ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0012819_1262337.jpgみんなとってもよく飛んでくれました。。
が、
墜落させたり、スパイラルで落としてしまったりして
壊してしまいました。。
きちんと、作って、
きちんと、飛ばせれば、
落として壊してしまうことも少なくいなるんでしょうけどね。。
落としても壊れないようにする事は
出来るけど、重くなっちゃうしね。
まだまだ、修行途中です。

今日の朝練は疲れました。。
少々眠いです。。
夏ばてかなぁ。。。
昼間は何処にも行かないで工作します。。
休養休養。。・・・・あっ、違う。
今日はhydeのコンサートらしい。
娘の送り迎えが待っている~~~~~。。
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-31 12:06 | 飛行機のこと | Comments(2)
駅風呂でも you-tubeに直接リンクが貼れるようになったようです。。
良いことです。

天邪鬼でマニアックな曲をびしバシ貼っちゃおうかな。。
でも、まずはオーソドックスに
c0012819_15461757.jpg
「アメリカに搾取されなければ世界一印税を稼いでいたであろう、、大好きなトム・ジョビン」
のこの演唱から。。
《Antonio carlos Jobim & friends》より

1993年9月、トム・ジョビン大好きジャズメン達がアメリカからブラジルにやってきて、
ブラジルの仲間とジョビンのトリビュートライブをやりました。
最後にはジョビンも参加したこのライブのアンコールの曲がこれだ!!!!!



Gal Costaの歌うjobimの歌が大好きです。。
ボサノバ通の方からは怒られそうですが、
joaoやその元奥さんのような(昼寝をしている猫の額の蚤につぶやきかけるような・・)
あの歌い方がどうにも好きになれないのです。
joaoのギターは好きですけど。。。。。ってこの話、もう何度もしましたよね。。

このライブは賛否両論色々あるようですが、
結局、jobimは色々不遇な扱われ方をされたとはいえ、
ボサノバとジャズが好きだったんだろうと思います。
そして、ボサノバをジャズに利用しただけのジャズマンではなく、
本当にjobimが好きなjazzマンがここに集まってくれたのだろうと思いたいです。

だとしたら、このライブがジョビン最後のブラジルでのライブとなったことも、
jobimにとっては幸せだったのではないでしょうか

   Obrigado tom jobim
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-30 22:46 | 音居間Latin | Comments(0)
c0012819_19233572.jpg
件の、スパン500(正確には525mm)SAL機を図面にしてみました。
例によってIllustratorで書いてるので適当です。。
CADのように正確な寸法線も入れられません。。
まぁ、こんな感じというイメージで。。。。

翼厚は8mmのバルサから削りだしています。
600×80のバルサで今の機体は比重0.095。。
なかなか、軽いでしょ。。
このバルサを強アンダーキャンバーで仕上げているつもりなのですが、
毎回、これ以上削ったら割れてしまうと思うまで削って断面をカットしてみてみると、
滅茶、ぶ厚いとです。。まだまだ贅肉だらけ。。
この辺が今後の課題ですね。。
何機も作っていけばそのうち贅肉のないスリムな主翼ができるでしょう。。

このサイズでも、大宰府政庁跡地ではちょっと大きめですね。。
良く飛んでくれて楽しいのですが
人がいるとちょっと気になります。
もう少し旋回半径の狭い400mm程度が適当かなと感じますね。。
c0012819_19243381.jpg
c0012819_1925496.jpg
c0012819_192527100.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-27 19:25 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_2315572.jpg

日曜日、いつものように早朝フライトに出かけるつもりだったのですが、
朝から娘を部活に送らなければいけなくなったので、
午後からの出になってしまいました。
都府楼に三々五々訪れる人々の合間をみながら、例のスパン500mmSAL機の尾翼をチョキチョキ切り落としながら飛ばしました。
結果、ひと回り以上小さく出来ました。機首ウエイトも若干ですが減らすことが出来ました。
もう少し小さく出来そうでしたが、だんだん旋回半径が拡がってきたので取敢えずここまで。
この飛行機はスタビティルトを抑え気味だったので、現在製作中の機体はもう少し強めにスタビティルトをあてて様子を見ようとおもいます。
で、
上昇・返り・旋回滑空姿勢は・・・・・ウ~~~~ンンン。

