ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2012年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

聞きかじりのMETAL好き親爺です。
ヘビイメタルの話をする前に、親爺は実はBACHも好きでして今は無きドブログに「人生の何分
の一かをBACHを聴くことに費やしても惜しくない」なんて書いた事もありました。。。なぜ好
きなのかな。。思うにその様式美に惹かれるのだと思います。。来るべきところにあるべき物
が収まる。。その予定調和から来る安心感、安らぎ・・・・親爺はそこにバロックにBACHに魅
力を感じているのだと思っています。。
そして、話は戻ってヘビイメタルのこと。。ヘビイメタルの何に惹かれるのか。。。結局ヘビ
イメタルもまさしくそれなんですよ。。予定調和・・・その様式美。。BACHと同じなんです。
。北欧のシンフォニックメタルの美しさ。。王道ブラックサバスの様式美。。イタリアのB級メ
タルのくささも、ジャーマンメタルの堅実さもほつれることのない調和の美しさに・・・安ら
ぐんですよねぇ~~
では、タイトルのヘビイメタルにハードロックの魂は宿るか。。

もちろん、ヘビイメタルはハードロックから派生した音楽であることは間違いないでしょう。
。ではハードロックのアイデンティティとは・・それは既成概念からの脱却、感性の放出、何
事にもとらわれない自由。。。
これって、ヘビイメタルの様式的美しさとは相容れないものですよね。。
HR/HMなんて言って、ヘビーロックとヘビイメタルを十把一絡げのような呼び方もあるけど、

ロックとメタルは別物なんじゃなんて思っちゃったわけです。
何でこんなことが頭に浮かんできたかと言うと、
いまさらながらなんだけど「聖飢魔II」が聴きたくなって、そう言えばルーク篁だったかデーモ
ン閣下だったかが「ヘビイメタルは死んだ」なんてことをいってたような気がしたから。。

ではでは、聖飢魔II借りにゲオかTSUTAYAに行ってきますわ。。。。。
実は、まともに聴いたことがないんですわ。。

見つけた・・・・
youtubeって便利やねぇ・・・

[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-30 20:54 | 音居間HM/HR | Comments(0)
サンビスタ、カルトーラの命日。。
彼をみていると、
親爺もまだまだひよっこだとおもう。


人生は風車
早すぎるよ
まだ人生も分かってないのに
出発の時刻が告げられている
自分の行き先さえろくに知らずに

どうか 気をつけて
君が決めたことは知ってはいるが
曲がり角のたびに人は落ちぶれる
今のままの君ではもういられない

愛しい人よ
どうか 気をつけて
人生は風車
君のささやかな夢すら砕いて
空想を粉ごなにしてしまう

気をつけるんだ 愛しい人よ
君はどの遺産からも
冷笑だけを相続することになる
君がどん底のふちにいると気付いた時
みずからの足で掘ったどん底のふちに。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-30 00:57 | 音居間Latin | Comments(0)
リンクさせてもらった。。
ドラケンが「むしゃんよか・・」(熊本弁です  要検索)
空飛ぶペーパークラフト
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-29 08:24 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_17443573.jpg

作りすぎた。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-28 17:45 | 雑談 | Comments(0)
数年前から緑内障を患っている。
放置すると失明しかねない。
今のところは、視野欠損もなく日常生活に大きな支障はない。
点眼薬によって眼圧をコントロールし症状の進行を抑えることが出来ているので、それほど心配はしていない。2~3ヶ月に一度検査に行っている眼科も先生がきちんと説明してくれるて信頼出来る様子。。


c0012819_16555136.jpg
主に使っているのはこの点眼薬。
この薬、副作用があって
使い続けるとまつげが伸びる。。
親爺のまつげも太く長く伸びてきて、
老眼鏡のレンズに当たるほど・・・
うちの奥さんは
「まつげが長くてよかねぇ~。」っと
うらやましがっているほど。

