ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ドブログから人麻呂ネタを順次転載しています。
季節感がちぐはぐになるかもしれませんがご勘弁を。。
あと、興味の無い方は是非スルーを  ペコリ・・


土形娘子(ひじかたのをとめ)を泊瀬の山に火葬(やきはふ)りし時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌一首

428 隠口(こもりく)の泊瀬の山の山の際(ま)にいさよふ雲は妹にかもあらむ

--戀歌と言いながら挽歌が続きます。。m(_ _)m
--戀する人の挽歌なのでこれも恋歌だと。。
ここで、人麻呂は土形娘子を妹(妻)だとはっきりいっています。
土形娘子は持統の行幸にもほとんどのように随行し、軽皇子にも仕えた女官。
以前にもふれた人麻呂の最初の吉野行幸の際に恋に落ちた(月並みな表現だなぁ)隠りたる妻が土形娘子であることがここでわかりますね。

前記事の泣血哀慟歌の我妹子とこの土形娘子は同一人物だと思います。
十数年相思相愛の中だった土形娘子は何故人目を忍ぶ仲(隠りたる妻)だったのでしょうか。いろんな仮説、憶測があるようです。
土形娘子は軽の宮で草壁皇子、軽皇子に仕える女官でその女官とと密通してしまったから。とか なかには人麻呂は持統の愛人でにもかかわらず不倫してしまった。なんて突飛な話しもあるようです。(--これって凄い話ですよね。天皇が愛人作ってその愛人が天皇の側近と不倫しているわけです。。でも欧州あたりだと似たような話もありそうな・・・・--)

人麻呂の妻は何人いたのか。どうも一人じゃないようですね。
これも多説あるようですが、3人じゃないかなぁと思っています。
そしてこの時期は二人の妻がいたんじゃないかな。
この土形娘子(隠りたる妻)と羽易娘子(家の妻)、二人の妻を同時期に亡くしています、それも二人とも自殺。そしてその原因は人麻呂にある。

この辺のことはまた、追って。。

記事は、主に
 1,秘められた挽歌-柿本人麻呂と高市皇子
 2,無冠の恋歌
 末田 重幸著 講談社
 の2冊を、参考にさせてもらっています。
歌とその歌意については、
 できるだけそのまま写させてもらっています
ただ私の文章については、歌の解釈歴史的背景その他に誤りが多々あるかと思います。
決してお勉強のご参考にはなさらないよう
伏してお願い申し上げます。<(_ _)>
[ 更新日時:2006/09/01 22:12 ]
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-30 23:37 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
公園サイズ 2号機  と
sylphid翼型バルサ機を持って都府楼に行ってきました。
c0012819_23313464.jpg


公園サイズ機は少し突っ込み気味。
どうやらほんのわずかですが、-の取り付け角がついてしまったようです。
シルフの主翼に似せて作ったバルサ機は・・・・これまた主翼がわずかにねじれてしまっていた。
無為やり修正してやるとまあまあ飛んでくれるのですが・・・

2機とも修正してみます。
紙飛行機を飛ばそうと思ったら、
飛ばせる機体が一機だけになっているのに気づいた。。
この連休中に紙飛行機も作らないと・・・・・・

先週壊しちゃった翼端機も作らないと
この連休も課題がいっぱいです。。。。

ヒィィッィィィィ・・・・・・いやいや  

嬉しいなぁ
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-29 23:31 | 飛行機のこと | Comments(0)
ドブログから人麻呂ネタを順次転載するつもりです。
季節感がちぐはぐになるかもしれませんがご勘弁を。。
あと、興味の無い方は是非スルーを  ペコリ・・


天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見

九月・長月です。お月見の月です
--月々に月見る月はおおけれど月見る月はこの月の月--の月です。。

九月やお月見にたいした思い入れがあるわけでは無いのですが、
冒頭の
--天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
にふれることができるこじつけなのです。。

もう何度も書いてますがこの歌が好きでして
3月の「人麻呂忌」の時もこの歌を引っ張り出して《人麻呂は宇宙人》などと言ってしまった。。

天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
(天の海に雲の波立ち月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ)
1300年前に人麻呂が歌った歌。
天海(銀河)ですよ、 そこに月の船に乗って 星の林を渡るんですよ。
そう、人麻呂は宇宙人なのです。(また、言ってしまったハハ)

