.jpg
左端のテストピースはクリップの重みで下に着いてしまっています。
中間2本のテストピースは、無負荷の状態ではほとんど同じ状態でしたが、
負荷をかけると左の方がよりたわんでいます。
右端のピースは負荷をかけた状態でもほとんど変化が見られません。
(注:写真では判りづらいですが各々のクリップは重なってはいません。。)
今回の結果だけをふまえると、これはもう、紙胴の接着剤としては、右端のが一番としか言えませんね。パチパチパチ。。



「だから、どれがなんの接着剤かって。」。
では、発表します。ヘヘ。
さて、この中で一番硬くて(外力に強くて)変形の少ない接着剤は????
まず、中間2本ですが、これはタイト・ボンドと木工用ボンドです。勿論左が木工用、右がタイト・ボンド。
では、右端の接着剤はなにか??、

実は、これがアリファティック・ボンドだったのです。。ジャジャジャジャ~~ン。。
出会えてよかった、アリファティック・ボンドです。

セメダインCが一番曲がっちゃったのが意外だったのですが
(収縮性が強いのでその作用かもしれませんけどね。)・・・・

今回の結果が全てだとは思えませんが、
少なくともアリファティック・ボンド、悪くはなさそうなので早速紙胴製作に使ってみます。。
        
                      以上。レポートでした。
by sylphid-mave | 2006-11-03 11:15 | 飛行機のこと | Comments(6)
Commented by february_kei at 2006-11-03 11:24
おはようございます。いつぞやコメントさせていただきました。
その後この接着剤の実験、ずっと興味を抱いて見ていましたが
買った甲斐があった、というやつでしたねー。よかったです。
(お値段もお手頃の様子ですし)
材料の吟味、これだけ手間隙かけて丁寧にやっていらっしゃる。
自分もそういうことを、ちゃんと丁寧にやらなくっちゃなって思いました。
Commented by sylphid-mave at 2006-11-03 17:51
february_keiさん、こんばんは。

いえいえ、ええかげんなもんですよ。
行き当たりばったりですが。
でも、このアリファティック・ボンド楽しみです。。
               ではでは。  by kar
Commented by 筑紫平野 at 2006-11-03 23:27 x
エポキシ系・シアノアクリレート系(瞬間接着剤)などの反応性の接着剤は使用してはならない。 但し、予選での修理用また、決勝において事前の機体検査後に修理用として少量使用することは可とする。(日本紙飛行機協会推奨接着剤:セメダイン社製/工作用セメダインC、または、コニシ社製/工作用ボンドK)
接着剤を、紙の接着以外の目的(胴体や主翼の強度を高める等)で使用してはならない。但し、水平尾翼の両端を折り曲げて垂直尾翼とする折れ線部分、及び主翼上反角(2段恐れ入る含む)の折れ線部分に限り、固定の目的で推奨接着剤を使用することは可とする。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
こんなんがありますけど・・・・。めんどくさいルールだ。
Commented by at 2006-11-03 23:36 x
このボンド実は持っているんですけどいまいち信用してなくて
使ってなかったんですが今度胴体に使用してみます。
Commented by sylphid-mave at 2006-11-04 00:15
筑紫平野さん、オバンです。
タイトボンドや工作ボンドと同じ水性木工用ボンドだから問題ナッシングだと思いますよ。。
まぁ、使ってみてのお楽しみっと。   by kar
Commented by sylphid-mave at 2006-11-04 00:18
親方も持ってましたァ!!
ラジコンか何かで使ったのかな。
まぁ、優れモンだったら嬉しいな位の気持ちで試してみます。
親方も、だんだんハンドランチにはまりそうですねぇ。  ヨシヨシ  と。
              by kar