文句なしです。。。天晴れなフライト。。
強いて言うならもっと軽くして沈下率を向上させたいというところでしょうか。。
夕暮れの都府楼の空を2周3周と回ってくれました。
とても気分のいい夕暮れでした。。

そのいい気分のまま、
ダッシュで家に帰って、
烏の行水のようにシャワーを浴びて、
流星号のように愛車を飛ばして、
娘の部活の会場に行きました。
娘の出演予定時間の20分前にはついたのですが、
思いのほか進行が早く、娘の出番は終わってしまってた。
残念。・・・・
娘の部活ですが、ギター弾いてます。「ギターアンサンブル部」です。
「ギターアンサンブル部」とは言っても内情はバンド部。
今日の部活と言うのも薬院のライブハウスでのライブでした。
又今度、見に行ってやりましょう。。

早めに終わったので、せっかく薬院に来たので久しぶりに
「餃子 李(リー)」に中華を喰いに行った。
何度きてもここは異国情緒たっぷりの店です。
店内ではまともな日本語はほとんど聞こえません。
たどたどしくオーダーを取ったおねえちゃんが厨房に入ると、
いきなり中国語の威勢のいい声でオーダーを飛ばします。。
メニューには間違わないように番号を振ってあるのですが70数番まであります。
何を喰っても旨いし安いです。
ただ、日本人向けの味ではないかも。。
久しぶりにたらふく喰いました。

親方ぁ、モツ鍋もいいけどここの中華もお勧めでっせ。。

明日から又、夜なべしてハンドランチの製作です。。
楽しい日々です。。。

今日も、都府楼での写真なしです。。
上の写真は去年の在庫から。。前回の写真と同じく福岡空港脇から。。
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-25 23:16 | 飛行機のこと | Comments(2)
c0012819_0141151.jpg
最近の早朝フライトはBachを聴きながら飛ばすのがマイ・ブームになっています。
先日もブログに書いたけれど、青く澄んだ空に朝日を浴びながら静かに舞うハンドランチの姿と
静謐なBachの音は違和感なく融合していきます。。
休眠中のどぶログに「人生の何分の1かをバッハを聴くことに費やしても惜しくはない」って書いたことがありましたが、ほんとにそう思います。
そして、後の数分の一は飛行機を飛ばせたら最高です。
 
先週は久しぶりに午後から夕方にかけて飛ばしに行くことができました。
いつものメンバーが大勢飛ばしに来ていてみんなでワイワイ言いながら飛ばしました。
早朝、大宰府政庁跡地を独占してハンドランチを飛ばすのもとても気持ちがいいのですが、
やっぱり、仲間と一緒に遊んだほうが10倍は楽しいですね。。

今週末も早朝出かけたいと思っています。
最近、SAL機の尾翼の大きさがどうも気になっていて、
大きすぎるように感じるんですよね。(垂直・水平共に)
飛ばしながら削り込んでいって適切な大きさを探りたいと思います。
後ろを軽く出来れば機首のウエイトも落として、全体に軽く仕上げられるのでは・・・
と、思っています。。
勿論、フライトのお供はBachです。
その中で最近の最もお気に入りはマタイ受難曲。。
39番のアリアと40番のコラールを聴くと心は桃源郷の彼方へ飛んでいくよう。。
ヘロちゃんのコーク割より幸せになれますね。。(判るかなぁぁぁぁぁぁぁxこの意味・・・・)

