人気ブログランキング |
ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

リフティングボディ(改・ファットボディ)妄想中・・・・

もちろん素材はペーパーハニカムです。
やまめさんのコメントのように、一体で整形できたら面白そうですね。
 現状は、手持ちの材料の制限等もあるのでちょっと難しいかな。
昭和飛行機には6mmとか9mmのセルサイズもあるので大きめのセルサイズで高さ10mm、15mmなんてのを使うと面白いものが出来そうな気もします。
(そんな気が駿河家です。何の根拠も、確証もありませんよヘヘh)

今、私の灰色の右脳がイメージしているのは、積層胴です。
どういう事かというとペーパーハニカムを薄い紙(52kgクラフト紙とか、雁皮紙etc)でサンドイッチしたものを一枚の紙として使うわけです。幅40mmのボディなら8枚積層、(横使いなら厚み20mmの胴体で4枚積層ですね)表面をサンディングして整える。ハニカムのセルを覆うように紙(やっぱり薄いクラフト紙か雁皮紙辺りでしょうね)を貼ってサンディングシーラー、サンディングの手順。中身がペーパーハニカムのモノコックボディのイメージです。(実際には外殻で強度を持たせているわけではありませんので、モノコックじゃありませんね。形だけはそんな感じだということで・・・)
ひょっとすると少々重いかもしれません。
大きめのセルサイズで高さも大きく取れば軽くできるかもしれません。
取り敢えず手持ちの5mm、3mmのペーパーハニカムで試してみましょう。
どの位剛性が出るかもまだわかりませんしね。ものは試し。玉砕覚悟です。。
わくわく、わくわく。。。
by sylphid-mave | 2009-04-10 22:12 | 飛行機のこと | Comments(2)
Commented by I出君 at 2009-04-12 20:34 x
遅ればせながら。九州オープンお疲れです。あの〜いっそのこと、
胴体の無い?無尾翼機のSALってどうです?カーボン胴さえないし、JCにも出れますよ。ラジコンでは有ったと思いますが。ダメ?
Commented by sylphid-mave at 2009-04-13 07:21
I出さん、おはよう。
無尾翼SALかぁ、かっこいいなぁ。
ヨーを抑えてまっすぐあげるのが難しそうですね。
まだ、頭の中で妄想を抱えているで図面もまだ先です。
究極のイメージはコブラの頭のような形なのですが。。。。
ちょっと、それは無理かな。。
I出さんも、おひとつどうですか  
by kar