ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

昨日またかくてありけり         今日もまたかくてありなむ
この命なにを齷齪            明日をのみ思ひわづらふ

今年もなにやらいろいろありました。。
来年も又、ナニやかにやと
思い煩うことでしょう。。。

でもまぁ、なんとかなるでしょう。。
とりあえず、
酒の用意は調いました。年末年始、がっつり呑みませう。。
なら、
良いお年を。。
c0012819_2312364.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-30 23:04 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
c0012819_15514424.jpg


越乃寒梅からつくったという焼酎を飲ませていただきました。
古酒でございます。
40度をロックで。
もう、まろやか、芳醇でその酔いは至福でございました。(^w^)
旨かったぁ。
帰りに
おみやもいただきました。
この正月は
呑みっぱなしでしょう。(;∇;)/~~
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-30 22:09 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
c0012819_2259346.jpg

もうこの季節になりました。。
黒豆を仕込むのは親爺の役目。。
かれこれ20数年毎年ここの黒豆3L
今年は美味しく煮れるでしょうか。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-29 23:04 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
Hoy es un cumpleaños de cigala.
今日は、diego el cigalaの誕生日。



・・・・・・
今年も、拙いボログにおつきあいいただきましてありがとうございました。
来年もよい年でありますように。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-27 18:23 | 音居間Latin | Comments(0)
c0012819_1227173.jpg

得意先から
クリスマスケーキを
買わされた
賞味期限12月23日まで

いじめやし
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-22 12:27 | Comments(2)
地球最期の日は、何事も無く過ぎ去ったようで
めでたしめでたし。。。

又、新しい時代が始まるそうです。

総入れ歯、拙ボログも開設以来8年が経ちました。。
なんだかんだで結構続いているよね。。。

これはひとえにこんなボログを覗きに来てくれるお暇な皆様方のおかげです。。ヘヘh

訪問者数(ユニークユーザー)157612
一日平均 54人
本当に、ありがとうございます。

これからも、がんばるつもりは毛頭ありませんが・・・
ボチボチ続けていくでしょう。。。
気が向いたら、いつでも遊びに来て下さい。。

ども、ども。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-22 08:55 | 雑談 | Comments(0)
cigala y tango
聴いていますよ。。家でも、ウオークマンでも、運転中の車の中でも・・よかね~~
CDとDVDのセットだったんだけどDVDはおまけみたいで本来15曲が6曲になってた。まぁCD+DVDで2200円程度だったんでしょうがないかな。。CDは11曲。これはそのまんまみたい。

以下CDの演奏順に
01. Garganta Con Arena
ガルガンタ・コン・アレーナ(砂のついたのど)
カチョ・カスターニャ作詞作曲 
ロベルト・ゴジェネチェ(Roberto Goyeneche)に捧げた曲。

02. Las Cuarenta
ラス・クアレンタ
フランシスコ・ゴリンド作詞、ロベルト・グレーラ作曲。
1937年のヒット曲。

03. El Dia Que Me Quieras
エル・ディア・ケ・メ・キエラス(思いの届く日)
アルフレド・ペラ作詞、カルロス・ガルデル作曲。
ご存じガルデルが1935年同名の映画で主演し、歌った曲。
ジャンルはカンシオン。これほど美しい曲が他にあるだろうか。。

