ブログトップ

sylphid

sylphid.exblog.jp

Mañana será otro día

《南京豆売り》「ラテン音楽名曲名演名唱 ベスト100」

「ラテン音楽 名曲 名演 名唱 ベスト100」
第2章 
ラテン&カリブ音楽の歴史を変えた記念碑的10曲(キューバ)
③-El manicero-
1930年代、世界中にルンバ・ブームを起こしたキューバ生まれの名曲。。。
だそうです。。。さすがに親爺もそんな昔のことは知りません。。

歌詞が ♪mani~ mani~っと歌い出します。。
子供の頃はそれが♪まめ~、まめ~っと聞こえて、あっ、だから「南京豆売り」って曲なんだと納得していた。。スペイン語だったのにね。。
でも、確か美空ひばりも♪豆~豆~~って歌っていたような気もする。。


ドン・アスピアス楽団 アントニオ・マチンの歌で


歌詞です。マニ~っていってるでしょ。。
Maní
Maní

Si te quieres por el pico divertir
cómete un cucuruchito de maní

Qué calentito y rico está
Ya no se puede pedir más
Ay caserita, no me dejes ir
Porque después te vas a arrepentir
Y va a ser muy tarde ya

Manisero se va
Manisero se va

Caserita no te acuestes a dormir
Sin comerte un cucurucho de maní

Cuando la calle sola está
casera de mi corazón
El manisero entona su pregón
Y si la niña escucha su cantar
Llama desde su balcón

Dame de tu maní
Dame de tu maní

Que esta noche no voy a poder dormir
Sin comerme un cucurucho de maní

Me voy
Me voy

と言うことで、
豆~~の美空ひばりの「南京豆売り」

[PR]
by sylphid-mave | 2010-02-06 08:46 | 音居間Latin | Comments(0)