ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0012819_2132363.jpg
九州オープン行ってきました。
40名前後の参加者だったと思います。福岡近県のみならず遠くは四国、高松からも他愛のない紙飛行機を飛ばしに集まってこられていました。
まず、競技結果はと言うと。
風の精霊‘Sylphid’は息子にほほえんでくれたようです。
なかなかの注目を浴び、そこそこの晴舞台を演じることができたのでは。
親爺は、というと。息子に負けてしまいました。(それもハンドランチで)トホホです。
息子は、予定通りブルーのSylphid280での参戦でした。獲得高度も、返りもなかなか良かったです。失投も二回ぐらいだったので、まぁいい方なのでは。気流の乱れが多く、ベテランの人でも140sec程度の記録の中、ハンドランチでは参加者最年少で、大人子供混合での5位というなかなかの成績でした。(因みに私は10位でした。トホホ)華麗なデビューを飾れた・・?かな。

c0012819_21351923.jpg

でも、“その機体を設計・製作して隼平用に調整したのは私だということははっきり判らせておこう”・・精一杯の負け惜しみですね。トホホ。



 私は、というと。
前日の土曜日、予定外の休みが取れたので「神の恵みだぁ!!」っと太宰府滑空場(政庁跡地)にいそいそと調整に出かけました。
c0012819_21373174.gif

私のエントリー機、ピンクのSylphid280〈お花見、泥酔バージョン〉は主翼と、尾翼が歪んでしまいました。乾燥が充分でない状態で強い日差しを浴びたせいかな。〈酔いちくろったヒヨコのキャラが良くなかったのかもです。〉そのうえ2番機Sylphid255は、尾翼を折ってしまって使えなくなりました。
急遽、Sylphid318を調整し直し。
若干ピッチングが残るもなかなか飛んでくれるようになり、「よっしゃぁ。明日会場で微調整して仕上げだぁ~」っと投げた最後の一投が、最期の一投になりまして・・機体はロストしてしまいました。私にほほえんだ精霊には、黒いとがった尻尾があったようです。(T_T)
 何とか飛ばせる状態で手元にあるのは、双胴の悪魔ならぬ双胴のシルフ。やっぱり、わたしは双胴機で参戦する運命のようです。
c0012819_21393198.gif


 双胴機、まあそこそこ滑空はいいんですよ。抵抗が多い分沈むのも早いですが。
最初の一投は結構高く揚がってくれてネックの返りもうまく決まりました。
その時は確かに背中に聞こえていたんです。「うぉ~」っという歓声と「返ったぁ」と言う声が、そして私の双胴シルフは風に乗って一直線に飛んでいきました。そう、廻らんとです、双胴機。もちろん、私はダッシュで追いかけていったわけです。
 結果はそれなりでしたが、天の邪鬼な私としては双胴機とcarbon胴がそれなりに目立っていたので、よしとしましょうか。でも今思えば、普段みれないいろんな方のハンドランチ機をもっとじっくり見せてもらうべきだったと思いますね。
「紙飛行機 昇竜のように かけのぼり 妖精のように宙(おおぞら)を舞う」

最高です・・
c0012819_21423540.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-25 21:45 | 飛行機のこと | Comments(4)
c0012819_05485.jpg
普段、キコキコと作っているときは正直ほとんど頭使っていないので、
普段あまり使わない左脳を使って作ってみました。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-24 00:11 | 雑談 | Comments(2)
c0012819_23295662.jpg4月20日朝、ここで足場の組み立て作業をしてました。
そう、あの震度5弱の余震があった日です。早朝から10階建てのビルの屋上に資材を荷揚げし、外壁のパラペット上で組み立て作業をはじめたのが9時頃、その時朝から確か4回目の余震が来ました。さすがの鳶工もちょっとビビってました。
c0012819_23425637.jpg落ちなくてほんとに良かったデス。


