ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2010年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100」
第9章 
日本人がしびれたラテン音楽の名曲名演10-キューバ-
⑩-Without you(Tres palabras)-
 原題のTres palabrasは三つの言葉という意味。三つの言葉とはなにかというと歌詞の中にも出てくる「!Cómo me gustas!」(どんなにあなたを好きなことか!)って言う意味。おぼえておきましょうね。。コモ メ グスタス。。あなたにホの字・・・・・・


Bolero♫Tres palabras♫Nat King Cole♫


竹村さんお勧めのオマーラ・ポルトゥオンド
Omara Portuondo - Tres Palabras


ボレーロを歌わせたらこの人でしょう。
少々くどいきもするけど、あっちの人はこのくらいでちょうどいいのかな。。
ハビエル ソリス

[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-30 20:34 | 音居間Latin | Comments(0)
30番目は
Suzi Quatro
初期のスージーは良かったねぇ。。
娘がライブでキャン・ザ・キャンを演りたかったけどメンバーの同意が得られずにスモーク・オン・ザ・ウオーターになってしまったなんてことがあった。親父としてはこっちの方が良かったなぁの、17曲

Suzi Quatro - Can the Can - "The First Clip Ever"

ところで 『It's only Rock'nRoll Vol 2』ってナンのこと?????
関連元記事参照
[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-29 13:04 | 音居間HM/HR | Comments(2)
「ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100」
第9章 
日本人がしびれたラテン音楽の名曲名演10-アルゼンチン-
⑨-Aquellos ojos grises-

ウニャ・ラモス(ケーナ)で紹介したかったのですが例によってyoutubeでは紹介したい演奏は見つかりませんでした。有るにはあったのだけど、雑音が多くて。。

演奏者が良くわかりません、音質もあまりよくありませんがケーナの演奏でお聴きください


加藤登紀子や
長谷川清は
youtubeに沢山あるので自分で聞いてね。。
以前、youtubeでの長谷川清と椎名林檎の「灰色の瞳」を紹介したのですが、リンク切れになっていました。素敵な演奏だったのですが。
[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-28 06:13 | 音居間Latin | Comments(0)
件の、先尾翼+ガルウイング+前進翼機の三面図を
ちゃっちゃっちゃ~~と描いてみました。。
いつものように全て右脳による作図です。。理科学的検証は全くされていません。というかできません。。(?_?)。
c0012819_13324294.jpg


[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-25 05:22 | 飛行機のこと | Comments(0)
ここ数日、新たな妄想に取り憑かれている。
先尾翼…
ガルウイング…
前進翼…
の、融合・三位一体。
頭の中をもやもやとしたイメージの飛行機がとびまわって仕事の邪魔をします。
どうしたもんでしょうかね!!
もう、対処療法しかありませんね。
作ってみましょうかね。
形になるまでは、
この妄想は、収まりそうにありませんので〓
[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-24 14:37 | Comments(0)
「ハンドランチ、400機作って一人前」だそうです。
晴れて一人前のハンドランチャーになれた、
とは、とても思えませんが。・・・・
足掛け10年、しこしこと作り続けてきたハンドランチが400機になりました。
とはいっても、設計製作途中で頓挫して完成しなかったり、逆に同じ製作番号の機体を何機も作ったりもしていたのであまり正確ではありませんが、まぁだいたい四百機目位ということで。。。
十年位前まではホワイトウイングスなどを時々飛ばして遊んでいた程度だったのが、
紙飛行機の自作を始めたのは、我が家にパソコンがやってきた2000年の冬の事だった。
紙飛行機の達人の方々の飛行機をダウンロードして飛ばしている内に見よう見まねで自作を始めて、当時の写真を見ると無知と思いこみとへそ曲がりが凝結したような飛行機ばっかりだった。まぁ、へそ曲がりなのは今でも変わりませんが、いや歳取った分なおいっそう頑固なへそ曲がりになっているような気もする。
今のsylphidは2004年頃、当時飛ばしていた双胴機用にとpipoさんからいただいたJ297wingがオリジナルです。飛ばない双胴機に頑なに拘って、ああでもないこうでもないと試行錯誤を繰り返していた頃でした。そういえば当時作っていた紙飛行機はオールペーパーでしたね。胴体ももちろん紙。積層、ボックス胴、三角胴、丸胴と紙に拘って試したものでした。今では信じられないけど。。。。2006年頃からは外観はほとんど変わっていません。。細かい修整はちょこちょこありましたが、進歩していませんね。
製作番号#400のsylphのデザインは2004年頃の復刻版にしてみました。
多分仕込みは来週、格納庫入りは6月でしょうね。
c0012819_22384186.jpg


