ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

c0012819_7195055.jpg今昔物語集なるものを読んでいます。
古典は取っつきにくいけど、この本は読み下し文と原文が合わせて載せてある上、原文にはふりがなまで振ってあるので優しく読めます。
読み下し文を読んで、興味が湧いた話しだけ続く原文で読むと言う読み方も出来るかな。
昨日読んだのは、『竜王、天狗に捕われること』讃岐の国の満濃池のお話でした。
満濃池というと、そう、「とべとべ紙飛行記」シマしまさんのホームグランドですね。
竜王のお住まいになる池だそうです。
今昔物語集は平安の頃、神や仏鬼や魑魅魍魎の類が 人々と共に暮らしていた頃の説話集。
芥川龍之介や夢枕獏のワンダーワールドが広がっています。
弘法大師空海が仲違いした僧を呪い殺すと言う意外な話。
飛行中に女のふくらはぎに欲情して墜落してしまった久米仙人の話。
若い僧侶を口説いたが約束を破られ激怒、死して大蛇と化し僧が身を潜めた道成寺の鐘に巻き付いて焼き殺した話、「安珍・清姫」の源流に当たる話。
后に憑いた天狗を調伏した僧がその后に恋慕し鬼に転生し本懐を遂げる話(天皇の前で后と淫らなことをやっちゃう話です)
後、清少納言の夫、橘則光の武勇伝。
安倍晴明のの超人的呪力の話。
紫式部の父親の就職活動。
などなど、楽しい話満載。。
機会があったら、お勧めです。
c0012819_7203581.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-31 07:14 | 乱読・積ん読 | Comments(0)

小野リサ、47歳おめでとう。。
Quién Será 名曲です。
おたのしみくださいね。
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-29 07:29 | 音居間Latin | Comments(0)
数年前から建設現場では熱中症対策用に塩飴や塩タブレットなどが普及してきています。
以前は、塩辛いばっかりでお世辞にも美味しいとは言えない代物だったのですが、
最近は、疲れをとるためのカロリーやビタミン類も補給できるものもあって味もまあまあです。
水分補給をしながら口に放り込んで塩分補給です。。
食べやすくなったので、逆に食べ過ぎて塩分とり過ぎにならないように注意しないと・・・
c0012819_18531186.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-28 19:46 | Job | Comments(0)


詠ちゃんも61歳になりました。
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-28 07:17 | 音居間日本 | Comments(0)
JJおじさん、植草 甚一風に・・・・
ハンドランチしていないので、最近ストレスがたまり気味。。
どっかで抜かないと体によくありませんね。
sylphidのデザインを変えてみようとイロイロいじっています。
復活を願ってフェニックス風なんてどうかなと。。。。。。。
c0012819_19132979.jpg
当然ですが、私のオリジナルデザインじゃないですよ。。
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-25 19:14 | 飛行機のこと | Comments(0)
万葉集をつらつらめくっていたら、
こんな歌がありました。
高橋虫麻呂の歌。
これって元は浦島伝説だよね。

水之江の浦の島子を詠む一首
1740 春の日の霞めル時に 住吉(すみのえ)の 岸に出で居て 釣り舟の とをらふを見れば いにしへの ことぞ思ほゆる 水之江の 浦の島子が 鰹釣り 鯛釣りほこり 七日まで 家にも来ずて 海さかを 過ぎて漕ぎゆくに 海神の 神のおみなに たまさかに い漕ぎ向ひ 相とぶらひ 言成りしかば かき結び 常世にに至り 海神の 神の宮の 内のへの 妙なる殿に たづさはり ふたり入り居て 老いもせず 死にもせずして 長き世に 有りけるものを 世の中の 愚か人の 我妹子に 告りて語らく しましくは 家に帰りて 父母に 事も告らひ 明日のごと 我は来なむと 言ひければ 妹が言へらく 常世辺に 又帰り来て 今のごと 逢はむとならば この櫛笥 開くなゆめと そこらくに 堅めし言を 住吉に 帰り来たりて 家見れど 家も見かねて 里見れど 里も見かねて あやしみと そこに思はく 家ゆ出でて 三年の間に 垣もなく 家失せめやと この箱を 開て見れば もとのごと 家はあらむと 玉櫛笥 少し開くに 白雲の 箱より出でて 常世辺に たなびきぬれば 立ち走り 叫び袖振り 臥いまろび 足ずりしつつ たちまちに 心けうせぬ 若くありし 肌も皺みぬ 黒くありし 髪も白けぬ ゆなゆなは 息さへ絶えて 後つひに 命死にける 水之江の 浦の島子が 家ところ見ゆ

