ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

先日のQオープンの際、ハンドランチを大分まで嫁がせました。
よって、久しぶりに格納庫からsylphidが消えました。。
また、シコシコ製作開始。
まずは、木製胴から。。



c0012819_1019441.jpgいつものアレです。
これを貼り合わせて、

c0012819_10204426.jpgL型アングルで挟み込んで曲りを修整しながら養生。。

c0012819_10231511.jpg
こんな断面になります。
完全にまっすぐな部材がなかなかないので、曲りを修整しても1割強はロスが出ますね。。
さてさて、今回はどんな仕上がりでしょうか・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-31 22:21 | 飛行機のこと | Comments(2)
十六夜のお月様がきれいだったので、パチリ。。。
c0012819_952395.jpg

手持ちなんで、
こんな物でしょうか。。。。

PENTAX-K-7
絞り値 f/4.5
露出時間 1/4000秒
ISO    ISO-1600
焦点距離 210mm
レンズ  SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

最近、写真撮ってませんねぇ~~~。。
なんだか、意欲がわかない。。。
いかんねぇ^^
カメラに怒られちゃいます。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-31 06:35 | 撮ったよ | Comments(0)
c0012819_8494990.jpg

昨日、ケータイから投稿していましたが、朝7:30の筑後広域公園の様子。。
芝はびしょびしょ、ごらんのように各所水たまり状態。。
但し、天候は曇天風は静穏。。
バルサ機には、なかなかの好条件。。
c0012819_8553413.jpg
当然、一番乗り。。
皆さんが集まってくるまで、独占させていただきました・・・ヘヘヘヘ
写真はここまで・・・・後はありません  ヘヘヘ
競技はと言うと、まぁあんな物でしょう・・・・
バルサ機が普及してくれたらうれしいなと思って、二機景品に進呈したのですが、正直言ってちょっと失敗したなぁと感じています。ハンドランチ上位の方の景品だったのですが、SAL機はともかく、野球投げ機は誰でも飛ばせるように初心者向けの設定にしてた。これはハンド上級者の人にはかえって飛ばしにくかったでしょう。。M寺さあん、ご免なさいね。ちょっと好みではないでしょうが遊んでやってください。尾翼をかえるといいかもしれません。
紙飛行機のハンドランチは大分から来てた学生さん達にあげちゃいました。。
やっぱ、若い子はハンドランチですよ。。ハハハh。
ガンガン飛ばして、ぶっ壊して下さい・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-29 06:16 | 飛行機のこと | Comments(6)
c0012819_7453737.jpg

なう
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-28 07:45 | Comments(0)
10月21日日記の続き・・・

B級グルメ行ってきました。。。。。

疲れたぁぁぁぁぁ・・・
人混みは苦手です。。。
二日間で61万人ですって

まっすぐに立ち上る煙突の水蒸気がね・・・・・ぇ
飛行機日和だなって思っていました。。
c0012819_10161171.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-23 19:00 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)
10月21日早朝
ちょっと出遅れたけど、政庁跡地に行ってきた。
c0012819_107630.jpg
写真には誰も映っていませんが、朝6:30頃の政庁跡地は大勢の人たち(おじいちゃん・おばあちゃん中心に)がラジオ体操をしています。その人数約30名ほど。
この方々が帰られるまでは、飛ばしづらいですね。

今日のLINEUP。

c0012819_1062114.jpg

まずは、取り付け角を0.5°増やした機体親爺のプアな肩エンジンでも何とか返せるようになった 
・・・と思う。

Before After其の壱の
SAL投げコンバート機。昨日も書いたように、バルサ機始めた頃に作った主翼なので、翼型がいまいち・・・・
ただただ、薄いだけの主翼。うまく返るとそれなりに飛ぶんだけど・・・いまいちだなぁ。。

Before After其の弐の
錘落下式サル機。。
そこそこに飛んでくれます。 面白いです・・・

Before After其の三の
尾翼変更機。。。。
やっぱり、親爺はこっちの方が飛ばしやすいなぁ。。。
楽しい、ふわふわと良く飛んでくれます。

スパン700mmのサル機は、調整中に翼台部分が小破。。。
次回持ち越しです。。。

Bサイズから、スパン500mm位までのバルサ機はほぼ飛ばして遊べるぐらいにはなりました。
全部で10機位。。
来週日曜日には 筑後に持って行って朝飛ばそうと思っています。
これって、九州オープン用の紙飛行機より数が多い・・・・
最近、なんだか紙よりバルサよりだなぁ・・・・・
c0012819_1074557.jpg


