ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

カテゴリ:桂林( 23 )

ゲートを抜けると、
おおおっ、ものすごい歓迎ぶりです。
どうやら、韓流スターを待っているようです。。

c0012819_952576.jpg

ただいまぁ。
この日は(7月9日、日曜日)
日本中、うだるような暑さだったようです。
でも、桂林の蒸し暑さに比べれば、、まだまだです。。

桂林紀行おしまいです。
おつき合い、ありがとうございました。
今回、記憶に残ったこと。
あっちの人のパワー。。
広州から帰り便のフライトアテンダントのお姉ちゃんがきれいだったこと。ヘヘ
(写真はこそっと見ます。)(^_^;)(^_^;)

謝々
再見。。
[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-23 09:05 | 桂林 | Comments(0)
c0012819_17355149.jpg
広州空港の五星紅旗。

中国を離れます。。

謝々
再見。。
[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-19 17:35 | 桂林 | Comments(4)
往路は2機ともエアバスでした。
今回初めてのボーイング。
ウイングレットがまるで2段上反角のようだった。
(おっ、紙飛行機ブログらしい記述。。)
c0012819_12113951.jpg

それにしても機内のBGMでエクソシストのテーマをながすのはチョット??では。。
広州に着陸した後だったけど、離陸前とか飛行中だとシャレにならないと思いません???

[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-15 12:15 | 桂林 | Comments(0)
桂林の美術館に行きました。
素晴らしい水墨画や翡翠・瑪瑙等の工芸作品を堪能させていただきました。

写真は美術館の窓からの風景。。
まさに借景、そのまま一幅の水墨画のようです。
c0012819_19161250.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-10 19:16 | 桂林 | Comments(0)
c0012819_2240890.jpg

移動中の車窓より。
市内の高層マンション。
桂林の表の顔。
一部屋800~900万円ぐらいだそうです。。
(高いのか、安いのか)
[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-09 22:40 | 桂林 | Comments(2)
駐車場の近くの古い農業倉庫。
屋根瓦や軒裏が時々落ちてくるようでみんな離れてあるいています。
c0012819_23133568.jpg

右下を歩いている女性のアップ。
今日はごちそうのようです。。
c0012819_23141644.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-07 23:14 | 桂林 | Comments(0)
小さな橋を渡った向こうはご覧のような家々が並んでいます。
ただ、ガイドはこの先には案内してくれませんでした。
時間がなかったのか。。他に理由があったのか。。。
c0012819_22582237.jpg

c0012819_2259251.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-03 22:59 | 桂林 | Comments(0)
露店が並んでいたのはこの塀の向こうまで。

同じ佇まいなのに、ずいぶん印象が違います。。
《とっても古く寂れたように見える町並みですが、個々の家の奥を覗くとカラーテレビやら全自動洗濯機やらが見えます。
エアコンのある家も見えます。それほど不自由な生活はしていないようです。とすると、この街並み自体がひとつの商品なのか。だとすると、したたか。。》
c0012819_18243212.jpg

c0012819_1825141.jpg

c0012819_18251518.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-08-01 18:25 | 桂林 | Comments(0)
古い造り酒屋の看板
私はよくわからないのだけど、
-なかなか趣のある字だ-とみんな言っていたので写真にぱちり。
カメラの中まで染み込みそうなほど強烈なお酒の匂いは、
伝わらないでしょうね。。
c0012819_1348596.jpg

c0012819_13492441.jpg

c0012819_13494181.jpg


裏辻。三〇〇年の佇まい。。
c0012819_13502379.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-07-30 13:51 | 桂林 | Comments(4)
古都「大墟」
ここも観光地化されつつあって、土産物屋の露店が並びます。
しかし、陽朔に比べるととても静かで落ち着いています。
ただ、現地のガイドは(来るたびに観光地化が進むのでいずれ陽朔のようになるのではないか)と心配していました。

ここ大墟で、桂林に来て初めて写真らしい写真が撮れたような気がします。
飛行機の中からだったり、走るバスの車窓、揺れる船上、薄暗い洞窟、夜の野外。そんな写真ばっかりだったので。。
でも、ピンぼけなのはご愛敬で。。。へへ。
c0012819_9545185.jpg

c0012819_9551095.jpg

c0012819_9552279.jpg

[PR]
by sylphid-mave | 2006-07-28 09:55 | 桂林 | Comments(2)