ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

紙飛行機を作ったり、ほったらかしのだったバルサ機を修理したりしたこと。。

c0012819_21156.jpgピーチケントの紙飛行機を仕上げた。。写真では判らないけどあちこち紙がめくれています。普段はやらないんだけど、できあがってから再度ラッカーを塗った。。多分もう使わないな。ピーチケント。一番手前の飛行機はPHOケント製、ピーチよりは紙もはがれず使いやすかった。ただちょっと紙が硬すぎかなぁ。。ピーチ200kg、PHO205kg。。今まで使っていた例のカード紙は190kg位だった。さてさて。。でもまぁ飛んでくれたらOK。。なんだけどなぁ。。


c0012819_21102220.jpgスパン720mm72g機を修理。。


c0012819_21201556.jpgエポキシも広めに塗った。翼端側とエポキシの色がゼンゼン違うね。


c0012819_21141598.jpg
スパン650mm66g機を改修。。
翼台が傾いていたので。。。


c0012819_2115578.jpg翼台補強部分、いつもはバルサを削って使っていたのだけど、今回紙粘土を使ってみた。。紙粘土とエポキシを混合した物を使って補強部分を成形。。硬化してからエポキシを上塗りして仕上げ。。
うまくいくといいのですが。。

[PR]
by sylphid-mave | 2015-02-15 21:21 | 飛行機のこと | Comments(0)