04. Soledad
ソレダー(孤独)
アルフレド・ペラ作詞、カルロス・ガルデル作曲
1934年の曲。。
同名のピアソラの曲もあるらしい。。。(ピアソラのは聴いたこと無いモンね)

05. Los Hermanos
アタウアルパ・ユパンキのミロンガ。
なんてかっこいい曲なんだ!!


06. Nostalgias
ノスタルヒアス(郷愁)
この曲も何度このボログで語ったことか。。。
ドミンゴ・エンリケ・カディカモ作詞、ファン・カルロス・コビアン作曲。
1936年の曲。。
何度も言うけど、よかね~~~~。。

07. Tomo Y Obligo
トモ・イ・オブリーゴ(交わす盃)
マヌエル・ロメーロ作詞、カルロス・ガルデル作曲。
1931年ガルデルが映画スターとして確立した曲だそうです。

08. Sus Ojos Se Cerraron
スス・オホス・セ・セラーロン(彼女の瞳は閉ざされた)
アルフレード・レ・ペラ作詞、カルロス・ガルデル作曲。
これも親爺大好きな曲。。。痺れるね~~。。
前述の1935年のガルデル主演映画「思いの届く日」で歌われた曲です。


09. Youkali
クルト・ヴァイルってドイツの作曲家の曲らしいですね。
すみません、よく知りません。。コアラが好きそうなタイトルだけどスペイン語なんでユーカリじゃないよ。。シガーラはジュ~~カリって歌っています。

10. En Esta Tarde Gris
エン・エスタ・タルデ・グリス(灰色の昼下がりに)
ホセ・マリア・コントゥルシ作詞、マリアーノ・モーレス作曲。
1941年の曲。
ロベルト・ゴジェネチェが歌ってましたね。大人の哀愁だねぇ~~~。。


11. Alfonsina E El Mar
1936年、46歳の女流詩人アルフォンシーナ・ストルニが最期に残した詩に1969年アリエル・ラミレスとフェリックス・ルナが曲をつけた。
拙ボログでも、紹介したことがあったね。。
彼女が命を絶ったマル・デル・プラタという避暑地は、ピアソラが生まれ育った場所らしい(へぇ~~そうなの・・・だから。。)





どれをとってもカンタオール、シガーラ節。。だけど全部かっこいい・・武者ンよかとです。。
シガーラはもちろんよかったけれど、エル・ディア・ケ・メ・キエラスやロス・エルマノスでギターを弾いていたフアンホ・ドミンゲスが痺れた。。なんてかっこいいンだ。テクニックもさることながら、そのタイム感がめっさかっこいい他の演奏も聴きたくなった。。重鎮ネストル・マルコーニのBandoneonもしゃれてて粋だねぇ。その演奏にピアソラ節が聞こえてくるのはしょうがないのかな。。
ピアソラは好んで聴きたくはありませんが、かといってかたくなに拒むのも大人げないかな・・・なんて、少々感じてしまった演奏だった。。
まぁ、なんだかんだ言っても。。

幸せ~~~~~。。

ちょこっと聴いて下さい。。
Garganta Con Arena
ガルガンタ・コン・アレーナ



El Dia Que Me Quieras
エル・ディア・ケ・メ・キエラス(思いの届く日)

よかね~~~。。沁みるね~~~。。



ロス・エルマノス

なんたって、このギターがかっこいいよね。



En Esta Tarde Gris
エン・エスタ・タルデ・グリス

渋かねぇ~~~。。餓鬼っちょにはわかんねぇだろうなぁ・・・

後ね、常々感じていることなんだけど。
このライブで演奏された曲の大半は1930~40年頃、戦前の曲なんです。
こんな古い曲が普通に歌い継がれていて、ライブで観客も熱狂している。。
昭和初期の曲をライブでやって盛り上がってるってこと。。そしてそのライブがレコード大賞で部門賞を取るようなこと。。
この国では信じられないよね。。
前にも書いた事があるけど、
古い曲が何でもいいとは言わないけれど、
古い曲をないがしろにするこの国に文化の伝承はあり得ないかも。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-20 17:26 | 音居間Latin | Comments(0)
私を抱きしめる度に
あの人は私に囁く
人生はバラ色だと・・・・・

くぅぅぅぅっぅぅぅ  言ってみたいねぇ、そんな言葉。。。

今日はピアフの生まれた日。
シャンソンはあまり聴かないけれど、
ピアフは好きで時々聴いています。。。

いや、違うな。。。
シャンソンに興味が無いんじゃ無くて、
無節操にいろんな音楽を聴いているんで、この上シャンソンにまで範囲を広げると、親爺のすの入った湯豆腐のようなぼけた脳味噌では収拾がつかなくなるんで、あえてさけてる感じ。。だからとりあえずピアフだけ。。。。

