ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

カテゴリ:音居間Bach( 10 )

今日はバッハを聴きましょう。
『鈴木雅明』先生のお誕生日だから。。

[PR]
by sylphid-mave | 2015-04-29 17:16 | 音居間Bach | Comments(0)
c0012819_15303311.jpg
6時43分とうちゃこ。。気温0度、めっちゃさぶ~~~~。。

c0012819_15324996.jpg
漸く白みはじめる空に星が瞬く(写真には写っていないけどね・・・)
こんな時は、日の出までこれを聴きましょう。。。
Bach カンタータ第1番「暁の星のいと美しきかな」

BWV1番。。名曲でございまする。。う・・うつくしい。。

夜が明けて、久しぶりにHLGで遊びました。
足下が芝が霜で凍って滑るのと、メッサさぶいのを除けば風も無くなかなかよろしゅうございました。

くだんの、盗撮もとい空撮はカメラの調子も良く上手く撮れていました。
飛ばしての力量不足は否めませんがヘヘヘ。。
編集したらアップしまする・・・

夕方、妻とふたんで(二人での博多弁ス(..;)""""> ポリポリ)
近くの春日神社にお参りに行きました。
まだ紹介したこと無かったかと思いますが、
小さなお社ですが、
なかなか趣のある酔い神社です。

で、
ふたんで、
おみくじをひいたら、
c0012819_16221351.jpg
ダブル大吉。
-----
春日神社の近くのスタバで
カフェラテノミながら撮った写真。。

まだ、年末ジャンボ買っていないのでくじ運を使い果たさないようにしなければヘヘヘヘヘ
[PR]
by sylphid-mave | 2014-12-08 19:49 | 音居間Bach | Comments(0)
少々お疲れ気味の親爺です。。。
なんだか、カラダを動かすのがつらい感じ。。
身体が疲れているとは思えないんだよなぁ。。
平日は、ほとんど、デスクに座っているか運転してるか。。
身体動かしてないモンなぁ。。
夏ばてかなぁ。。
もう五十路も後半だもんなぁ。。
がたがきてんのかもしれないなぁ。。

てか、
ちょっとハートの方がくたびれてるんだなきっと。
そんな感じ。。。

で、週末に音楽でも聴いてリフレッシュっっっっと。。
疲れたときに聴きたい音楽。。。。
親爺の場合だいたい3パターンあります。
一つはLatin
べた甘のボレーロやタンゴあたりでゆるゆると心と体をもみほぐす。。
もう一つは、
がっつりヘビメタ。。魂を揺さぶるリズムとリフに身をゆだね心と体の憂さと垢を錆を振り落とす。
そしても一つはBACH。
これはもう清廉の調べで俗垢を洗い落とし、身が清められたような気になる。。
まぁ、そんな気になるだけで、五十数年の俗垢はそうそう容易に落とせるもんじゃ無いけどね。

そんでもって今回はBACHでリフレッシュすることにしました。
聴いたのは、
これ。。

以前にも紹介した
親爺が一番美しいと思うアリア。。
これです。。
c0012819_295570.jpgBWV127「まことの人にして神なる主イエス・キリスト」

キャロリン・サンプソン - Carolyn Sampson (ソプラノ)
ロビン・ブレイズ - Robin Blaze (カウンター・テナー)
ゲルト・テュルク - Gerd Turk (テノール)
ペーター・コーイ - Peter Kooij (バス)
バッハ・コレギウム・ジャパン合唱団 - Bach Collegium Japan Chorus
バッハ・コレギウム・ジャパン - Bach Collegium Japan
鈴木雅明 - Masaaki Suzuki (指揮者)



よかねぇ~~~~。。ホントに。。
[PR]
by sylphid-mave | 2014-08-24 22:41 | 音居間Bach | Comments(0)
それでは、先日ネタ振りをしていました例のG(ゲー)のアリアの事を少々・・・・・
バッハ(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ)の曲はClassicに全く興味の無い方でも耳馴染みのある曲が多いかと思います。そんな有名な曲が多い中で多分誰もが聞いたことがあるだろうと思うのが『G線上のアリア』。。


ところで、ここからが(天の邪鬼な親爺のぼやき)なんですが。
バッハが作曲した曲の中には『G線上のアリア』と言う曲はありません。
--BACHを通ぶって「バッハ作曲のG線上のアリア」なんて事を言うとボロがでますよ。。---
じゃぁ、G線上のアリアって何かと言うと。。
BACHの管弦楽組曲第3番』BWV1068の第2楽章の「アリア」をある有名なヴァイオリニスト(名前は忘れた・・・)が編曲したのが件のG線上のアリア。。なぜG線上って言うかというと、この曲はヴァイオリンのG線(4本ある線の一番太い線)だけで演奏出来るように編曲されているからなんです。。
だからこの曲はヴァイオリンのG線一本あれば演奏出来ると言うこと。。この有名なヴァイオリニスト(名前調べた「アウグスト・ウィルヘルミ」って人)の遊び心で編曲されたのかもね。。
この編曲されたG線上のアリアがあまりにも有名になってしまって、元のBACHの管弦楽組曲第3番第2楽章ariaをアレンジした曲までG線上のアリアって呼ばれてしまっているようです。。
こういういきさつの曲なんでヴァイオリンのG線による演奏のみがG線上のアリアのような気もするんですが、なんだかピアノだろうが、ギターだろうがなんでんかんでんG線上のアリアだよね。。G線上のアリアはニ長調からハ長調に移調されているそうなんだけど、世の中のGのアリアはみんなハ長調なんだろうか????

