ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

春過ぎて夏来にけらし白妙の・・・・・・・

 29 春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山
 この歌は、もちろん人麻呂の歌ではありません。
百人一首にも載っている、持統天皇の有名な歌ですね。
何故、この歌を、、、、というと。
実は、高市皇子に関わりがあることと、
一見さわやかなこの歌から持統の凄さが読みとれるからです。





どう凄いかというと。。。。

持統は、さりげなく初夏の風物詩のように歌い上げていますが。
実は、白妙に装いした香具山の宮殿(喪中の高市皇子の宮殿)を望見し、
皇子の死を悲しむ一片の気配も見せず、
待ちに待ったこの日の感懐を、歌いきっているのです。
この歌にはすがすがしささえ感じます。
まさに、王者の風格でしょうか。
何ともはや、凄いお方です。
何か、人麻呂の
 48
東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月西渡(かたぶ)きぬ
と対をなすようにも見えますね。
 高市皇子謀殺の翌年、697年2月軽立太子実現。それまで春宮大夫(みこのみやのつかさのかみ)の官にいた人麻呂は失官します。 そして8月、軽皇子は文武天皇として即位します。
しかし、高市皇子の影響は大きく、藤原京に暗い影を落とし政治は混乱します。

702年12月持統上皇没。
707年2月遷都が朝議される。
 遷都反対派の文武天皇と、その母であり遷都派の元明(阿閇(あべ)皇女)が対立。
707年6月15日文武崩御。
707年7月17日元明天皇即位。
 母と子の対立の中また当事者が急死。たった一月後に母、元明天皇即位。
 またしても、女帝誕生。母と子の間にいったい何があったのでしょう。
 なんか、怖いですねぇ。
そして、710年(和銅3年)3月10日。平城京遷都。
 この元明天皇のころ禁書政策がいっそう進められ(隠しておきたいことが、山ほどあったのでしょうね。)人麻呂の事績も歴史から姿を消すことになります。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-10-19 00:01 | 柿本人麻呂 | Comments(5)
Commented by uncleXML at 2005-10-21 14:43
こんにちは。
コメント、ありがとうございました。
古代史にお詳しいようですね。
私も転勤で奈良に引っ越して以来、興味が湧いてきて関連する本を読み漁るようになりました。
しかし、まだまだ付け焼き刃です。
このエントリの内容に関しても、どこかで読んだ記憶はありますが、はっきりと人に説明できる程ではありません。
勉強不足が露呈してしまいます。
今後とも、よろしくお願い致します。
まずはご挨拶まで。
Commented by sylphid-mave at 2005-10-21 18:48
>uncleXMLさん、こんばんは。
古代史、ゼンゼンお詳しくないです。
この記事はほとんど「末田 重幸さんの本」からのうけうりで、無知を曝さない様にするだけで精一杯です。
人麻呂は好きなので、もうしばらく続けていきたいとおもいます。
拙いBLOGですが、ところどころ目をつぶってお付き合い下さい。
コメントありがとうございました。
あっ、リンクもありがとうございます。
Commented by micho7 at 2005-10-21 21:48
百人一首の中でも、好きな歌の一つです。
初夏の清々しさの裏に、
そんなエピソードがあったとは知りませんでした。
女性として、母として、力強さを感じます。
Commented by sylphid-mave at 2005-10-22 00:13
michoさん、こんばんは。
色々書きましたが、持統って結構好きです。
息子や孫がもう少し出来が良かったら人生も歴史も変わってたかもです。
Commented by 秋山 彩香(あやか) at 2006-09-04 19:54 x
東野炎立見而反見為者月西渡 (巻1・48)
ひんがしの野にはかぎるひ立つ見えて返り見すれば月傾きぬ
【寓喩に依る、裏意(真意)訳】
統治者・文武天皇(東野)の側に君臨者(炎)藤原宮子が立ったが、振り返って見ると、弓削皇子(月)がお亡くなりになられた事よ。