早朝練習は、さっさと引き上げて
今日は一日家族サービスです・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-22 22:08 | 飛行機のこと | Comments(0)
其の壱
c0012819_8244086.jpg

c0012819_8254243.jpg

この主翼はバルサ機を始めた頃に削った物。もう何度も使い回しています。
野球投げ仕様にしていた物をSALにコンバート。。



其の弐
c0012819_8263268.jpg

c0012819_827685.jpg

久しぶりに作った錘落下式(主翼直付け)。
主翼の固定が甘くて外れてしまったのと、取り付け角が気持ち足りなかったので主翼前縁に厚さ0.5mm程度の楔を打って再取付。。



其の三3
c0012819_8275554.jpg

c0012819_8285077.jpg

これは、やまめ機です。
小さめのY尾翼を配置した野球投げ機。。なかなかにハイスペックな機体のようなのですが、その分調整がピンポイントで上級者向け????。
飛ばし慣れた尾翼配置に変更しました。。


そしてその結果は。。。。。又後で・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-22 18:39 | 飛行機のこと | Comments(0)
今日は、良い天気でしたね。。。
親爺はと、言うと
早朝、一時間ほど都府楼でバルサ機の調整に行ってきましたが、
後は一日家族サービス。。
つっ、疲・れ・た・ぁ・・・
まぁ、その件は後で報告させてもらうとして・・・・・
今日は「オリオン座流星群」の日でしたよね。。
ベランダから宙を眺めてみたけど、狭いマンションの隙間から見える宙では思うように観測できません。。
お月様も半月のくせにやたら煌煌と光っているし・・・・・

で、まぁ久しぶりにお月様を写真に撮ってみた。。。
相変わらずいい加減な写真ですけどね・・・・

月。
僕がお月様を見ていると
お月様も僕を見ている

お月様
僕をお守りください
お月様
みんなをお守りください

そして、
お月様
来週の日曜日も
今日と同じように
飛行機日和にしてください・・・・・・
c0012819_21593140.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-21 21:59 | 撮ったよ | Comments(0)
「こいつはな
たった一艇だけ作られたんだが
危なくて飛べねえってんで…
倉庫で埃をかぶってたのさ

やっぱり
こんな過激なセッティングで
よく水から離れられるわね

難しいのは離着水の時だけさ
スピードにのれば粘りのある翼だ
翼の取付角を
図面より0.5度 増やしてくれ
あとはこのまま すすめていい」

そう言って、ポルコはフィオに愛機を託しました。

そして、親爺はこれの取り付け角を0.5度増やしました。
c0012819_936498.jpg
この、高性能機は、
親爺の非力な肩エンジンでは、上昇の頂点で返る前に失速してしまうんです。
いくらかループ気味に廻して乗せちゃおうという魂胆・・・・
親爺のいつもの返し方です・・・・

c0012819_940263.jpg
何というか、もっとしなやかなパワーが欲しいなぁ・・・・



明日、早朝時間がとれたら都府楼でテストしたいと思います。。
他にも5機ほど要調整機があるんでね。。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-20 09:40 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_18182476.jpg
相変わらず太陽は汗をかくほどの日差しを注いでいますが、
肌に触れる空気はひんやりと涼しさを感じさせる季節です。
やっと、秋かなぁって感じですね。

今日は旧暦九月四日です。
この季節になるといつもこの歌を思い出す・・
そして、この歌を取り上げるのはもう5回目。
毎年、毎年ワンパターンですねぇ。好きなんですよ。この歌も・・・・



万葉集10巻 秋相聞 五首 柿本人麻呂より
第2240番歌。
たそかれと我を名問ひそ長月の露にぬれつゝきみまつわれを
誰彼我莫問九月露沾乍君待吾

*誰彼(たそかれ)、あれは誰か。
 
 夕暮を「たそかれ時」(黄昏時)と呼ぶ所以です。。
「黄昏時」普段何気なく使っているこの言葉は人麻呂のこの歌が出自です。

---あの人が訪ねてくるその日。待ちきれずにおもてにたつ。
秋の夜露に足元が湿る夕暮れ時、人影が見えてくる。誰だろう?あの人かも---

あの人と過ごせる夜に胸を躍らせ夕暮れ時に人影を待つ。
そんな待ち遠しい時が誰彼時(たそがれ時)。。。

夕焼けが黄金色に空を染める時(黄昏時)も美しいですが、
私は誰彼時(たそがれどき)に心惹かれます。

秋は、人恋しさも一入でしょうか。。。
五十路を越えた親父には似合わないかもですが、
心だけでもいつまでも枯れずに痛いものです。。。。

黄金色に輝く澄み渡った空。。
夕暮れが美しい季節になります。。

写真は、四年前太宰府政庁跡地で撮った写真の使い回しです。。
この頃は、毎週のように日が暮れるまでここで飛行機を飛ばしていたような気がします。。
最近は、飛行機を飛ばしたいという情熱は衰えていないのですが・・・
いかんせん、なかなか思うように時間がとれませんね。。

まぁ、そのうち・・・・そのうち
[PR]
by sylphid-mave | 2012-10-18 18:19 | 柿本人麻呂 | Comments(2)