繰り返し述べますがBACH作曲のG線上のアリアという曲はありません。。
こっちが
BACHの管弦楽組曲第3番第2楽章アリアです。

美しい曲ですねぇ。。。
まぁ、どっちにしたって名曲であることには違いないのですが・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2013-07-24 16:02 | 音居間Bach | Comments(0)
おはようさんです。
今朝から、土砂降り。
明日7日も、雨の予報。。
だからこんな時期に七夕なんておかしい・・なんて、へそ曲がりな親爺のぼやきは置いといて。。。。。

まずは、過去記事参照。。
至福のアリア
去年の6月に聴きたいよ~~~っと言ってたこの曲。。
ほぼ1年ぶりにこのカンタータを聴くことができました。。
c0012819_9415387.jpg

それはもう、至福なのでございます。。。。
それにしても、どうしてこの美しいアリアは他のBACHの曲に比べてマイナーなのかなぁ・

例のゲーのアリアはとっても有名なのに。。。


そのゲーのアリアの話は又、後日。。
天の邪鬼な親爺のぼやきをお聴かせしましょうか・・・・
ではでは。。
[PR]
by sylphid-mave | 2013-07-06 09:49 | 音居間Bach | Comments(0)
例の「大物」(ショルティの指輪全18枚のことね。。)を図書館に返却してきた。。
2週間もただで貸してくれて、その上3~4日位延滞していたのに怒られなかった。もちろん延滞金も取られませんでした。。
いやぁ、、どうもありがとう。。
で、
そのついでに今度はこんなん借りてきました。。
c0012819_1538254.jpg
小澤征爾 指揮
サイトウ・キネン・オーケストラ
バッハ:マタイ受難曲 BWV244 全曲


これ借りてきたのは、
多分3度目です。

今度はXアプリにきっちり全曲ダウンロードします。。

と言っても、
全曲通しで聴くことはほとんど無いでしょう・・

多分
アリア「神よ哀れみたまえ」
コラール「私たちは涙を流し ひざまずき」
などなど、有名所しか聴かないんだよね。。
そんな聴き方するんだったら、
カラヤン・ベルリンフィルのマタイ受難曲(抜粋)があるんでそれで充分なんだけど、

ただ、持っているだけで安心するんだよな・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2012-09-04 20:42 | 音居間Bach | Comments(0)
ども、・・ヘビメタにもBACHのカンタータにも同じように鳥肌を立ててしまう、変人の『かぁ』です。。
今、どうしても聴きたくて探している曲があります。。
いつも、お世話になっている春日市民図書館のライブラリーにはありませんでした。
hardRock、Metal関係では強い味方のゲオにも多分無いでしょう。。
TSUTAYAやギガでも探してみるつもりですが、たぶん無駄足でしょうね。。
聴きたい曲は・・これ

バッハのカンタータ127番「主イエス・キリスト、真の人にして神」のアリア「天国での安らぎ」。。
全カンタータ中、最も美しいアリアと言われているこれ。。
もう、涙もののうつくしさ。
親爺の目頭もうるうるなのです。
やっぱり、買うしか無いでしょうかね。。
c0012819_16583177.jpg
欲しいのはこれなんですが。

お小遣い厳しいしなぁ  (T-T)。。
[PR]
by sylphid-mave | 2012-06-20 21:42 | 音居間Bach | Comments(0)
(今朝、娘を空港に送ってきました。紆余曲折ありましたがやっと東京に出発できたようです。
まぁ、これからも色々あるんでしょうけどね。。。。)

ひとつ思いがけないことがありました。今、親父の心は満たされています。。と、言うのは数年前からず~~っと探していて、地元の図書館にも置いていなくて、当然街のレンタルCD屋なんかに置いてあるはずもなくて、音源はYOUTUBEで聴く位しか出来なかったDinu LipattiのCantata No147をダウンロード出来たのです。
サイトはここ。Public Domain classic
著作権保護期間が切れたクラシックがダウンロード出来ます。
主よ人の望みの喜びよ リパッティのこのピアノはたまりません。。
聴いてくださいね。
ヘビーでメタルなロックもいいけど、クラシックもよかね~~。。
youtubeから・・・

[PR]
by sylphid-mave | 2011-04-17 08:48 | 音居間Bach | Comments(0)
今日はあのオルガン奏者MARIE-CLAIRE ALAINの誕生日だって。。

何も言いません。
MARIE-CLAIRE ALAINのオルガンで
BACHの
カンタータ第140番《目覚めよと我らに呼ばわる物見らの声》


聴いてください。。

今日一日たいらけく、やすらけくありますように・・

では、早朝フライトに行ってきます・・・・・
[PR]
by sylphid-mave | 2008-08-10 05:13 | 音居間Bach | Comments(0)
紙飛行機に一日興じていた昨日25日はグレン・グールドの誕生日でした。
グールドのゴールドベルク変奏曲が好きで良く聞いてるのですが、でも他の曲は聴いた記憶がありません。なのにグールドが好きなんて言うのはおこがましいかな。
彼の奇人変人ぶりが天の邪鬼な性格とシンクロしてるのかもです。
ゴールドベルク変奏曲。32回も同じような曲を聴いてると退屈しそうなのですが、これがいいんですよねぇ。(この辺がジャレットの例のあの演奏とチョット違うところ^^;)若い頃と晩年と2回録音しています。どっちがどっちだったか忘れたけど速さがちがうようです。
ヒートアップしてる時は、クールダウンに。ちょいと鬱の時は、気持ちを解放させてくれる曲だと思います。
ジャレットについてはまた後日。(^_^)/~
[PR]
by sylphid-mave | 2005-09-26 19:33 | 音居間Bach | Comments(2)