ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2013年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三匁楮紙の印刷・ラッカー貼りがうまくいったことに気をよくして、
手持ちのバルサ機にも貼り付けてやろうと思ったら、
楮紙が無くなっちゃいました。。
調達したいのだけど、この紙はいつも細身のTapered carbonPipeを取り寄せている「ウインド・ラブ」から取っています。そう、凧用の紙。。紙自体は模造紙の半分ぐらいの大きさで98円で大してお高くは無いんですが、この紙だけを注文しても送料がかかるとちょっともったいない。。
近場で調達出来る紙で都合のいい紙は無いか、探してみました。
c0012819_17315580.jpg
そろえたのは、薄洋紙(12kg)と、雁皮紙。。
薄洋紙は模造紙サイズで30円、雁皮紙はやっぱりお高くてその半分の大きさで560円(高い~~~。。)
さほどの強度を求めない場所に図柄を貼り付けるだけなら薄洋紙で充分なんですが。。

試しに印刷してみたら。。
c0012819_17375969.jpg薄洋紙 表に印刷。

c0012819_17421179.jpg薄洋紙 裏に印刷

c0012819_1743875.jpg雁皮紙 表

c0012819_17434280.jpg雁皮紙 裏

画像ではわかりにくいけど、薄洋紙はやっぱりにじみますねぇぇぇ~~
お安いのは魅力なんでどうしましょうかねぇ~~って感じ。。
雁皮紙は、、、、、、、
流石雁皮紙、裏も表も全くにじみません。
くっきりシャープ。
これは魅力だなぁ。
でも、お高いよな~~。。ひょっとしたら、送料かけてもウインドラブから楮紙取り寄せたお得だったかも。。
まぁ、せっかくなんで手持ちの機体に貼ってみます。。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-28 19:16 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(0)
続きは明日・・・・のつもりだったのですが・・
本日2回目のエントリ・・

翌、日曜日一日かけて、プリントした楮紙を尾翼パーツにラッカー貼りしました。。


こんな感じです。
c0012819_16451498.jpg



水平尾翼・・・・
c0012819_16455428.jpg


千代紙紋様から、
ちどり紋柄・・
c0012819_16472372.jpg



ひょうたん紋柄・・・
c0012819_16481072.jpg

ひょうたん紋の裏・・・・
c0012819_1649137.jpg

北斎のあれ・・・

そして、
c0012819_1652141.jpg

いとし、いとしと、言う心・・・・・・すなわち 戀(恋)
なかなか・・粋でしょ。。。


c0012819_1653425.jpg

例の黄龍柄。。
左右対称になっていますね。
右翼は裏貼りしています。。ほとんど差は無いでしょ。。

c0012819_16565259.jpg

垂直には我が家の家紋を入れてみた。。
鹿児島の百姓のでなんで、たいした家柄じゃありませんが・・・・
とりあえずまるに違い鷹。。

とこんな感じです。



翼のパーツはそろったので、
後は、胴体のカーボンパイプの入荷をまちながら、
主翼ホップアップ部の台座あたりをつくりましょうか・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-25 21:50 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(2)
楮紙に図柄をプリントした件、
最初は、インクがにじむだろうなぁ、
紙はうまく給紙されるだろうかと、気掛かりなこともあったのですが。

まぁ、結果オーライ。。
気をよくして、尾翼補強用の和紙貼りにもプリントしてみた。。
c0012819_16225338.jpg

c0012819_16241624.jpg

給紙の問題はこんな感じでA3用紙に貼り付けて印刷しました。。
和紙を使ったこともあって、和柄中心です。。にじみも心配したけど、
それほどでもないようです。
c0012819_16265582.jpg

ここまでが、土曜日深夜の工程。。
翌日曜日に、ラッカー貼りしました。。
続きは、又明日。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-25 18:34 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(2)
Mr.ヘビメタ。。
トニー・アイオミ65歳の誕生日。。
いやぁ、トニー・アイオミはヨカです。。
トニーとオジーがいなかったら、世にHeavyMetalは誕生したでしょうか???


トニーの義指がよくわかる動画があったので、


いやぁ、よかね~~~~。。

追伸。
うちの息子はオジーをよく聴いてるけど、
うちの娘はDIO派です。。
わっかるかなぁ・・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-19 18:31 | 音居間HM/HR | Comments(0)
主翼の各所補強。。。
左翼端部(グリップ部)をお決まりのグラスクロス・ラッカー貼り。
上反角接合部をこれまたお約束のエポキシ補強。。
寄木バルサ付け合わせ部を、三匁楮紙でラッカー貼り補強。。
ここんところが、ちょいと今回のポイントです。楮紙でのラッカー貼り補強は以前から尾翼とかでやっていたんですが、今回スパン600強の主翼を製作するに当たって寄木しなければならなかったのでそこの補強に使ってみました。
と同時に前々から試したかったこともあったので・・・・・・
試したかったことはこの三匁楮紙にロゴやイラストをプリントしてラッカー貼りできないかということ。。
結果。。

うまくいきました。
c0012819_22113963.jpg

アップするとこんな感じ。
紙はほとんど見えません。
c0012819_22193652.jpg

c0012819_222267.jpg
これがその楮紙とプリントした図案。。。
ここ3~4年ほどいつも使っている、お気に入りの黄龍。。
リンクのイラストACからの頂き物。。
この楮紙のラッカー貼り厚みはほとんどデカール並。。。
使えそうです。。。。

