ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

690年五月(多分)(=^v
吉野宮に幸(いでま)しし時、 柿本朝臣人麻呂の作れる歌
36 やすみしし わが大王(おほきみ)の 聞こしめす 天の下に 国はしも 沢にあれども 山川の 清き河内(かふち)と 御心を 吉野の国の 花散らふ 秋津の野辺に 宮柱 太しきませば ももしきの 大宮人は 船並(な)めて 朝川渡り 舟競(ふなきほ)い 夕川渡る この川の 絶ゆることなく この山の いや高知らす 水激(たぎ)つ 滝の宮処(みやこ)は 見れど飽かぬかも

 反歌
37 見れど飽かぬ吉野の河の常滑(とこなめ)の絶ゆることなくまた還(かへ)り見む

持統は30回に及ぶ吉野幸を行っているのに、人麻呂随行は3回しか確認できません
持統天皇の寵を得て、随行を命じられ、天皇の身近にあって献歌を求められる存在だった人麻呂を持統が連れて行かないはずはない
ではなぜたった三回しか同行していないのか。
理由として人麻呂の籠もりたる妻の存在があげられる。
上記の吉野行幸の後690年9月天皇(持統)は紀伊に行幸しています。
当然人麻呂も随行しているのですが、このとき人麻呂は一首も歌を詠んでいないようです。
何故か?。なぜならば人麻呂はこの時同行していた女官と恋仲になり旅の間中周囲もそれとわかるほどのベタベタぶり。歌を詠むなんてダンではなかったようです。当然持統の目にもとまり、このあとふたりは同行が許されなくなります。この女官が人麻呂の籠もりたる妻ですかね。
持統の吉野幸の人麻呂随行が極端に少ないのは、礼を重んじる持統が人麻呂を連れて行かなかったって事になっているようですが。
果たして真相は、
持統が妬いて人麻呂を連れて行かなかったのか。はたまた、人麻呂は天皇のいないすきに京で女と遊んでいたのか。 とにかく、人麻呂は、時の最高権力者・神のごとき存在の持統天皇よりも愛する女を選んだのでしょう。
なんか、万葉人っておおらかですよね。
こういう、人麻呂に興味津々なのです。。。。。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-28 19:01 | 柿本人麻呂 | Comments(2)
688年朝廷歌人として華々しくデビューした柿本人麻呂は、翌年には草壁皇子の挽歌制作を命ぜられる。官を得て7年目、27歳の柿本人麻呂の最初の公的献歌となる日並皇子(ひなみしのみこ)の尊(みこと)の殯宮(あらきのみや)の時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌一首並びに短歌 
天地(あめつち)の 初の時 ひさかたの 天(あま)の河原に 八百万 千万神の 神集ひ 集ひいまして神分(かむはか)り 分(はか)りし時に 天照らす 日女(ひるめ)の命(みこと天(あめ)をば しらしめすと 葦原の 瑞穂の国を天地の 依(よ)り合ひの極(きはみ) 知らしめす 神の命(みこと)と天雲(あまぐも)の 八重(やへ)かき別きて 神(かむ)下し いませまつりし高照らす 日の皇子(みこ)は 飛ぶ鳥の浄(きよみ)の宮に神ながら 太しきまして 天皇(すめろぎ)の 敷きます国と 天(あま)の原 石門(いはと)を開き 神上(かむあが)り 上(あが)りいましぬ わが大王(おほきみ) 皇子の命(みこと)の 天(あめ)の下 知らしめしせば 春花(はるはな)の 貴(たふと)からむと 望月(もちつき)の 満(たた)はしけむと 天の下 四方(よも)の人の 大船の 思ひ憑(たの)みて 天つ水 仰ぎて待つに いかさまに 念(おも)ほしめせか つれもなき 真弓の岡に 宮柱 太しきまし 御殿(みあらか)を 高知りまして 明言(あさごと)に 御言(みこと)問はさず 日月(ひつき)の 数多く(まねく)なりぬれ そこ故に 皇子の宮人 行方知らずも
  反歌 二首
 ひさかたの天(あめ)みるごとく仰ぎ見し皇子の御門(みかど)の荒れまく惜しも
 あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも

