人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

続、sylphid 製作のこと。

sylphidって、風の妖精のつもり。。
風と遊ぶ・・・・そんな感じ。。

c0012819_1735070.jpg
紙桁Version sylphid300の翼断面です。。
バルサの桁も同じ。。。
特徴は裏面が1/2フラット構造になっていること。。
そのため、桁部分の厚みがそのまま翼厚になります。
一般的な紙飛行機は翼断面がへの字が多いですよね。。ハイポイントももっと前方でしょうし、薄くて軽いんでしょうね。。親爺のはこんなんなんで(厚みがあるので)丈夫ですよ。。。但し、重い。。。
こんな構造にしたのは、工作しやすいから。。それと裏面フラットの方が抵抗が少なくてその分高く上がるような気がするから。。。あくまでも・・そんな気がするから・・・・・
親爺の捻くれ度、その・・・・・3かな。。

c0012819_17194043.jpg
工作に進みます。。
主翼の貼り合わせ。。
接着剤は基本スティック糊。。
気分でタイトボンド。。
以前はアリファティックボンドを使っていましたが、入手が難しくなってきたので最近はタイトボンド派です。
双方とも・・・大して変わりません。。

c0012819_17282994.jpg
貼り合わせたらアルミ板に固定して形を整えます。
裏面がフラットなので、アルミ板にぴったり貼り付ける感じで固定しています。。
工作しやすいからと言うのはこういうこと。。。。

c0012819_17322669.jpg
アルミ板に貼り付けたら乾燥剤を入れたエージングボックスでしばしお休み。。

c0012819_17353356.jpg
こんな箱です。下の箱は使用前の紙や組立前のホワイトウイングスやら、長松機やら、I出屋機やらが入っています。
もちろん、乾燥剤入り。A3の紙がすっぽり入る大きさ。。ス


c0012819_17493357.jpg

とりあえず、今日はこの辺で。。
締めに、切り出しに使っている、はさみとカッターを紹介します。。
カッターは、薄刃と鋭角刃の二種類を使い分けています。
どう使い分けているかというと・・・・
テケトー。。気分で・・強いて言うと、基本薄刃。R部や細かい部分をカッターで切り出すときは鋭角刃って、感じでしょうか。。。細かい部分なんて親爺の図面にはありませんが。。

はさみは、二種類使っています。。。
ここは、胆ですよ。。。
白い柄のはさみは左利き用です。。

右利きの場合、切り出すパーツを左。切り落とす方を右側にしてはさみを入れますよね。。
ただ、これだとどうしても切り出しにくい場所が出てきます。。
そういうときに左利き用のはさみを使います。。
これ、便利ですよ。。
左手の運動機能促進、老化防止のために左手にはさみを持って切るのもいいでしょうが------
--多分、はじめのうちは巧く切れないでしょうヘヘh----
無理しないで、左用はさみを右手に持ってください。
そして右手の甲側から切断面を見ながら切っていきます。。
ほら・・簡単でしょ。。
普通に切れますよ。。。。

では、では。今日はこの辺で。。なら~~~~。。
by sylphid-mave | 2012-11-13 18:13 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(4)
Commented by gerogero at 2012-11-13 19:38 x
エージングケースは、私のキャリアケースと同じ(サイズ・色違い)ですネ。
左利きようハサミは何度か紹介されていますね。
100均にあったので、今度買ってみます(切れ味は期待できませんが.....)
Commented by まーべ at 2012-11-13 20:23 x
それぞれ、色々な作り方がありますね。
参考になります。

おやおや?
奴の姿が見えますよ。
Commented by sylphid-mave at 2012-11-14 17:59
gerogeroさん、ドモです。。
100均のハサミも侮れませんよ。。
どのくらい、切れ味が持続するかは????ですが・・ハハh
Commented by sylphid-mave at 2012-11-14 18:02
まーべさん、ドモです。。
おや、見えてますね。。
これを、何して
アレしようと思っているのですが、チョと気に入らないところがあって。。。
主翼のできを見て、あれします。。