ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

明日香皇女のきのへの殯宮の時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌一首并に短歌

この挽歌は、人麻呂の作品としては、高市皇子の挽歌のつぐ長大なものです。

明日香皇女の挽歌は、人麻呂の挽歌の中でもっとも充実した、豊潤な、挽歌らしい挽歌といえるかも。この挽歌で人麻呂は皇女の夫忍壁皇子に深い同情を寄せています。
実際、柿本人麻呂と明日香夫妻とは親しく交際していたようです。
人麻呂は持統の神経を逆撫でするような献歌を何度も作っています、その度に忍壁皇子の助けを借りたり、明日香皇女に持統に口利きをしてもらったりしたのではと思います。(持統は明日香皇女を朝廷内の調停役として必要としていたようですので、明日香皇女の言葉には貸す耳もあったようです。)
持統自らも認める人麻呂の才能と明日香夫妻の協力がなかったら、持統の怒りに触れ、命さえ落としかねないこと、しばしばあったのではないかと想像します。
ホント、思ったことを後先考えず歌にしてしまう人のようです。人麻呂という人は。おおらかというか、天の邪鬼というか。好きですねぇ、こういう人。
軽皇子立太子後無冠となった柿本人麻呂の久しぶりの挽歌、公的活動としては高市皇子の挽歌以来4年ぶりとなります。
人麻呂の挽歌制作は、明日香皇女の生前の希望もあったようです。人麻呂としても親交の厚かった皇女の挽歌で思い入れも深かったろうと思います。
ただ、挽歌制作を柿本人麻呂に命じた(承認した)持統の真意は別のところにあったようです。

701年6月、持統上皇は吉野に行幸します。そして、上皇にとって久しぶりのそして最後の吉野行きにも人麻呂は随行します。



高市政権打倒のクーデター以来最大の政治的懸念は、高市皇子と密接な関係にあった東国対策だった。持統上皇は東国に影響力を持つ柿本人麻呂を東国巡撫に利用しようとしたのです。明日香皇女の挽歌制作や、吉野行幸の随行は其の布石だったようです。

前置きが長くなりましたが

明日香皇女のきのへの殯宮の時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌一首并に短歌
196 飛ぶ鳥の 明日香の河の 上つ瀬に 石(いは)橋渡し 下つ瀬に 打橋(うちはし)渡す 石(いわ)橋に 生ひ靡(なび)ける 玉藻もぞ 絶ゆれば生ふる 打橋に 生ひをれる 川藻もぞ 枯るれば生ゆる 何しかも わが王(おほきみ)の 立たせば 玉藻のもころ 臥(こや)せば 川藻のごとく 靡かひし 宜しき君の 朝宮を 忘れたまふや 夕宮を 背(そむ)きたまふや うつそみと 念(おも)ひし時 春べは 花折りかざし 秋立てば 黄葉(もみちは)かざし しきたへの 袖たづさはり 鏡なす 見れども飽かず 三五(もち)月の いやめづらしみ 念(おも)ほしし 君と時時 幸(いでま)して 遊びたまひし 御食(みけ)向ふ きのえの宮を 常宮と 定めたまひて あぢさはふ 目言(めごと)も絶えぬ しかれかも あやにかなしみ ぬえ鳥の 片恋嬬(つま) 朝鳥の 往来(かよ)はす君が 夏草の 念ひ萎(しな)えて 夕星(づつ)の か往きかく去(い)き 大船の たゆたふ見れば なぐさむる 情(こころ)もあらず そこゆゑに せむすべ知れや 音のみも 名もみも絶えず 天地(あめつち)の いや遠長く 偲び行かむ み名に懸かる(かか)せる 明日香河 万世(よろづよ)までに はしきやし わが王(おおきみ)の 形見かここを
短歌二首
197 明日香川しがらみ渡し塞(せ)かませば流るる水ものどかにあらまし
198 明日香川明日だに見むと念(おも)へやもわが王のみ名忘れせぬ

〈鳥が飛ぶ明日香の川の、上流の瀬に懸かる石橋や、下流の瀬の打ち橋に、生えて流れになびく川藻は、絶えても枯れてもまた生えるのに、なぜ皇女はお亡くなりになったままで、あれほどお慕いなさっていた立派な夫君の、朝夕の御殿をお忘れなさるのか。
 生前、春は花折りかざし、秋になれば黄葉をかざし、手をたずさえて、鏡のように見れど飽かず、満月のようにいよいよ愛しく思っていた夫の君と、時々出遊なさった、城上(きのえ)に、御食(みけ)の列が向かう神宮(かむみや)をお建てになり、そこを永久の墓所とお定めになて、お鎮まりなさったので、じかに見てお話しなさることもなくなってしまった。
そういうことだから、深い悲しみに沈んで、ぬえ鳥のように、夜は妻を恋い慕い、朝は、朝鳥のように、朝ごとに殯宮に通われる夫君が、夏草のように打ち萎れ、夕の金星が往き来するように、行きつもどりつ、大船がすすみかねてたゆたうようなありさまを見ると、お慰めしようにもどうすることもできない。
 そんなわけで、なんのなすべき手段がほかに知られようか。せめて噂だけでも、み名だけでも、絶えることなく、天地の悠久にわたりお偲びしていこう。み名となおじ明日香川を、永久に、敬愛する皇女の形見として。ここを。
[PR]
by sylphid-mave | 2005-10-29 19:02 | 柿本人麻呂 | Comments(1)
Commented by sylphid-mave at 2005-10-30 09:30
人麻呂の記事をあげる度に、何故かアダルト系のTBがついてくるのです。いったい何に反応しているのでしょうか。他の記事ではあまりないのに。。。。。by kar。