人生はバラ色だよ


親爺的に一番好きな曲はこれ。。
干上がった涙腺も緩んできそう・・・・


あなたの目よりも青く シャルル・アズナブール作詞・作曲
 私が目をあげると
 空が見える
 そして私は思う、ああ
 何てすばらしい
 この青さ、と
 私が目をあげると
 あなたの目と合う
 そして私は思う、ああ
 ほんとに何てすてき
 こんなに青いなんて、と

 あなたの目より青いものなんて、
 見えない、どんな青空だって
 あなたの黄金色の髪より黄金色のものなんて、
 想像できない、麦の黄金色にしたって
 あなたのこんなに甘い息の清らかさ
 八月の風でさえこんなに甘くはない
 あなたへの私の愛の激しさは
 荒れ狂う海さえ比べものにならない
 あなたの目より青いものなんて
 見えない、どんな青空だって
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-19 17:49 | 音居間e.t.c. | Comments(0)
瓜売りが、瓜売りに来て、瓜売り帰る、瓜売りの声
瓜仙人、Uli Jon Rothの誕生日。。。

メッサかっこいいギタリストなのに、あんまりメジャーじゃ無いよね。。

なんで瓜売れないんだろう?????

親爺の個人的主観ですが、

ギターだけ弾いていればいいのに、すぐジミヘンみたいに歌いたがっちゃうから、いけないんだとおもいます。

かっこいいギターもあのへたれボーカル聴いちゃうと興ざめしてします。。。
(あくまでも、親爺の個人的感想ですが・・・・・・)
ギターだけ弾いていればひょっとしたら破産もしなかったのでは、なんて思いますね。。

ギターは超かっこいいんですよ。。
それでは、7弦32フレットスカイギターの音色を。。。



ウリのボーカルを聴きたい方はテケトウにyoutubeを検索してみてね。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-18 19:42 | 音居間HM/HR | Comments(0)
ペーパーエンジェルスの例会に行ってきました。。
筑後広域公園でありました。
c0012819_9591068.jpg
ちょっと出遅れてしまって、
8時過ぎ頃到着。

二番手でした
c0012819_1015075.jpg
広場は晴天、無風。
絶好のコンディション。
(早朝だけはね・・・・・)
但し、地面は昨夜までの雨でびしょびしょ。。
所々に水たまり有り。。。
紙にはきつい状態でした。


だから、当然、バルサ機で遊ぶわけで、
長靴はいて思う存分バルサ機を振り回して楽しませてもらいました。
やまめ機三機、自作機三機みんな気持ちよく飛んでくれていました。。
c0012819_10102967.jpg
ず~~~っと真上を旋回飛行してたので、コンデジで飛行写真を撮ってみたけど、

c0012819_10125192.jpg
コンデジは難しいねぇ。
みんなピンぼけ。。

c0012819_10143477.jpg
飛行写真はすぐ諦めちゃった。。

そんなこんなでみんなが集まった頃には風が強くなって、
c0012819_1018140.jpg
例会競技中は、落下予想地点に待機しながらの競技になっちゃった。
体感だと4~5m位はあったんじゃないかなぁ。

あっ、そうそう
c0012819_10212255.jpg
風の合間をぬってイケメンの婿殿も飛ばしたみました。。
印象は・・繊細。。
浮きがいいですね。
今日は、あまり飛ばせなかったので、
もう少しとばしこんでちょうせいしてみます。。


次回の例会は、
正月恒例の大型竿ランチ。。
今度のお題はスパン40cmくし形機だそうです。。。
よっしゃぁぁぁぁ。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-12-17 23:25 | 飛行機のこと | Comments(0)