先日、その眼科に行ったら、
掲示板に、
「まつげを伸ばしたい方、相談ください。」
「いい、お薬あります。」
と、張り紙があった。。

多分、これのことだろう。。
ここの先生、
なかなかに算術家である。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-26 17:06 | ぶつぶつ戯言独り言 | Comments(2)
乾燥部屋で熟成させた、主翼と胴体の結合です。

--しばらく、更新の間が開いたのはパーツを熟成させていたわけじゃなくて、
--単に、親爺が怠けていただけです。。。
--メッチャ忙しいっちゃん。。もうどげえかなりそうぅぅx(T-T)

c0012819_17173620.jpg
Sylphの投影図をA3にプリントした物をパウチして台紙にしています。

c0012819_17195883.jpg
これに、胴体を貼り付け主翼を投影図にあわせて接着しています。。

c0012819_17245670.jpg
こんな感じ。主翼の接着部分だけは唯一セメCを使ってます。。
セメCが、ぜんぜん減らない・・・・

c0012819_17265822.jpg
carbon胴のsylphidは300スパンでだいたい、13g前後の仕上がりデスね。


c0012819_17281792.jpg
木製胴も同じ手順。。

c0012819_17305931.jpg
木製胴のsylphidはすぱん330mmでだいたい17g台。。
このsylphはちょっとちょっと重めですね。。多分バルサやヒノキの比重の関係だと思います。。



これで、完成。。。
後は、主翼の接着部分がしっかりくっつくのを待って、軽くサンディングして一丁上がり。。
最初に書きましたが、組み上がり後のラッカー塗装はしません。。
レーザープリンターで、印刷したのは、特に厳禁。。
ラッカー塗ったらたちまちのっぺらぼうになっちゃいます。。

最後に錘のこと。
今機首錘に使っているのは、
これ・・・
c0012819_17402814.jpg
古いレースのカーテンの裾についていた錘です。。
sylphid300で3~4個
sylphid330で6~7個ってところでしょうか。。
なかなか便利です。。

と言うところで、とりあえず。めでたし、めでたし。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-21 17:58 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(6)
c0012819_16241581.jpg
sylphの翼にいつも載せているこの言葉は、
ロバート・ブラウニングの詩、
《春の朝》の一節です。

The year's at the spring,
The day's at the morn;
Morning's at seven;
The hillside's dew pearled;
The lark's on the wing;
The snail's on the thorn;
God's in His heaven,
All's right with the world!

そう、あの上田敏のアレです。。

時は春、
日は朝、
朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

紙飛行機が空に舞う姿を眺めていると、
仕事のいらいらや、家族の問題、老化の悩み、老後の心配、お金がないこと。。
一瞬ですが、みんな忘れることが出来るんです。。
まさに--神天にしろ示し全て世はこともなし----至福です。。

ではでは、工作の続き。。
c0012819_16395218.jpg
アルミ板に磔にしていた翼を今度は上反角治具に貼り付けます。
上二ヶが330用の上反角治具、下のは300用です。。

c0012819_16431888.jpg
こうやって借り留めして、
補強パーツを貼り付け。

c0012819_16444133.jpg
もう一度治具にしっかり固定。。

c0012819_16453819.jpg
そして又

c0012819_16465497.jpg
例のボックスで眠りにつきます。。


c0012819_172695.jpg
今度は尾翼の工作。。
Sylphは双垂直尾翼なので

c0012819_1742895.jpg
垂直尾翼を折り立てて補強パーツを貼り付けておしまい。。
接着はスティック糊。。固まったら瞬間で固めます。。
瞬間って便利だよね。。何でNG何だろう。。
よくわかんないなぁ・・・・

では、では。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-17 19:13 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(0)
今日は、朝から仕事。。
社長が、プライベートな頼みがあると言ってきた。

カッティングシートで、中抜きのロゴを切って欲しいという。

会社で使っているクラフトロボは安物のせいかどうかは判らないけど、
トゥルータイプのフォントしか読み取れない。。

指定のロゴをイラレで描いてDXF変換して クラフトロボへ送る。。
読めない。どうしても読めない。。
いったん花子で開いて改めて花子からDXF変換してクラフトロボへ送る。。。