では、よかったら聴いてください。
Bach - Matthaeus Passion - 39-40これほど心に沁みるイントロは聴いたことがありません。。


上の写真は2006年のちょうど今日福岡空港付近で撮った、YS-11最後の就航の頃の写真です。
機体には「ありがとう日本の翼 YS-11」と書かれていました。
勿論、本文とは無関係。
まぁ、客寄せの看板写真のようなものです。
あしからずヘヘヘ。
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-23 00:18 | 飛行機のこと | Comments(0)
早朝から、・・・・もとい
夜明け前から飛ばしてきました。。
c0012819_1150319.jpg写真が現在手持ちの全ての機体。。
紙飛行機が3機しかない。バルサハンドランチが6機。逆転です。。
最近早朝しか飛ばせないので紙がなかなか飛ばせません。
今日も結局バルサ機しか飛ばさなかった。
そんなこんなで紙飛行機の製作が進んでないんです。
ばるさ機なかなか飛んでくれますよ。
ただ、すべての機体に言えることは、ピッチの調整に問題があるということ。
原因は前々から気なっている主翼の取り付け角が適切で無いと言うこと。。
でも、だんだん決まってきているように思えるのですが・・・


今日の本命はこれ。
スパン500のSAL機。
上反角を大きめにとってパイロンを立てずに直接カーボン胴に取り付けてみた。。
なかなかグ~~~~でしたよ。。

c0012819_126356.jpg


c0012819_1264643.jpg


c0012819_127921.jpg


11年間付き合ってくれたこの車ともあと2週間ほどでお別れとなりました。

c0012819_129785.jpg
そんなことより眠かぁぁぁぁぁぁx~~~

[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-15 12:10 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_1914253.jpg

ぬくか あつかと ぼやきながらも 空は秋
にしたかったのだけど、
間違ってしまった。。
佐賀平野の様子です。
最近、毎週のように佐賀に行っています。
佐賀はメッチャ暑かです。。
こんなにしょっちゅう佐賀に行っているのに、
週末の吉野ヶ里にはいけません。。。。トホホ。。
c0012819_1918210.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-11 19:18 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_2234542.jpg2週間ぶりの早朝フライト、

c0012819_2243543.jpg今日は何とか日の出に間に合った。

c0012819_2255893.jpg
翼端機は今日も快調。

軽くスイングするとス~~~っっと
清々しい空へ昇っていきます。
マリークレール・アランの誕生日だった事もあって、
ずっとバッハを聴きながら飛ばしてました。

ひんやりと涼しい夏の早朝、
澄み渡った空、
静謐なバッハ、
静かに空を舞うハンドランチ。。
気持ちのいい早朝でした。。
c0012819_2264018.jpg

c0012819_227083.jpg

c0012819_2271890.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-10 22:08 | 飛行機のこと | Comments(2)
今日はあのオルガン奏者MARIE-CLAIRE ALAINの誕生日だって。。

何も言いません。
MARIE-CLAIRE ALAINのオルガンで
BACHの
カンタータ第140番《目覚めよと我らに呼ばわる物見らの声》


聴いてください。。

今日一日たいらけく、やすらけくありますように・・

では、早朝フライトに行ってきます・・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-10 05:13 | 音居間Bach | Comments(0)
ず~~~っと洗濯物をぶら下げたままで、
みっともないなぁと・・・・・思いつつ..
忙しさにかまけて
ほったらかしだったので、
とりあえずエントリー。。

昨日はCannonball Adderleyの命日だったので
久しぶりにジャズなどを聴いていました。
c0012819_10265667.jpg
Cannonball Adderleyのアルバムは事実上真居留守のリーダーアルバムだった「枯葉」の入った例のアルバムが有名ですが、
ボビー・ティモンズ好きの私としては「The Cannonball Adderley Quintet in San Francisco 」のThis Hereが一番のお気に入りダス。
しかしyoutubeのリンクはあえてこれ
Dat Dere-Cannonball Adderley名曲ダス

7月31日のBUD POWELLの命日はほったっとっていい加減なモンですが。
BUD POWELLどぶログ関連ネタ
悪魔が来たりて“ヤノピを弾く”
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-09 10:33 | 音居間Jazz | Comments(0)