こんなんで良かったら図面お譲りします。detaはイラレ形式ai(eps)です。ご希望があればpdfでも。。但しaiの方が図面がきれいだなぁ。。。CS4、、、、欲しいなぁ。。
PIPOさんのJ297wingはこれ。
「双胴機用に開発中の翼でちょっと遊んでみました。。。」
と、コメント付でいただいた翼は・・・・な、なんと逆GULLWINGでした。
c0012819_22391716.jpg


[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-20 20:06 | 飛行機のこと | Comments(2)
「ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100」
第9章 
日本人がしびれたラテン音楽の名曲名演10-メキシコ-
 ⑧-El reloj-
 小生も大好きな曲、もう心の底からしびれちゃいますね。
 いわゆる、日本のムード歌謡にも似た曲、日本人受けするのもよくわかります。この曲はベタ甘のボレーロで聴くのが正当でしょう。。
まずはスーパースター、ルイス・ミゲルで
"El Reloj" -Luis Miguel

癖のある歌い方ですが、それが味わいのあるホセ・ホセで。
José José- El Reloj


お仕舞いは正当派ボレーロ????
El Reloj - Lucho Gatica


日本ではグラシェラ・スサーナの演唱でおなじみでしたね、聴いてみたい方はyoutubeで検索してみてください。スサーナは日本では一時期人気が出ましたが、ラテンアメリカ諸国ではそれほどでもなかったようです。youtubeでも検索にかかるのは日本で歌った曲ばかりです。ラテンブームに乗っけられて連れてこられてルックスの良さも相まって流行はしたけど、人気が落ち目になったらさよならされちゃった、不運な方のように思えます。
[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-20 06:14 | 音居間Latin | Comments(0)
オズボーンよりデュオ派でした。
ありがとう。。

[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-19 07:35 | Comments(0)
「ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100」
第9章 
日本人がしびれたラテン音楽の名曲名演10-キューバ-
⑦-Quizás,quizás,quizás-
 この曲を初めて耳にしたのはいつだろう??ひょっとすると中学生にもなっていなかった頃かもしれない。 日本人だけではなく間違いなく、世界中で愛されている名曲です。

まずは竹村さんもお勧めのナット・キング・コールで
Quizás Quizás Quizás - Nat King Cole


オマーラ ポルトォウンド とイブライムのデュオで
Omara Portuondo & Ibrahim Ferrer
Omara Portuondo - Quizas, Quizas, Quizas - Heineken Concerts 1999

これは前に紹介した事がありますね。
オマーラ ポルトォウンド とイブライムのデュオをもう一度。しっとりピアノ伴奏で
Quizas Quizas Quizas-Ibrahim Ferrer & Omara Portuondo


ロス・パンチョス、定番です。

[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-19 07:34 | 音居間Latin | Comments(0)
「B3発進。。」

我が家のテレビがやっと地デジ対応になりました。
ぎりぎりまで引っ張るつもりだったのですが、11年間使ったテレビが沈黙してしまいまして。。。
で、一昨日の土曜日の事。
半日ほど一人で留守番だったので、
雪風のDVDを引っ張り出して、5巻通しで見た。
画面が大きいと迫力が違いますね。
と、言うことで「B3、発進」だったわけです。


c0012819_1828567.jpg

紙飛行機のsylphは#399の仕込みにかかりました。
イラストは最近読み返している「陰陽師」の表紙絵から。
この#399も木製胴に乗せます。
紙飛行機の自作を始めて足掛け10年、ハンドランチが次で400号機となります。
ゴムカタパルト機が300機に達していないのでいかにハンドランチに偏重しているかが判りますね。#400は当然カーボン胴に乗せます。。どんなデザインにしようかな。。。
[PR]
by sylphid-mave | 2010-05-17 18:26 | 飛行機のこと | Comments(4)