読めた。。  何でだろう・・・・・

で、
c0012819_1193883.jpg
これを、

c0012819_11105021.jpg
こうした。。

これで、自前の革ジャンにロゴをスプレーしたいのだと言う。

そう、
弊社の社長はCAROLのコピーバンド演ってます。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-17 11:17 | Job | Comments(1)
c0012819_15495163.jpg

《we were born to fly》
まるで、僕たちのための言葉。。

ほぼ、半世紀近くGERMAN/METAL界に君臨する、
我らが、スコーピオンズの曲のタイトルです。。


それでは
一日戯れ言であいてしまいましたが、工作の続きを・・・・

c0012819_16362837.jpg
carbon胴の次は木製胴の製作。
3×4mmの二段ボックス胴に幅を合わせるために張り重ねます。

c0012819_16254687.jpg
二段ボックス胴・・・・・って言うと
凄い工作のようだけど、
ご存じの通り簡単な物です。
これを前述の機首パーツに接着。
狂いが出ないようにアルミ板の上で、
高粘度瞬間接着剤で点付けします。

c0012819_16413845.jpg
carbon胴と同じ要領で翼台を接着。

c0012819_16425546.jpg
carbon胴と木製胴。
こんな感じです。


c0012819_16442057.jpg
L型アングルからはずして、
表面をサンディングした二段ボックス胴用の部材です。
L=450mm。
これを半分に切断して使っています。

c0012819_16472372.jpg
こんな感じ。。
今回はなかなか出来がいいようです。。
ひょっとしたら全部使えるかも。。

c0012819_16492774.jpg
こうやって保存。。

以上、胴体の製作でした。。  ふっ・・・・・。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-16 17:40 | 紙飛行機図面作り方 | Comments(0)

まぁ、今日は特に胴でもいい話ですが・・・・
最近、あまりジャズを聴かなくなりました。

旧来の友に「思うところあって あまりジャズを聴かなくなった」と言ったら、
何で聴かなくなったのかと聞かれた。。
それはねと答えようとしたら・・・・・

え~~~っと、何でだろう?????
昔はよく聴いていました。
そのことはこの駅風呂にも何度か書いたので割愛しますが、
何で聴かなくなったんでしょうね。。
別にJAZZ自体が嫌いになったんじゃないです。。
思うに親爺が天の邪鬼なんですね。。
ズージャって昔はアングラだった気がするんです。。
偏屈な親爺がこっそり聴いているような。。
それがなんだか、おしゃれでかっこいいジャンルになってきて。。
若いおねぇちゃんなんかも聴いてて、ラーメン屋やうどん屋でもBGMで流れていて、
「私、JAZZ好きなんですよぉ~~」って方と話をすると、親爺の嫌いなスタンゲッ□や、キース・□レットとかの名前ばかり出てくるし。。。
スムース・ジャズってのがはやりだしたのもきっかけのような気がする。。あれ、嫌いなんです。。昔このblogに書いたけど、ひたすら耳に優しいだけの音楽ってだめなんですね。。
LATINが好きなんですが、LATIN特にボサノバがジャズにいいように利用されたことも引っかかるし。。□□・ゲッツが嫌いなのはそこのことです。。
親爺の大好きなトム・ジョビンが1994年、ヴァーヴ50周年記念コンサートで、ジャズに受けた影響をジャズの恩恵について何度も語らせようとしますが、ジョビンはそれを頑なに拒んだそうです。トム・ジョビンはJAZZ大好きなはずなんです。。それでもJAZZの優位性を押しつけられると思うところがあったんでしょうね。。
過去記事参照『ジャズはよく知らない。私は私の音楽をやって来ただけです。』
JAZZ嫌いじゃないんですよ。。
ただ、あんまり誰でも聴いている音楽になっちゃったので捻くれた親爺は、だだをこねているだけなんでしょうね。。

なんだか、わけわかんない話になっちゃいましたが・・・
そういうことです・・・・あきちゃん。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-11-15 18:27 | ぶつぶつ戯言独り言 | Comments(2)