人麻呂と黒牛潟

タイトルだけだと、久しぶりに人麻呂ネタかなとも思えるでしょうが、、
相も変わらずの酒ネタです。
ちょいと前、いつもの酒屋のHPで気になるお酒が目に入った。
「黒牛」・・・
くろうし・・連想したのは「黒牛潟」、そう言えば吉田類さんも酒場放浪記でそんなお酒を飲んでいたような・・・
なんか気になる。。で、速攻いつものお酒「岩の蔵・純米」と共にゲットし
てきました。

c0012819_09460433.jpg
やっぱり、万葉集に詠われた紀州黒牛潟にちなんだお酒でした。
味わいはすっきりフルーティー。日頃呑んでいる九州のお酒の口直しにもとっても良い感じ。
ぐいぐいいっちゃいました。
久しぶりに、人麻呂の世界に思いを馳せて・・・

万葉集9巻1798
古家丹 妹等吾見 黒玉之 久漏牛方乎 見佐府下
いにしへに いもとわがみし ぬばたまの くろうしがたを みればさぶしも

「昔に、人麻呂と黒牛潟を見ていた妹とは誰だったのか。隠りたる妻土形娘子だったのかはたまた禁断の恋持統天皇だったのか。」酒は答えてくれるかな。。。


[PR]
by sylphid-mave | 2017-03-25 21:42 | 飲んだり喰ったり | Comments(0)