689年四月草壁皇太子(日並皇子)没。皇太后(持統)は頼みとする実子草壁皇太子の早逝によって、父帝天智(中大兄皇子)の遺詔を継ぐという自己の政治目的の達成に挫折する。しかし数ヶ月の空白ののち、皇太后は再び新たな決意を持って行動をおこす。すなわち、皇孫軽皇子立太子を実現する道。690年正月、軽皇子立太子実現のため皇太后自ら即位、持統天皇となる。時に軽皇子八歳、畝傍の東南、軽に宮殿をもち、人麻呂は軽皇子の春宮(みこのみや)大夫の要職につく。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-27 22:40 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
紙飛行機に一日興じていた昨日25日はグレン・グールドの誕生日でした。
グールドのゴールドベルク変奏曲が好きで良く聞いてるのですが、でも他の曲は聴いた記憶がありません。なのにグールドが好きなんて言うのはおこがましいかな。
彼の奇人変人ぶりが天の邪鬼な性格とシンクロしてるのかもです。
ゴールドベルク変奏曲。32回も同じような曲を聴いてると退屈しそうなのですが、これがいいんですよねぇ。(この辺がジャレットの例のあの演奏とチョット違うところ^^;)若い頃と晩年と2回録音しています。どっちがどっちだったか忘れたけど速さがちがうようです。
ヒートアップしてる時は、クールダウンに。ちょいと鬱の時は、気持ちを解放させてくれる曲だと思います。
ジャレットについてはまた後日。(^_^)/~
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-26 19:33 | 音居間Bach | Comments(2)
人麻呂について。

このところ人麻呂の歌を記事にしているのですが、正直言って人麻呂のことも時代的背景もほとんど知りません。
で、以前紹介させてもらった末田重幸さんの本を読み返すことにしまして、
ついては、時代を追いながら、人麻呂の歌を記事にしてみたいと思います。
できるだけ感じたことを文章にしていきたいと思いますが、ほとんど本の受け売りになるかもです。
元々身勝手で天の邪鬼なブログですが
(ブログって多かれ少なかれそんなモンなんでしょうが(^^))
とりとめのなさに拍車がかかっていくようです。
別にねぇ~って方は素通りしてください。
このバーチャルなブログの中だけでは『天上天下唯我独尊』。。。(意味あってるかな?)
  ってつもりです。(^O^)

PS。かきためておけばネタ切れのつなぎになるし、第一、画像使わないんで容量喰わないしぃ(この辺がほんねだったりして。<(^_^;)>)


人麻呂の作る歌として最初に万葉集に登場する歌。

近江の荒れたる都を過ぎる時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌
巻一 二十九
玉たすき 畝傍(うねび)の山の 橿原(かしはら)の 日知(ひじり)の御代ゆ
生(あ)れましし 神のことごと つがの木の いやつぎつぎに 天(あま)の下
知らしめししを 天(そら)にみつ 大和を置きて 青丹(あおに)よし 奈良山を越え
いかさまに 念(おも)ほしめせか 天(あま)ざかる 夷(ひな)にはあれど 石走(いはばし)る 淡海(あふみ)の国の さざなみの 大津の宮に 天(あめ)の下 知らしめしけむ
天皇(すめろぎ)の 神の尊(みこと)の 大宮は ここと聞けども 大殿は ここと言へども
春草の 茂く生(お)ひたる 霞立つ 春日の霧(き)れる ももしきの 大宮処 見れば悲しも
反歌
三〇
さざなみの志賀の辛崎(からさき)幸(さき)くあれど大宮人の船待ちかねつ
三一
さざなみの志賀の大わだ淀(よど)むとも昔の人にまたもあはめやも


おおよそ、688年(持統二年)の晩春の頃
壬申の乱(672年)から15年ばかり後、悲劇の京の址にはじめてたったときのうた。
人麻呂27~28歳の頃の歌。宮廷内で評判になり、やがて持統の目に留まることになります。若い官人 人麻呂の華々しいデビューの歌。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-24 18:54 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
c0012819_1118449.jpg

昨夜の名月、チョットぼやけていますがまぁこんなモンです。

人麻呂の月のうたと言えばこれが一番有名ですね。チョット情景が違いますが。
東 野炎 立所見而 反見為者 月西渡
東の 野にかげろひの 立つ見えて かへりみすれば 月かたぶきぬ

今まさにたちのぼろうとしている太陽は、太政大臣高市皇子 そしてかたぶいていくのは軽皇子。
いわばに政権交代の歌。
(本文、訂正しました。読み返していて大きなミスに気が付きましたので。汗
 他にも間違いがあるでしょうが、お気付きの節は笑ってお許しを。
 そして、くれぐれも古典、歴史その他正しいお勉強の資料となさらないようお願いします。
 まぁ。間違ってもそのような方はいらっしゃらライでしょうけど笑)