下を覗くとこんな感じ。



c0012819_2346728.jpg

向こうには、エルガーラが見えます。

早く、収まって欲しいものですよね。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-23 23:51 | Job | Comments(2)
c0012819_22271272.gif
 ルービック・キューブ25周年だそうで、記念バージョンが売っていました。と言っても3×3の普通のキューブですが。今使っているのがガタガタなので買い換えることにしました。
 1980年当時から3代目のキューブになります。多分もう自分で買い換えることはないでしょうね。キューブもガタカタだけど頭の中もボロボロ。そのうち1面揃えるのも匙を投げるようになるのかもです。
 いっしょに写っているのは、“B's”のキューブで娘が持っていたものです。方向性のあるキューブなので揃えるのが難しいなとは思っていたのですが、いやぁ~ホントに大変でした。何が大変だったかというと、完成した各面がイメージできなくてどう揃えていいか判らない、ということ。
 結局2面がB'sのロゴ、2面が各面に各々2人のメンバーの顔、残り2面がよくわからないデザイン(多分二人の写真だと思う)だったようで何とか揃えてみました。
 新しく買った25周年記念バージョンのキューブには、なんと6面攻略法がついていました。(それも、なんだかなぁ。 と言う気が少しだけしましたが。)読んでみたけどわたしのやり方とはずいぶん違っていました。違う揃え方にも挑戦してみようかな?。でもそのために頭グチャグチャになって両方判らなくなってしまったらどうしよう。
 息子は、8箇所の角とセンターキューブを揃えることができるようになりました。
でもまぁここまでは基本通りにやればできるんですけど。
後は間のキューブを揃えるところで、めんどくさぁ~いと放りだしています。
キュービストへの道はまだまだ遠いようです。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-20 22:34 | 雑談 | Comments(4)
c0012819_21541616.gif

海の中道海浜公園です。16日、土曜日に行ってきました。ここに来るのはほぼ一年ぶりだと思います。“福岡紙飛行機を飛ばす会”で毎月例会が行われているところです。私も、一応声をかけていただいてメンバーの末席にはいるようなのですが、何せ、天性の天の邪鬼なモンでいつも不義理をしています。すみません。
今日も、紙飛行機のメンバーのボランティアで紙飛行機教室が開催されyていました。お手伝いすることもできたのですが、私と息子は今日が九州オープン前、最初で最後の練習日だったので、見て見ぬ振りをしてしまいました。重ね重ねすみません。(^_^;)
今回の参戦に備えてこの二週間で11機のハンドランチ機を作りました。
ここまで集中して作ったのは初めてですね。
あわよくば、大会で飛ばして目立ってやろうと双胴機を3機作ったのですが、
やっぱ、やめます。重すぎ~。以前作っていたスパン318mmや323mmの双胴機の方が
良く飛んでいました。どうしても重くなるので、翼面積の大きな機体の方が有利ですね。
それとも重さより抵抗の問題でしょうか。
もう少しいじって見ようと思いますが、いずれにしても双胴機での大会参戦は却下です。
残り8機の単胴機の内、何とか素直に飛んでくれたのは3機だけでした。(だいたいいつも3機作って1機まともに飛ぶ程度の工作精度なので、まあこんなものですな。)
内、息子が手にしている2機をエントリー機にしたいと思います。白地に青の
尾翼が息子の機体。息子の投げで高度10m強で返ってぐ~っと我慢の滑空をしてくれるはずです。
ピンクの尾翼が私のです。私の投げでも20m位は、あがってくれそうなので、後は返るかどうか・・・ですな。
予備機に息子には木製胴sylphid、私用にはスパン255mmの11g sylphid(これはもう半年以上飛ばしているお気に入りです。)
今回、175kgのレザックを主翼に使った機体を作ったのですが、何故か同じスパンでAGケントを使った従来機と重さが変わらないんです。ちょっと?????がいっぱいです。
欲張ってラッカー染み込ませすぎかのでしょうか。??????です。
来週本番です。さてさて・・・・。c0012819_22105510.gif
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-18 22:13 | 飛行機のこと | Comments(0)
c0012819_1442281.gif福岡の方ならどこだかわかると思いますが、市内某マンションからの眺望です。27階建ての26階