人麻呂は『宙』もたくさん歌っています(だって、宇宙人だからハハ)
で、空絡みの歌を人麻呂歌集から捜してみました。。。

天の川楫の音聞ゆ彦星と織女と今夕あふらしも

夕星も通ふ天道をいつまでか仰ぎて待たむ月人壯子

去年見てし秋の月夜は照らせれど相見し妹はいや年離る

東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ

一年に七夕のみあふ人の戀も過ぎねば夜はふけゆくも

天雲に翼うちつけて飛ぶたづのたづたづしかも君いまさねば

若月の清にも見えず雲隱り見まくぞほしきうたてこのころ

ひさかたの天光る月の隱りなば何になぞへて妹をしのばむ

吾妹子し吾を思はばまそ鏡照り出づる月の影に見え來ね

山のはにさし出づる月のはつはつに妹をぞ見つる戀しきまでに

遠妻のふりさけ見つつ偲ぶらむこの月の面に雲なたなびき

天雲の依り合ひ遠みあはずとも異手枕を吾まかめやも

雲間よりさ渡る月のおほほしく相見し子らを見むよしもがも

月見れば國は同じを山隔り愛し妹は隔りたるかも

天地といふ名の絶えてあらばこそ汝と吾とあふこと止まめ

ふる雪の空に消ぬべく戀ふれどもあふよしなくて月ぞ経にける

天の川安の川原に定まりて神競は時待たなくに

秋されば川ぞ霧らへる天の川河に向ひゐて戀ふる夜多し

萬世に照るべき月も雲隱り苦しきものぞ逢はむと思へど

天の川去歳の渡りで遷ろへば川瀬をふむに夜ぞふけにける

古ゆ擧げてし機も顧みず天の川津に年ぞ経にける

天の川夜船をこぎて明けぬともあはむと思ふ夜袖かへずあらむ

吾背子にうら戀ひをれば天の川夜船こぎ動む楫の音聞ゆ

天の川水陰草の秋風になびかふ見れば時は來にけり

彦星は嘆かす妻に言だにも告りにぞ來つる見れば苦しみ

天の川水さへに照る舟競ひ舟こぐ人は妹とみえきや

ひさかたの天の川原にぬえ鳥のうら歎けましつともしきまでに

月とか天の歌をランダムに、厳密に言うとそらの歌でない歌もあるかもしれませんが気付かぬ振りをお願いします。。
 では、では。

[ 更新日時:2006/09/01 12:03 ]
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-29 13:02 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
ドブログから人麻呂ネタを順次転載するつもりです。
季節感がちぐはぐになるかもしれませんがご勘弁を。。
あと、興味の無い方は是非スルーを  ペコリ・・


どぶログより転載。
2006/08/31のBlog


人麻呂 妻みまかりし(死)後、泣血哀慟して作る歌
天飛(あまと)ぶや 軽(かる)の道は 我妹子(わぎもこ)が 里にしあれば ねもころに 見まく欲(ほ)しけど や

まず行かば 人目(ひとめ)を多み 数多(まね)く行かば 人知りぬべみ さね葛(かづら) 後(のち)も逢はむと 

大船(おほぶね)の 思ひたのみて 玉かぎる 岩垣淵(いはかきふち)の 隠(こも)りのみ 恋ひつつあるに 渡

る日に 暮れ行くがごと 照る月の 雲隠るごと 沖の藻の 靡(なび)きし妹は 黄葉(もみじば)の 過ぎて去(

い)にきと 玉梓(たまづさ)の 使(つかひ)の言へば 梓弓(あずさゆみ) 音に聞きて 言はむすべ 為(せ)むす

べ知らに 音のみを 聞きてありえねば 我が恋ふる 千重(ちへ)の一重(ひとへ)も 慰(なぐさ)もる心もありや

と 我妹子が やまず出で見し 軽の市に 我が立ち聞けば 玉だすき 畝傍(うねび)の山に 鳴く鳥の 声も聞

こえず 玉鉾(たまほこ)の 道行く人も ひとりだに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名呼びて袖ぞ振りつる

。 柿本人麻呂 巻2‐207

短歌二首
208 秋山の黄葉(もみち)を茂み迷いぬる妹を求めむ山道知らずも
209 黄葉(もみちは)の落(ち)り去(い)くなべに玉梓(たまずさ)の使を見ればあひし日念(おも)ほゆ

人麻呂恋歌に最初に接したのはこの泣血哀慟歌でした。
多分高校生位だったろうか。ひょっとしたら中坊の頃かもしれません。。
当時は、歌の背景も、妻とは誰のことなのか、何故死んだのか、なんにも意識しないままただ感動してました。何度も

書いては諳んじて覚えたものでした。 今は、もう空では覚えてませんね。(^^;)

人麻呂の恋歌(この歌自体は挽歌ですが)として代表的な歌だと思います。。

[ 更新日時:2006/08/31 18:41 ]
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-28 22:09 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
SAL 1号機デビューです。

c0012819_213036.jpg

が、調整中にバキっと
パイプが弱かったようです。
又、作りましゅ。。。。

c0012819_21321772.jpg


[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-27 21:32 | 飛行機のこと | Comments(8)
sylphidとは風の精霊。
なのですが。
今日のシルフははしゃぎすぎです。
びゅうびゅう風が吹きまくっている。
これでは飛ばしにもいけませんね。

