ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

スタバのお豆をもらったのだけど、
おいしいうちに飲みきれない。。
よって、
c0012819_11590063.jpg
c0012819_11590458.jpg
お酒に漬け込む。。
久しぶりだなぁ。。
年末位からが飲み頃かな。。
おいしくな~~れ。。

[PR]
by sylphid-mave | 2017-10-30 22:58 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
c0012819_10360303.jpg
ただいま親爺は天山酒造の『七田純米吟醸雄町50』にどっぷりはまっています。
親爺の日本酒原器。。
七田は天山酒造の戦略なのでしょうか、九州では売られていません。
どうしても七田がのみたい親爺は佐賀の蔵まで調達に行ってる。お馬鹿だね~~。。
でも、まぁ、幸い家からは背振の山を越えてすぐ向こうなので大した距離じゃ無いんですが。
その七田雄町50も、一月ほど前一升瓶1本四合瓶4本買ってきたものが無くなりつつある。
又買い出しに行かなくちゃ。
この七田雄町50のあてにお気に入りなのが、、、
c0012819_10363975.jpg
c0012819_10365027.jpg
c0012819_10365856.jpg
この、ドライサラミとブルーチーズ。。
至福の組み合わせです。
フランスのパリで開催された日本酒のコンクール『KURA MASTER』で
最高賞のプレジデント賞を受賞したのもなるほどと言う気がします。
スペックで言うと
造り:純米吟醸
原料米:雄町
日本酒度:+2.7
精米歩合:50%
アルコール度:16%度
酸度:1.3
数字だけだと淡麗辛口だけど、味わいは甘露です。
雑味のない豊かな旨味、上質な口当たりとキレの良さ、そして穏やかな吟醸香。
薄くスライスしたロックフォールを舌に乗せ、七田雄町50を流し込む、至福でごじゃります。
そして、このスペックであえて吟醸酒。いきだね~~

[PR]
by sylphid-mave | 2017-10-28 11:29 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
大賀酒造の秋の蔵開きに行ってきた。
春はいい天気だったけど、今回は生憎の雨模様。。
それでも呑兵衛の足取りは軽い(行きだけはね。。)

c0012819_11285349.jpg
c0012819_11285893.jpg
まずは、いつもの恵比寿様にご挨拶。
今日は扉をあけて待っていらした。。
その後、いつもの恵比寿醤油でお買い物。。
写真はない。気もそぞろ状態。。
たくさん買ったので、荷物をあずけて大賀酒造に向かう。
c0012819_11290286.jpg
c0012819_11290844.jpg
一通り蔵を廻って(呑まされて・・・)
いつものテントでわいわいと有料試飲で呑んでいたけど、なんかばからしいので晩酌用もかねて筑紫野を購入。。
その辺の見ず知らずのおいさんやらおばさんやらと飲み交わしよったら当然空っぽ。。
写真はこれだけ。。。
春はもう少し写真撮ろう。。
そして、つまみは家から持参しよう。。(タッパーで持参の人が結構多かったので。)

[PR]
by sylphid-mave | 2017-10-16 22:28 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
台風接近中の中、楽しみにしていた天山酒造の秋の蔵開きに行ってきた。
懸念していた台風の影響はほとんど無く、されど人出はさほど多くなく、のんびり過ごせました。
c0012819_17305318.jpg
c0012819_17305434.jpg
お山は雲に覆われていた。
c0012819_17305448.jpg
c0012819_17305515.jpg
c0012819_17305519.jpg
c0012819_17305510.jpg
c0012819_17305562.jpg
c0012819_17305641.jpg
c0012819_17305612.jpg
ワンコインの試飲セットは「岩の蔵」をいただく。。
c0012819_17305682.jpg
そして、当然「七田雄町純吟」を追加で購入。まだ生酒の在庫があるとのこと。ラッキー・・・・
近日中に買い占めに行きます。。。。
c0012819_17383472.jpg
c0012819_17384047.jpg
c0012819_17385051.jpg
また、春に。。。。
イヤその前に、10月は筑紫野大賀酒造の蔵開きだぁ~~。。

[PR]
by sylphid-mave | 2017-09-20 09:58 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
タイトルだけだと、久しぶりに人麻呂ネタかなとも思えるでしょうが、、
相も変わらずの酒ネタです。
ちょいと前、いつもの酒屋のHPで気になるお酒が目に入った。
「黒牛」・・・
くろうし・・連想したのは「黒牛潟」、そう言えば吉田類さんも酒場放浪記でそんなお酒を飲んでいたような・・・
なんか気になる。。で、速攻いつものお酒「岩の蔵・純米」と共にゲットし
てきました。

c0012819_09460433.jpg
やっぱり、万葉集に詠われた紀州黒牛潟にちなんだお酒でした。
味わいはすっきりフルーティー。日頃呑んでいる九州のお酒の口直しにもとっても良い感じ。
ぐいぐいいっちゃいました。
久しぶりに、人麻呂の世界に思いを馳せて・・・

万葉集9巻1798
古家丹 妹等吾見 黒玉之 久漏牛方乎 見佐府下
いにしへに いもとわがみし ぬばたまの くろうしがたを みればさぶしも

「昔に、人麻呂と黒牛潟を見ていた妹とは誰だったのか。隠りたる妻土形娘子だったのかはたまた禁断の恋持統天皇だったのか。」酒は答えてくれるかな。。。


[PR]
by sylphid-mave | 2017-03-25 21:42 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)