で~~は~~~。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-17 22:22 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(2)
c0012819_144133.jpg

上反角つけまですすみました。
三段上反角がスパン635mm。
左翼二段右翼三段の非対称翼が625mm。。
今まで作った機体では一番大型。。
この主翼を触っている工程が一番楽しいかな。。

ところで、低粘度の瞬間接着剤がなくなったので、調達してきました。。
低粘度は、知ってる人はみんな知ってるツリロンを使っています。
このしみこみ具合はまるで砂漠の水撒き。。
最近このツリロンが100均でも買えるようになってきたのでうれしい。
2g×2本で100円。これはお得です。。
c0012819_1221358.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-16 01:23 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(4)
昨日、主翼を削りだしたス。
反りがででしまったバルサは、強制的に蒸気に当てて押さえて乾燥させたのですが、直りませんでした。
そのまま作って、できあがってからひずんでしまってはいやなので、もう一本新しく作った。
反りが出たバルサはそのまま放置していた。
そしたら、なんでやねん???、まっすぐに直っていた。。??????
と言うことで、主翼が3本になりました。

カンナがけは自宅のベランダでやって、
ペーパーがけはマンションのお外のベンチでシコシコと。。
最近、少しだけだけど、削り出しが上手くなってきたように思う・・・自画自賛・・・

c0012819_9454415.jpg

今日は、たまったお仕事をやっつけに事務所ワーク。。。
今週末ぐらいには、上反角付け位まで出来るかな。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-11 09:47 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(0)
今日は、Gary Mooreを偲んで。。


よかね。~~~~


そうそう、例の息子のレスポールの修理の件ですが、
結局、地元の個人のリペアショップで直してもらいました。

GIBSON指定の丸丸弦に聞いたら6ヶ月ぐらいかかると言われた。
福岡の結構メジャーなリペアも出来るショップに問い合わせたら納期は3ヶ月だという。
どちらも、6~7万円也。。。

で、件のショップに相談すると修理から塗装まですべて自分でやります。
納期は、2週間。4万円ぐらいで、って。。。
1週間でできあがり。
仕上がりは満足。。

それより何より、
工房で話をしたけど、
実に、熱いギター好きな職人親爺でした。。

興味のある人はブログを覗いてチョ
ファインギターズのブログ
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-06 19:12 | 音居間HM/HR | Comments(2)
墨だしって、なんやねん?? でしょうね。。。。。
c0012819_16145162.jpg

墨だし。



c0012819_16155150.jpg

削りだし。


先日の型紙は、翼端部を細くし過ぎたように感じたので、修整して少し膨らませた。
いつも、現場あり合わせの行き当たりばったり。。
O型だなぁ。。。。
その結果、翼面積が若干1割ほど増えました。。
数値は、後日。。。。

追加

c0012819_1648321.jpg

翼前縁部補強ヒノキ材貼り付け。。

この後、問題に気がつきました。。
写真上の非対称翼用のバルサ材がひずんでいます。。
このまま製作を続けて問題ない物なのか・・・・・
ひずみを修整して製作を続けた方がいいのか・・・・・
諦めて、作り直した方がいいのか・・・・・・
諸先輩方・・
どなたか、アドバイスを下さい。。。m(__)m
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-04 19:05 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(2)
HLGスパン600の翼型紙を切り出しました。
最初に、いつもの方法で型紙から翼面積を測っておこうと思います。c0012819_2391862.jpg

主翼型紙は2種類。昨日の左翼二段右翼三段上反角の非対称翼、もう一つは普通の三段上反角対象翼。
上に写っているのは、型紙と同じ紙から切り抜いた10cm×10cmの正方形の紙。いわゆる1dm2の大きさの紙ですね。
要は、翼面積とはこの1dm2の大きさの紙何個分になるかってことを調べればいいわけですから・・・・・・
c0012819_232215100.jpg
まず、1dm2の紙の重さを量ります。
今回は3.22gでした。

c0012819_23243227.jpg
次に型紙の重さを量ります。
非対称翼の方は14.33g

c0012819_2328476.jpg
三段上反角翼は、14.79gでした。

そう。
この型紙の重さを1dm2の紙の重さで割ったら翼面積がでるってこと。。
非対称翼は4.45dm2。
三段上反角翼は4.59dm2でした。
ただし、これは翼を展開したときの翼面積。FFHLGは上反角が深いので、投影面積とでは結構差がつきますよね。設計上は投影でスパン620mmになる予定なので修正しなければです。
非対称のは展開で675mm。
三段上反角は700mm。これを上反角をつけた状態で620mmにしたとすると、
投影翼面積で、非対称4.08dm2、三段上反角4.07dm2。
c0012819_2343977.jpg
まぁ、これはあくまでもだいたいこれぐらいって数字です。
スパンは完成してから計り直します。。
とりあえず、型紙から展開の翼面積を出しておけば後で容易に翼面加重が出せるってことです。。
ではでは。
お馬鹿な親爺が理屈っぽいことを言ってしまった・・・
似合わね~~~~~。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-02-02 23:47 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(0)