「地球が怒っているぅ。」なんて記事を以前どぶログに書いたのですが、
やっぱり、環境の変化を感じますね。最近。
去年の今頃は中国から光化学スモッグが流れてきたけど、
今年はどうなることやら。。。。
中国ばっかり責めるのも身勝手な話しなんですけどね。
子供の頃私が住んでいた北九州小倉の空はいつも煤煙の雲で覆われていました。
欧州、米国、日本が過去経験してきたことを中国が繰り返しているだけ。。

現在お昼寝中のどぶロブsylphidにこんなことを書いてました。
神林長平の「小指の先の天使」の感想なんですが・・・

小指の先の天使c0012819_154733.jpg

連作短編集と捉えている方もあるようだけれど、書かれた時期に20年ほどの開きがあるので、連作と言うより同じテーマで書かれた作品を時系列的に並べた作品集といえると思う。
 多分、再々読目くらいかな。
まだ、読んでいる途中だけれど。
チョット一言。

第二話 なんと清浄な街 より《引用》
・・・・自分で住み難くした環境なら、自らの手で元に戻せるはずだ、という考えは身勝手としか言いようがない。自然は人間のために存在するのではないのだ。自然に手を加えることはできるが、その結果は必ずしも人間の思い通りにはいかない。それを認めようとしなかった彼らは、環境の悪化の主原因が自分たちにあると信じるほどに傲慢だった、と言えよう。 環境を保護しよう、という考えのなかにもそれがあるのだ。自然にとっては、人間の存在など、さほど驚異ではない。それは事実なのだ・・・・・

神林作品が好きなのは、共感する部分が多いから、というのも理由のひとつだと思う。
ひょっとすると誤読なのかもしれないけれど、あっ同じ事をいってるって、納得しながら読んでいる
前にも、『地球が怒っている・・』なんて ブログに書いたことがあったけれど、大雨が続いたり酷暑だったり、変な時期に台風が来たり、等々環境が変化しているのが感じられる。。
それは人間にとっては環境の悪化であり、それを招いたのは人間であり文明社会だ、何とかしないといけない問題なのであろう。。
しかしそれは、自然にとっては取るに足らないこと。。チョットばかり変化した環境のバランスを取り直そうとしているだけ。。
青く澄んだ海、白い砂浜、緑の山々、白い雲、青く抜けるような空。人間にとって理想的な環境が、はたして自然にとって(自然に順応した生物を含めて)もあるべき姿なのか・・・・・・。。
それはそうではないと思う。環境がどのように変化しても自然は自然であり生物はそれに順応していく、もしくは淘汰されていく。。

環境に順応できない、種として脆弱な存在である人間が自らの都合が良いように自然を保護しよう(テラフォーミング)しようと考えるのは思い上がりでしかない。。

その思い上がりを捨てないと本当にこの小説のような世界がやってくるかもしれない。。
[ 更新日時:2006/08/27 15:11 ]

地球は人間にとってかけがえのない大事なものですが、
地球にとって人間はさして大事なものではありません。
このまま二酸化炭素濃度が増え続けて温暖化が進むと
植物の活動が活発になって、増え続け二酸化炭素を吸収し、
酸素を放出し、やがて地球は環境のバランスを取り戻すでしょう。
そのとき、人間が今のままでいられるかは、
地球にとって全く考慮すべき問題ではないのだと思う。。

思い上がってはいけない・・と思う
デモ
何はともあれ心配なのは明日吹く風・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-26 15:49 | 飛行機のこと | Comments(0)
取り敢えず、ほぼできあがりました。。
スパン565mm。。
太宰府の空を舞ってくれると嬉しいです。
c0012819_032346.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-25 00:11 | 飛行機のこと | Comments(2)
補修したハンドランチの尾翼。
こんな感じです。
ほとんど段差もないよ。。c0012819_20452018.jpg

早朝、出撃してきました。。
翼端機、公園機ともいくつか問題点がありました。
早速、対応します。
c0012819_20472493.jpg


だだ、野球投げ機またもやデサミスでいってしまった。
スパン850mmのハンドランチも柿の木に直撃。。
こんな姿に。。
今週もバルサ機製作と補修に励みます。。
c0012819_20515513.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-20 20:52 | 飛行機のこと | Comments(5)
c0012819_11461332.jpg先日、吉野ヶ里で大破した尾翼の修理しました。
粉々になってしまっていたので、切り取ってバルサで作り直し。
接着面がぴったり合わないので、
ケブラーのマットで合わせ目を補強しています。
ケブラーは、高いというイメージがあるのですが、
このケブラーマットは
驚くほど


c0012819_11464986.jpg

安い。。。。
輸入品なので手に入りにくいのですが
分けていただきました。
今度入荷したら、」即ゲットです。
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-20 00:39 | 飛行機のこと | Comments(4)
見様見真似の贋作1号機
完成c0012819_165466.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2008-04-19 01:06 | 飛行機のこと | Comments(4)