内部改修工事の為入らせていただきました。

雲上の世界羨ましい限りです。
c0012819_14452231.gif
c0012819_14453881.gif
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-15 14:46 | Job | Comments(4)
c0012819_19134087.gif図書館で見つけて即借りてきました。あのキューバ至宝のソネーロ(ソンの歌い手)『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』のCOMPAY SEGUNDOです。自作の代表曲「チャン・チャン」は 1987年彼が80歳のときにクラブで演奏していて出来た曲だそうです。'97年「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に参加したのが90歳の時キューバ音楽界の仙人、その曲はさぞかし枯れた演奏だろうと思うとこれがまた結構艶っぽいのです。


c0012819_19191449.gif
惜しくも2003年 享年95歳でなくなられましたが、こんなじいさんになりたいものです。

http://wmg.jp/bvsc/bio5.html
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-12 19:25 | 音居間Latin | Comments(2)
sylphid280Twin できました。
3段上反角木製(バルサ)胴。3段上反角carbon胴。2段上反角木製(バルサ)胴の3機です。
3段上反角(バルサ)胴のスペック。
主翼投影巾   280mm
主翼投影面積  130cm2
主翼平均翼弦  46.4mm
主翼アスペクト比   6.01
モーメントアーム   160mm
水平尾翼巾   113mm
水平尾翼面積   36.4cm2
水平尾翼平均翼弦  3.22cm
水平尾翼容積   0.965
上反角(1段目)  0度
    (2段目)  10度
    (3段目)  32度
機体重量    16g
翼面荷重   0.123g/dm2
:やはり単胴機に比べるとちょっと重いです。carbon胴でも機体重量が14gで翼面荷重0.1g/dm2を割ることはできませんでした。単胴と比べると2~3g違うようです、手持ちで一番大きなスパン323mmのcarbon単胴Maveでも15gでした。
以前スパン318mmの双胴sylphを飛ばしていた時は、返りの悪さを克服する事ができず結局挫折してしまったのですが、今回はさてどうなりましょうか。前回はインメルマンにこだわりすぎたかなぁって反省もちょっとあるので今度は飛行機任せ自然体であげてみようと思います。8-30度の二段上反角機に対して三段上反角機は少しコロコロし過ぎているようなのも気になります。
週末までには単胴機も何機か作れると思うので、(主翼にレザックを使ったのも作っています)今週末は又天気が思わしくないようですが飛ばせたら報告します。
c0012819_2341839.gif
c0012819_23415277.gif

[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-08 23:46 | 飛行機のこと | Comments(4)
仕事の現調で早良区石釜に行きました。
山の南斜面はほぼ満開でした。
c0012819_22472233.jpg
c0012819_22475235.jpg
c0012819_2249522.jpg

今日も、写真はセンスだぁと感じてしまった。
とりあえずデジカメなんで、撮りまくって感性を磨くとしましょうか。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-05 22:56 | 撮ったよ | Comments(0)
小学生の頃、学校の帰りいつも渡っている橋がありました。
木製の橋で、自動車が通るたびにその橋の上に立って
“ぐゎんぐゎん”と揺れるのを楽しんでいました。
ある日、橋の脇に落ちていた板きれに「ぎんもんばし」と書いて橋に打ち付けました。
名前のない木の橋に名前が付きました。
小学生の字で黒いマジックで書かれたひらがなの「ぎんもんばし」と言う名前が。
この橋は数年後立派なコンクリートの橋に架け替えられました。
30数年経った今でも現役です。
c0012819_2237428.jpg
c0012819_2239314.jpg
c0012819_22401393.jpg

竣工昭和46年 命名:近所の悪ガキ数名。

新しく架け変わった橋の名前を見た時には笑いました。
当時は、橋も名前のプレートも銀色だったんですよ。
仕事で近くを通ったので寄って写真を撮ってみました。
すっかり様子の変わった風景の中でぎんもんばしだけは昔のままでした。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-04-04 22:44 | 雑談 | Comments(4)