本歌は
軽皇子、安騎の野に宿します時に、柿本朝臣人麻呂の作る歌
やすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子(みこ) 神(かむ)ながら 神さびせすと 太敷かす 都を置きて こもりくの 泊瀬(はつせ)の山は 真木立つ 荒き山道(やまぢ)を 岩が根 禁樹(さへき)押しなべ 坂鳥の 朝越えまして 玉かぎる 夕さり来れば み雪降る 安騎(あき)の大野に 旗すすき 小竹(しの)を押しなべ 草枕 旅宿りせす いにしへ思ひて

反歌
短歌 (四首)
安騎(あき)の野に宿る旅人うち靡きいも寝(ぬ)らめやもいにしへ思ふに
ま草刈る荒野にはあれど黄葉(もみちば)の過ぎにし君が形見とぞ来し

東(ひむがし)の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ

日並(ひなみし)の皇子の命(みこと)の馬並(な)めて御狩立たしし時は来向ふ

マンションの合間から中天に昇ってしまってる月だったので。チョット風情が。
もっと、雰囲気のあるところでお月見したいものです。
山間の露天風呂からとか。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-19 11:38 | 柿本人麻呂 | Comments(2)
月々に月見る月はおおけれど月見る月はこの月の月

いよいよ今日ですけど、ここ数日の晴天とはうって変わって時々晴れ間は出るものの
雨もパラツク曇り空です。う~ん微妙です。



 今日は作者 不詳のうた。
 でもとっても判りやすいうた。
足日木乃 従山出流 月待登 人尓波言而 妹待吾乎
あしひきの 山より出づる 月待つと 人には言ひて 妹待つ我れを
あしひきの やまよりいづる つきまつと ひとにはいひて いもまつわれを
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-18 15:52 | 万葉のこと | Comments(2)
名月に向けて、月の写真と万葉のうた。
なんて安直なんでしょう。

ところが万葉三歌人(山部赤人・山上憶良・柿本人麻呂)で月を詠んだのは人麻呂だけだそうです。
知らなかった、この歳でまたひとつ利口になりました。

その中で、大好きな人麻呂のとっておきのうたをすでにあげてしまってもう手詰まり。

天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
(天の海に雲の波立ち月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ)
1300年も前のうたなのにSFしてると 思いません?。

人麻呂ってひょっとすると地球人ではないのかも。

二日も続けて同じうたですみません。
13日から15日の月
c0012819_1441611.gif
こじつけですが、人麻呂の秋の月のうた。
去年見而之 秋乃月夜者 雖照 相見之妹者 弥年放
去年見てし 秋の月夜は 照らせれど 相見し妹は いや年さかる
こぞみてし あきのつくよは てらせれど あひみしいもは いやとしさかる
去年と同じように月は照らしているけれど、一緒に見ていた妻はもうこの世にいないという挽歌です。 追伸。。(うちの奥さんはバリバリ元気ですが。ハイ(^^;)


昨日は♪つぅきぃは おぼろ ラララ 十三夜♪  でした。
明日は名月
ダンダンまあるくなってきます。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-17 14:43 | 柿本人麻呂 | Comments(0)
ぼくが月を見ていると、
月もぼくを見ている。
神様ぼくをお守りください、
神様みんなをお守りください。

(マザーグースにこんなのがあったような?)

もうすぐ名月

天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
(天の海に雲の波立ち月の船 星の林に漕ぎ隠る見ゆ)
                   柿本人麻呂



13日、14日、15日の月です。
圧縮されて少し歪んでいます。クリックして開いてみてください。
c0012819_23171290.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-15 23:40 | 万葉のこと | Comments(0)
ジュリアン・キャノンボール・アダレイ
1928年9月15日生。

私にとって
CANNONBALL ADDERLEYというと、

CANNONBALL ADDERLEY / IN SAN FRANCISCO
1曲目。
BOBBY TIMMONSのファンキーなこの曲、「THIS HERE」。

大好きです。あまり興味のない人には、おなじフレーズが延々繰り返しているようで退屈かも知れませんが。ツボにはまるとう~んファンキーです。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-15 21:01 | 音居間Jazz | Comments(2)
c0012819_20544721.jpg

久々に息子と紙飛行機してきました。
なかなか、投げ姿も決まってきたのでは。
左手の使い方がもう少しのようですけどね。

親爺のほうはと言いますと、この日は久しぶりに気持ちよく投げられました。
螺旋でほぼ上にあがって頂点でかえる。旋回もそこそこ決まって、失投しなければ30~40sec。嘘のように素直な飛び方でした。(もちろん全投そうではありませんが。)
たまにはこういう日もないとね。
久方の“紙飛行機 昇竜のごとく 駆け上り 妖精のように宙を舞う”って感じでした。
良きかな。良きかな。
 
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-13 20:57 | 飛行機のこと | Comments(0)