人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

工作精度と集中力の限界

もう何年も前に拙ボログに書いた事があるけど、
紙飛行機を作ってもまともに飛ぶのは、ゴム機なら8機に1機。
ハンドランチだと3機に1機位。。
もう十数年作り続けているけど、この比率は今でも変わらない。。
元々が飽きっぽくていい加減な性格なんでついつい手を抜いちゃうんですよね。。
同じものを同じように作り続けることができない  (^^ゞ

この傾向はバルサ機でも同じなようで、
先日作ったスパン620mm機、3機のうちまともに飛んだのは結局一機だけでした。
飛ばなかった2機は主翼がどうもいまいち
(作っている途中から気にはなっていたんだけど。まぁ、どうにかなるかなと完成させたけど・・・
やっぱりどうにかは、ならなかった  ( ^^)。)
で、主翼2機分再製作中です。。。
スパンは一緒。コードは8cmから9cmに伸ばしてみた。
今度こそ、丁寧に作り急がないようにしましょう。。。。。

できるかなぁ・・・・・
c0012819_164827.jpg

c0012819_1643183.jpg

主翼後縁は上反角をつけてからもう少し削り込んで薄くします。
最初から薄くしちゃうといつもできあがる前に欠けさせてしまうんですよね。。
やっぱ、がさつなんだろうなぁ・・・・
c0012819_1644797.jpg

by sylphid-mave | 2013-07-18 16:05 | 飛行機のこと | Comments(2)
Commented by まーべ at 2013-07-21 19:04 x
綺麗なアンダーキャンバーですね。
個人的にはいまだ未体験のアンダーキャンバーですが、いつになったら削れるようになることやら…。
3機に1機のぐらいの満足度ですかぁ~?。手間かかるので残念ですね。
お気に召さない機体があればいつでも引き受けますヨ~。
Commented by sylphid-mave at 2013-07-22 08:39
まーべさん、どもです。。
根が短気なんで、すぐ集中力きらしちゃうんですよね。
最近はその上老化も進んできて、思考力と短期記憶も物足りない。。
老化防止のためにも、シコシコと飛行機作っていますヘヘヘ。