ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いらっしゃいませ~~
人生、所詮お迎えが来るまでの暇つぶし。。
お気楽におつきあいくださいませ。。

まずは駅風呂からのごあいさつ。広告専用ページです。。
本文は下から~~~
親爺へご用の節は下記メアドまで・・・・
sylphidあっとまーくcsf.ne.jp

test
sylphidSP
sylphid300#400wing
mave330
[PR]
by sylphid-mave | 2017-12-31 23:59 | ようこそ
家呑みの七田を飲み尽くしてしまった。
仕様が無いので、獺祭をいただく。
「仕様が無いので獺祭」というのも不遜な話だが、親爺は高級大吟醸の獺祭より「七田雄町純吟」の方がすきなんだよね~~。

でも、獺祭だって二割三分は旨い。。
c0012819_11305821.jpg
c0012819_11305276.jpg
c0012819_11310227.jpg
本日は友人から貰ったグラスでいただく。
常々がトーマスのグラスなんで気い使ってくれたんだろな。ありがとね。
c0012819_11304293.jpg

しかし、いつも思うんだけど。
おいしいものって、脂肪と糖で出来てんだね~~。
くわばらくわばら^^
c0012819_11303113.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2017-12-13 22:30 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
いただき物の果物が供給過多気味。そのまま食べたり、スムージーにしたりしているけど。
目先を変えて。

c0012819_11160194.jpg
発蜜レモン
c0012819_11160194.jpg
レモンシロップ。
写真は漬けて半日ぐらい。
すでにおいしく使っています。
ホットレモン、レモンスカッシュ、紅茶に添える。。
用途いろいろ。
c0012819_11163941.jpg
c0012819_11164395.jpg
りんごをコンポートに。。
そのまま食べたり、りんごシロップに・・・
昨夜はシナモンティーに添えた。。
旨し。りんごとシナモンの相性は花丸。。
c0012819_11164707.jpg
梨のコンポートは味が甘すぎてちょっと失敗。
で、ヨーグルトに合わせてアイスバーにしてみた。
c0012819_11165157.jpg
アイスの棒が抜ける。
見事に又又失敗。。
c0012819_11165512.jpg
但し、味は美味。
旨し。。

これはいい。。




[PR]
by sylphid-mave | 2017-12-11 22:11 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
縁あってか、pipo機熱に罹患している。
治療方法は対処療法のみ。
よって、pipo機をシコシコと製作する。
c0012819_10041942.jpg
Helios、Svarogに続いて2001年艦載機Baal製作。
積層枚数はHeliosほどでは無いけど、相変わらずのSlimBody。
c0012819_10041537.jpg
c0012819_10041108.jpg
青空に似合うねぇ~~。
そしてもちろん、メッチャ良く飛ぶ。

そしてもう一機、縁あって出会ったのがe-Rise。。
c0012819_10042532.jpg
c0012819_10042217.jpg
現用機の感覚からすると小ぶりのハンドランチ。
この頃は主流だったような。。
親爺には若干剛性不足な感じなので、少しばかりいじってみます。
(常々、配布変更はご自由にと言われていましたのでお言葉にあまえます。)
理想は当時追い求めていたインメルマンで・・・・
Wingardium Leviosa


[PR]
by sylphid-mave | 2017-12-10 10:45 | 飛行機のこと | Comments(3)
この「駅風呂」(エキサイトブログのことね。。)もスマホでちゃちゃっと投稿出来るとこんなになおざりになる事も無いんでしょうけど。。。

ここ数週間のおさらいだよ。。
インスタやFB投稿分の加筆訂正(・_・)(._.)
--------------------------------
先日、福博出会い橋を渡った。。
c0012819_09251512.jpg
忘年会第一段。。
友人が「福岡の男と博多の女が出会う橋」と言っていた。
なるほどねぇ。うまいこと言うねぇ。。
中洲のお姉ちゃんに出会いことも無く、
爺ばっかで女っ気皆無でしたが。。

c0012819_09252691.jpg
写真撮っていたら、アポリネールがやってきた。。

   

   出会い橋の下を那珂川が流れ
      われらの恋が流れる
     わたしは思い出す
   悩みのあとには楽しみが来ると

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   手に手をつなぎ顔と顔を向け合はう
       かうしていると 
     われ等の腕の橋の下を
  疲れたまなざしの無窮の時が流れる

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   流れる水のように恋もまた死んでいく
      恋もまた死んでゆく
     生命ばかりが長く
   希望ばかりが大きい
                                    

      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

   日が去り、月がゆき
       過ぎた時も
     昔の恋も 二度とまた帰って来ない
   出会い橋の下を那珂川が流れる
 
      日も暮れよ、鐘も鳴れ
      月日は流れ、わたしは残る

詩集「アルコ ール」(1913)収録  堀口大學訳] より

c0012819_09252240.jpg
気分はセーヌ川だ。。


[PR]
by sylphid-mave | 2017-12-09 09:46 | 別にぃ・・・ | Comments(0)