ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先月は紙飛行機の本選、
昨日はピアノの福岡地区の本選でした。
金賞か銀賞を取れたらPSPのソフトを買ってやろうと、
その気にさせて臨んだのですが、
やっぱり、巧い子は巧い。。。

かろうじて優秀賞に入賞。。
とりあえず来年3月の西日本地区大会出場権獲得です。。
場所は同じくここ、アクロスシンフォニーホール。


でも、小学生の分際でコンサートホールでSTEINWAY&SONSのコンサートグランドピアノが弾けたんだからそれだけでもいい経験かな。
c0012819_23403212.jpg

c0012819_23412071.jpg


PS、トレーナーにGパンで出場したのはうちの子だけでした。
みんなもう凄いと。。
特に女の子・・・・どこぞの舞踏会かいなって感じ。。
男の子で燕尾服を着ていた子もいたよ  気合入ってるね・・・・

c0012819_23421983.jpg



[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-20 23:29 | お子たちの事 | Comments(8)
Indian summer

昨日はあんなに風が強くて寒かったのに、
今日は気温は低いものの日差しは暖かな小春日和。
たまたま仕事の通り道だったので政庁跡地に寄ってみた。。

こんな日に紙飛行機飛ばしたいよなぁ。。。。
今日も又、紙飛行機の写真がない紙飛行機ネタ。。
写真は仕事用のコンデジで撮ったので・まぁ雰囲気だけでも・・・
c0012819_23281965.jpg

c0012819_2329466.jpg

c0012819_23292815.jpg
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-19 23:35 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_199518.jpg


ちょっとだけ設計変更したsylphの翼です。

sylphidならぬ《sylchuid》。
早すぎかなって気もしますが

お正月 年始用。
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-17 19:10 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_23292489.jpg

carbon胴制作のために、いつものお店に調達に行ったよ。。
品切れきみだったcarbonロッドがたくさんそろっていて嬉しかった。。
今回はなんと2mmのパイプまで入荷していた。。
ラッキー::::

今使っている2mmのロッドより2mmのパイプのほうが剛性があるんだよ。
もうさわっただけで明らかに違う。

sylph、ヴァージョンアップするからね。。。。


写真は2mmと3mmのパイプ、それと2.5mmのロッド。

3mmのパイプなんて太すぎるんじゃない    ってかぁ。

だって内径がちょうど2mmなんだもん、2mmのcarbonがきっちり入るんだよ、、、、ヘヘヘ
いいだろ。。ネ。
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-15 23:31 | 飛行機のこと | Comments(0)
万葉集10巻 秋相聞に
誰彼我莫問九月露沾乍君待吾
(たそかれとわれをなとひそなか月のつゆにぬれつゝきみまつわれを)
と、言う歌があります。
もちろん、柿本人麻呂の歌。
《黄昏時(誰彼時)に、君を待つ》歌

 夕暮を「たそかれ時」(黄昏時)と呼ぶ所以です。。普段何気なく使っているこの言葉は人麻呂のこの歌から

---あの人が訪ねてくる日。待ちきれずにおもてにたつ。秋の夜露に足元が湿る夕暮れ時、人影が見えてくる。誰だろう?あの人かも---そんなイメージの歌??
 ==黄昏時(誰彼時)とはそういう時。==

なんて話は置いといて。
久しぶりにいつもの大宰府政庁跡地に紙飛行機を飛ばしに行ってきた。
いろんな所用を片付けてから出かけたので着いたときは太陽は西に傾いていた。
夢中になって飛ばしていたら薄暗くなってしまっていた。
そう、飛行機どころか飛ばしている人もよくわからない黄昏時になってしまった。
紙飛行機は楽しいなぁ・・
c0012819_1245956.jpg
下の創意工夫①の530S carbon胴。
胴体をカーボンに換装して、若干重くなったのだけど、抵抗が減った分文句なしの上昇でした。 ヨシヨシ。

創意工夫②のcubIIIハンドランチ使用、これ面白かったよ。
フックになっている機首部分を切り落としてショートノーズにして右翼に指掛け用の切込みを入れた。
バランスを取るため機首にウエイトを積んだ。
ひょっとするとゴムより飛ぶんじゃない????????。。
子供用ハンドランチ入門にはちょうどいいかも。。
マジで自由手投げBに使えるよ。。。。
どなたかお子さんに。。・・・ってかぁ。。


飛ばしっぱなしで飛行機の写真撮るのを忘れた・・・・。
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-12 21:47 | 飛行機のこと | Comments(2)
c0012819_1871572.jpg
CubIIIハンドランチ仕様だべ。。

明日は飛ばしに行けるかなぁ
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-10 18:09 | 飛行機のこと | Comments(2)
530S、3機セット新しく封を切った。。
今度の胴体のバルサはどんなかなと見てみると、
c0012819_23402231.jpg

まともに使えそうなのは1本だけ。。
ソフトバルサ探したってこんだけスカスカなのは、なかなか見つからないよ。。。
確かにめっちゃ軽いだろうけど・・・・・・
その上、形状もこんなに違う・・・・
こんなんじゃ飛ばす前に折れちゃうのは必至。。
c0012819_23405324.jpg

で、
こうなって

c0012819_2341196.jpg

こうなりました。。

c0012819_23421548.jpg

逆にチョット重くなっちゃったけれど(6gだったよ)・・・・・・いやいや、創意工夫というものでしょう。。。。
JPのレギュレーション全く無視だよね。
どんな飛びになるか楽しみです。。。


そういえば、今回のJPでも規定機種で機体審査を通らなかった機体が多かったらしい。
同じ機体で競技する以上不公平がないように機体規格を設定するのは当たり前でしょうね。
参加者は当然その規格を理解した上で機体を持ち込んでいるはずなんでしょうけど。。。
機体検査に通らなかった方もなんで不可なのかわからない様子の方もいた。
今回規定1規定2の計測員をしていろんな方の機体を見せてもらったて気がついたのだけど、機体の工作方法については厳しいとも感じる検査があるのに、キャンバーや上半角については全くフリーなんだね。無改造が大前提であるならキャンバーや上半角にも規格を設定してもいいのでは?????
でもね、創意工夫の余地のないガチガチの規格ってものなんだね・・・・私なんか絶対無理だね。。すぐに人と違うことしたがるので・・・。。
本選に出てくる人たちなんだから工作技術は問題ないだろうから、機体をいかに調整するかってレベルの競技になるのかなぁ。。。であれば、いっそのこと規定1なんかは機体も協会から工作済みのを支給すればいいのにね・・・・・・ハハハ。

で、どうしても創意工夫を生かしたスカイカブを飛ばしたい方は、来年はスカイカブIIIで自由ゴムか自由手投げにエントリーしましょう、但しお子さんだけね。。大人の方はオールペーパーの機体でエントリーね。それとスカイカブIVは翼幅が180mmに足りないのでダメ。残念ながら530Sで自由ゴムにエントリーするのも×です。幅が足りません。
自由にエントリーするのならカブIIIの胴体を削りまくっても、桧胴に換装しても、OK。子供ではなく自分がエントリーしたいなら紙胴に換装したカブIIIでおもいっきり改造してもOKだよ。自由ゴムか時融手投げのゼッケンつけて、ばりばり削りまくったカブIIIを検査員の方の前に出したらきっとうけると思うけどなぁ、目立つよ多分・・・・

どなたか、来年やってみません・・・・・・・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2007-11-04 23:45 | 飛行機のこと | Comments(2)