浦島伝説は雄略略記二十二年(478)に秋七月に、丹波の国余社郡の管川の人、端江浦嶋子、舟に乗り手釣りす。遂に大亀を得たり。たちまちに女となる。是に、浦嶋子、たけりて婦にす。相したがいて海に入る。蓬莱山に至りて、ひじりをめぐりみる。・・・・・・・・とあります。
季節は七月のお話のようですね。。但し秋七月ですけど。。

自分だったら美女に出会えて病まず老けず酒池肉林出来るなら、帰りたいなんて思わないかもな~~なんて。。

つらつらめくっている万葉集は伊藤博「万葉集釈注」です。
時々図書館から借りてきてめくったり枕にしたりしています。
分厚くて難しそうな本ですが、私でも斜め読み位なら出来ます。
どっかで見かけたら手に取ってみたらお勧めです。

詠水江浦嶋子一首(原文はこっち)
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-24 06:05 | 万葉のこと | Comments(0)
今日は、娘の三者面談の日でした。
仕事を抜けて行ってきました。
現在の娘の成績状況、これからの課題、等話していました。
と言うより話しを聞いてきました。
僕らの時とは入試のシステム自体も変わってきていますし、
経験からアドバイス出来ることはあんまりないですもんね。

直近の模試の結果も出て、志望校の判定もわかりました。
今までは伏せ字で書いていましたが、
今回は敢えて学校名を出して書きたいと思います。
このまま8ヶ月後第一志望の学部に合格して欲しいので。。

1,九州大学 芸術工学部画像設計科 B
2,九州大学 芸術工学部音響設計科 C
3,京都大学 文学部 C
4,千葉工大 工学部デザイン科    B

京大だけ文学部なのは、本人哲学にも興味があって入れてみたようです。
担任の国語教師は「彼女の緻密な思考形態は哲学向きだ。」などと言っていました。
ただ、うちの娘は研究職にはつきたくないようなので、進路としては選択の範囲外のようです。

実を言うと去年(2年生)の夏の模試の時の判定は
(あのときは伏せ字でこのブログに書いたような記憶がありますが)
九州大学 芸術工学部画像設計科 A
九州大学 芸術工学部音響設計科 A
京都大学 文学部 B
東京大学 文1類         C
でした。このまま行けば楽勝ジャン。東大に行きたいなんて言い出したらどうしようか??なんてトラタヌ言っていたのですが、やっぱり現実はそう甘くないようです。。
元々学力のある子達が本気で勉強始めてきてますからね。

なんとか、第1希望の 九州大学 芸術工学部画像設計科にすんなり合格して欲しいものですね。。
なんて言ったって家からチャリキで通学できますし・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-22 21:07 | お子たちの事 | Comments(0)
毎年、毎年おんなじこと言っていますが、
カルロス・サンタナの誕生日だよ。。
毎日暑いしやっぱ夏はラテンだね。。。
南米諸国はいま冬だけど。。

[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-20 01:04 | 音居間HM/HR | Comments(0)
娘に続いて中二の息子もギターを始めたことは書きましたよね。
普段はアニソンばかり弾いているようだったのですが、
先日、Smoke On The Water を弾いていました。
Highway starにも興味があるようです。
Deep purpleって今も昔ギター小僧たちのバイブル何でしょうかね。

そろそろ音楽の教科書にものったりして・・・・ハハ

[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-18 08:33 | お子たちの事 | Comments(0)
最近、滅茶ハードでヘビーな日々が続いています。
時間が足りない。

今日は長谷川きよしの誕生日。。おめでとう。


[PR]
by sylphid-mave | 2009-07-13 23:45 | 音居間日本 | Comments(0)